ミッドライフクライシスとヤングライフクライシス

  

ミッドライフクライシス(中年の危機)という言葉が有りまして^^;

中高年 30代後半から40代前半に現れる症状らしく

自分の人生こんなもんなのか~~~???

的に、人生の目的や意義と、今の自分の在り方に対する葛藤のような感覚で現れるこの症状。

これ、フト周りを見渡すと、そんな危機と言うか、転換期を迎えている方々、山ほどいまして^^;

私の周りは、離婚する方が多かったり、再婚して新たな人生を歩まれたり、仕事を辞めたり、新しい事を始めたり。

なんとなく、危機という言葉以外にも、転機というか、あらたな感覚、本質的な感覚で自分を生きだす

そんなタイミングなのかもしれません。

ヤングライフクライシス?

ヤングライフクライシスという言葉が、社会的に、認識されているかは???ですが^^;

結構、若い方、20代後半から、30代前半の方ともお話させていただく機会が多いのですが

結構、この世代の方々、既に、クライシスというか、転機と言うか^^;

そう、マジョリティ的なというか、世間や、世の中の流れ、動きとは違う

独自の道というか、自分の人生を歩み出している方々。

そう、ミッドライフクライシスを超えたような、中年の方々と似た感覚と言うか

自分の感性や、感覚を大切に生活を初めてる方々も多く。

これ、なんとなくですが、ある見方として、ゆとり世代という言葉や、草食系男子、肉食系女子のような言葉で、新たなカテゴライズというか、新たな分類でくくられている感じもありますが

案外こういった方々が、今後の主流と言うか、本質的な在り方なのではと感じている自分がいまして^^;

そんなヤングライフクライシスな感覚をちょっと、紐解いてみたいと思います。

そもそものクライシス感

ミッドライフクライシスにしろ、ヤングライフクライシスにしろ

このクライシス感が何を表しているかというと

これは、自我の崩壊というか

それまでこれが世界だと思っていた世界、自分だと思っていた自分の崩壊なんだと思うんですよね。

そうこれは、ある種、自然な法則でもあって。

無理をしている状態、自分じゃない感覚を続けていると、だんだん麻痺してくるのですが、最後にはそれに気づかされる、これも自我的と言うか、世間一般的に危機と言われる現象

病気であったり、家族の崩壊であったり、会社の倒産、etc、etc

臨界点がきて崩壊していくみたいな。

最近だとタイムリーと言うか

レスリングのあの方とか、ボクシングのあの方とか、アメフトのあの方とかetc、etc

これもある種、体制のクライシスというか

無理のある体制、状態の崩壊の一例であって。

ただ、あの、スポーツ界における、気合いと根性論というか

なんとなく、規則とか、ルールとかの世界に縛られる感覚。

それって、会社とか社会とか、学校とか、家庭とかでも、感じれるエネルギーであって。

若者の危機、ヤングライフクライシス

そう、これは、今の感覚だから感じる部分でもあるのですが

時代や、社会も、だんだん変化してきていて

その流れを感じていたり、会社本来の自由さであったり、楽しさであったり、目的であったりという世界観を感じていると

若い方々が、古いというか、伝統的な会社文化や、社会的風潮に、一生懸命馴染もうとしている姿や

それに従おう、従わなければ!ってエネルギーや雰囲気を感じると

なんか、もったいないというか、もっと自由で良いのになと感じる自分がいますね。

クライシスの要因

そう、クライシスの要因としては

結構、人って、本来素直と言うか、感性が鋭くて

自分にとって、何が心地よくて、何が不快、安定しない、落ち着かない感覚って、本来、ちゃんと感じれるんですよね

先にあげた、スポーツ界の出来事なんかも、外から見ると、客観視すると、なんかおかしいよねって普通に感じれる事でもあって^^;

ただ、これが、集団に居ると、埋没していると、案外分からなくなってしまう事が有って^^;

そう、ヤング、ミドル、オールド関係なく、何がクライシスかというと

自分を見失う事がクライシスであって

あのボクシングの方とか、アメフトの方、彼らの感覚からすると、確かにクライシス的ではありますよね^^;

そう、コツコツと積み上げてきたと思った感覚が崩壊していくわけですから。

ただ、別の見方とをすると、不自然と言うか、自然でないことを積み上げて来た自分が崩壊する瞬間

本当の自分に帰っていく、思い出す、救いの瞬間でもありますよね?

そう、なので、ヤングな方々(言い方がオヤジくさいですが^^;)

自分を見失わないで欲しいなって、自分を誇る、信頼して欲しいなって感じます。

そう、何がクライシスかというと、自分らしさを失う、自分らしさを見失う以上にクライシスはないので^^;

案外、既に、クライシスは、絶賛進行中なのかもしれません

それは、学校での経験や、家庭での経験から。

これは、繰り返し述べている事でもありますが

自分らしく、自分に合った事をすることが、結局仕事でも、人生でも、自然と自分に合ったベストな結果をもたらします。

ちょっとずつ、ちょっとずつでも良いので

自分らしさって何なのか? 自分は何者なのか?

そんな事を感じて行く、築いていく事が、クライシスを和らげるというか

どの世代にも大切な事なのではと感じます。

人気の記事

  1. 話のかみ合わない上司、部下とのコミュニケーションの取り方... 3,611ビュー
  2. 遅刻と残業の面白い相関性とその対策... 2,012ビュー
  3. 報告や相談が苦手な人の為の、ホウレンソウのコツ... 1,541ビュー
  4. 会社や上司の方針に疑問を感じた場合の対処法... 1,215ビュー
  5. 質問上手になるという事。質問力の磨き方。... 1,129ビュー
  6. コントロールや管理が厳しい上司、先輩との付き合い方... 1,128ビュー
  7. 職場の人間関係を改善する一番大切な考え方... 847ビュー
  8. 伸びる人材と、伸びない人材。これからの社会人の学び方について、考えてみ... 589ビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です