遅刻と残業の面白い相関性とその対策

  
遅刻

また遅刻か?

そうなんですよね、「また」なんですよね。

会社で遅刻する人って決まっていませんか?

会社だけじゃないですよね、私生活とかでもそうですよね

あと、遅刻する方々って、遅刻だけでなくて、時間的な感覚全般に特徴があって。

そんな遅刻をする人の特徴を振り返りつつ

遅刻や残業について、あらためて考えてみました。

遅刻をする人

これは、管理職、社長になってからの目線と、平社員の目線を思い出しての事ですが、遅刻をする人の特徴は、大きく分けて、二つのパターンに別れていたなと感じます。

① 仕事がつまらなくて、辛くて、向いてないと感じていて、上司との関係が悪くて、しんどそうな人。

② 細かい管理とか気配りよりも、大雑把で、概略をつかんで、ノリとひらめきで仕事をするタイプの人。

①の方は、大変ですよね。もう体がついて来ていない。そして、色々、悩みを抱えているのに、上司にも相談できなかったりする。

そうなると、もう、行動というか、結果と、状況でPRするしかないんですね。

こういった方に、気合、根性、精神論とか、方法論で話をするのはナンセンスなので、周りの方、気が付いたら、しっかり、ケアしてあげましょう。

今回は、どちらかというと、②の方に、フォーカスして話をしてゆきます。

イチロータイプと長嶋さんタイプ

若い方、わかりづらいかもしれませんが、イチローと長嶋さんのタイプの違い。

スティーヴジョヴズなんかも、そっち系かもしれません。

イチロータイプの方は、細かいんですね。

計画立てたり、データ整理をするのが得意。

ルーチン化するのが得意なんですね。

だから、会社にもきっちり来る。来れる。

苦なく、予定通り、時間に来れる、それが普通、当たり前の感覚なんですね。

で、一方、長嶋さんっていうか、大雑把な感じの人。②のタイプの人ですね。

この方々は、その場の感性とか、ノリとか、思いつきとか

アイデアを出したり、アドリブで何とかするのが得意。

そして、今までそれで、人生、何とかしてきたタイプ。

即興で何とかできてしまうため、あまり、計画とか、事前にしっかり、準備したりするのが、得意でない。

そんな毎日なので、毎朝もそんな感じなんですよね。

ある意味性分なんだと思います。

このタイプの違いについては、こちらで詳細記事にしてますので
ご興味あるかたは、こちらもご参考に。

複雑に見える人間関係をタイプ分けして客観視する方法 その②

遅刻の観念、思い込み

あと、遅刻と言う事を語る上で、一つ、注意しておきたい部分として。

正直な話、世の中的にも、社会的にも、遅刻=悪 悪い事、してはいけない事って

強烈な、観念、思い込みが蔓延しているってのも、事実だなと。

確かに、集団生活が有って、規則正しく、効率よく、何かを進めるためには、時間の管理が必要な部分ではありますが。

冷静に考えると、遅刻=悪ではないですよね?(これは、悪の定義にもよりますが)

まあ、遅刻=良い事でも無いですが^^;

遅刻=時間に遅れた

ある意味、それだけなのです。

で、遅れた責任を自分が負えば良いだけでもあるのですよね。

けれど、遅刻=悪 の空気感がある

みんな遅刻してはいけない、遅刻を取り締まらねば、遅刻をさせてはいけないって、変な?緊張感が、漂ってるので、みんな遅刻に敏感になるし、遅刻しないように頑張っていたり、過去に、遅刻して怒られた経験がある人は、そんな恐れや怒りから、過剰に反応してしまうケースもあるのだと思います。

なので、遅刻を語る前提論としては、遅刻は悪い事として、一方的に話をするのではなくて。

何故遅刻をすると問題なのか? 遅刻をすると、お互い何が問題になるのか?

