職場の人間関係を改善する一番大切な考え方

  
人間関係の改善

たった一人で生きてきたんだ!!この島で

うわーっと泣き叫びながら、久しぶりに出会った相手に抱きつく主人公。

漫画は、社長になっても。そしてこれからも読み続ける確信があるくらい
良く読んでまして^^

冒頭は、ゴルゴ13でおなじみの、さいとうたかおさんの 「サバイバル」という漫画のシーンです。

タイトルの通り、サバイバル系の漫画で

自然災害で、孤島で一人で生き抜いてきた主人公、久しぶりの人間との対面シーン。

読んでるこちら側も よかったな~って感じて、感動する場面です><

何故、感動するかと言うと、感情移入してしまうんですね、孤独と闘う主人公に。

そんな、主人公が、別の人間と出会うシーン。
そして、そこから、二人の生活が始まるのですが、一人で無い事の心強さと
誰かのために生きるという、心強さと生きる希望を得た、エネルギー。

大部分の人が、家族に囲まれて凄し、学校でも、人に囲まれ、社会に出ても、人とかかわる。

ある意味、人間関係は、当たり前に存在していると感じがちですが、一方で、、東日本大震災の様な、災害などを通じて、そんな当たり前と思っていたことが、永遠でない事、続かない可能性が有る事を感じて、人の大切さを再認識した人も、多かったと思います。

一人で生きているのか?

漫画の話が続きますが、主人公は、全てが自給自足、工夫して、獲物を捕らえて、自分で家を建てて生活しています。

人と会わない上に、全て、自分で調達して、自然と折り合いを付けながら、生活していて。

私たちの現代社会も孤独と言いますが、それは、それで、パソコンやインターネット、携帯電話などの通信網が発展して、24時間コンビニが空いていて食糧が手に入って。誰かが作ってくれた、洋服や、電化製品、様々なツールを使って生活し。誰かの協力のもと、エネルギーや、ライフラインの恩恵に授かっている。

案外、一人で生きていないんですよね

色々な人に協力してもらっている。

それは、すこし、不便な環境に身を置くと、実感できる。

独立したり、転勤で小さな事務所で働いてみたりと、小さな組織や、個人で働いてみると解ります。

普通に、大組織に属していた時、どれだけの人のお世話になっていたのかという事を。

始めての一人暮らしで感じる、親の在り難さと似ています。

今まで、どれだけ、父親、母親に支えられていたのだろうかと?

仕事だから当たり前

仕事なんだから当然だろう!

それぐらいできて当たり前

俺ならもっと早くできる

なんて言葉が職場では飛び交う事があります。

ある意味、やってくれて当然と捉えてしまいがち。

スポーツの世界でも良くありますよね

一人の才能ある選手が、周りにあたっているシーン。

けど、そうなんですよね、例えば、サッカーで 

自分1人対、相手11人で有れば、どちらが有利か一目瞭然。

1人では、とてもではないですが、ゲームにならない。

そんな状況になれば、気付くのですが、周りに人が居てくれるとそれに、気が付かない。当たり前になってしまう。

そして

お前のパスが悪いんだ!

お前のシュートが下手くそなんだ!

プロだから、もっと上手くパスできて当然だ!

嫌、お前がもっと、受け取りやすい位置に降りてこないのが問題だ!

と言い争いが起こる。

忘れてしまうんですよね、シュートを打ってくれたから、得点のチャンスが生まれたという事を。パスを出してくれたから、シュートが打てたという事を。

自分の発しているエネルギーに気が付く

人は、自分の鏡だという話を聞いた事が有ると思います。

前述の例も、ある意味、この鏡の良い例で、自分一人で仕事をしていると、感じていると、相手も、相手の価値基準、相手の優秀さ、責任の範囲で仕事をしている事に、気が付きます。

要は、自分が、自分本位の仕事をしていると思っていると、相手も、そのような人だって見えてくる。

結局は、自分の姿を、相手に見てるんですね。

だから、相手に見たいもの、お願いしたいもの、こうあって欲しいという姿を見たい時は、まずは、自分が、そのような人間になる、自分が居心地の良い、エネルギーを発信する必要がある。

人間関係を改善する心構え

結局は、原点に立ち返る。これが大切なこと。

そもそも、仕事ができるのは、会社があるからで、お客さんが居てくれるからであって、仲間が居てくれるからであって

これが原点。

依頼してくれる人がいて応える人が居る

差し出す人が居て、受け取る人が居る。

このバランスが、調和を生み出し、仕事を生み出す。

このことは、凄い、感謝できること、有難い事。

ここに立ち返れると、全ての事に、感謝できる。

鏡の法則では無いですが、そうしていると、相手も、周りも、自分に感謝を示してくれるようになる。

相手が居ないと、仕事でなく、作業になる。

冒頭のサバイバルって漫画も、一人で行っていた時は、作業でしたが

その作業を、喜んでくれる相手が出来ただけで、エネルギー交換が生まれて、それが仕事となっていく。

感情の神話と、職場での出世の面白いバランス

お金の達人は知っている、シンプルなお金の仕組み その③

ここでも述べましたが、仕事も、人生も、お金を循環させるのも、結局はエネルギー交換。

自分のエネルギーキャパを拡げて、素敵なエネルギー交換を行っていく。

それが、人間関係のコツだと思います。

是非、素敵な、エネルギーを交換しながら、楽しく仕事に臨みましょう。

質問募集中

仕事の悩みや、相談、アドバイス等々

何でも聞いていただいて大丈夫なので、ご質問下さい^^

使い方や、質問投稿ページは

画像をクリック。

人気の記事

  1. 話のかみ合わない上司、部下とのコミュニケーションの取り方... 4,240ビュー
  2. 遅刻と残業の面白い相関性とその対策... 3,034ビュー
  3. 報告や相談が苦手な人の為の、ホウレンソウのコツ... 2,482ビュー
  4. 質問上手になるという事。質問力の磨き方。... 1,632ビュー
  5. 会社や上司の方針に疑問を感じた場合の対処法... 1,502ビュー
  6. コントロールや管理が厳しい上司、先輩との付き合い方... 1,381ビュー
  7. 職場の人間関係を改善する一番大切な考え方... 951ビュー
  8. 質問ができない心理。質問下手、質問が苦手な人に知っておいて欲しい事... 943ビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です