そんな根本的な部分を、しっかり考慮する、認識すると、「遅刻」という事に、向き合いやすくなると思います。

遅刻と残業の相関性

ちなみに②のタイプの方

この方々、大体、もれなく、残業も得意だったりします^^;

良い悪いではないですが、冒頭お伝えした通り、本当、時間に関する感覚が、ちょっとずれている、苦手なんですね^^;

残業が得意と言うか、自然と、残業する流れになっていく。

レポートとか、報告書とか、細かい事を、だらだらやっていく感じもありますし
何かに集中して、時間を忘れるという事もあって。

で、②の方が、上司だったりすると、提出物とか、管理ごととか、計画的に、指示が出来ず、突発的に、依頼をして、部下たちも突然の残業を強いられたり、上司が仕事してるので、帰り辛くて、良くわからない、残業チームが出来上がっていたり^^;

そんな遅刻癖の有る方々への対策

大きな部分としては、時間の感覚をピンポイント、小さな幅の線で捉えるのでなくて、太い線というか、幅を見て、捉えて行くことですね。

9時という線を引いてしまうと、それを軸に、行動が決まって行って、結果、その線を超えると遅刻になってしまう。

幅で見るというか、太い線で見て、それを、自分や相手の癖や、習慣に合わせていく。

例えば9時出社なら、8時30分から8時50分の間出社するみたいな、緩い、太い、時間のラインにシフトさせていく。

実体験含めた具体例を見て行くと

自分に遅刻癖が有る場合。

実際、私も、若い時は、遅刻が多かったです。(遅延証明という、免罪符を使っての遅刻でしたが^^;)

勘違いしてたんですね。

少しでも、早く、会社に行くのは、もったいない。

ギリギリまで寝ていて、ギリギリに会社に着くのが、ある意味美学だと

これは、学生時代の癖でした

授業の開始、ギリギリに教室に飛び込む。

それまで、ギリギリまで、遊んでいたり、寝ていたり

これも、学生時代に身に着けた、身に着いた観念だったんでしょうね。

それで、ある時、15分くらい早く出社したんですね。

すると、結構、冷やかされるんですよね、珍しいな!雪でも降るんじゃないかとか^^;

それもなんか、癪なので、今度は、30分くらい早く出社するようにしました。

すると、なんとなくですが、世界が違うというか。

その時間に出てきてる人は、朝の早そうな、年配の社員の方か、それ以外は、結構、仕事の出来る、部長やら、管理職やら。

で、結局、1時間早く出社するようにしたんです。

すると、そこには、思わぬ効果がありまして^^
(おまけですが、そんな一時間出社のメリットも載せておきます。
読み飛ばして大丈夫です^^;)

(補足)1時間前出社のススメ

メリット1 電車が空いている

場所と、距離や、時間にもよりますが、電車が空いていて、乗っても疲れない。

私は、早いと、座る事が出来て、本を読んだり、英語の勉強をしたり、2度寝的に、睡眠を取ったり。

案外、ギリギリ行くより、身体が疲れない事に気が付きました。

メリット2 仕事が出来る系の人が、集まっている

1時間早く来る人は、後述含めて、その恩恵を知ってる人達が多いです。

なので、そういった人たちが、どういった人たちかわかりますし、その人たちとの、面識が出来ます。

メリット3 会社の評判が変わる

これ、面白いもので、早く行くだけで、会社の評判が変わります。

「あいつは、1時間前に、会社に来てる偉いやつなんだ」 みたいな感じです。

本人、何も変わっていないのに、周りが、そう見てくれる、伝えてくれる。しかも、前述の仕事出来る系の人から、そういわれると、更に、効果的に、噂が広まる感じです。

メリット4 仕事が、無茶苦茶捗る

持続しない集中力の原因と対策。夢中力を鍛える!

ここでも語りましたが、静かで電話が鳴らないですし、誰にも邪魔されないので、仕事が凄くはかどります。

特に、苦手な、細かい仕事に集中できるので、仕事の効率が劇的に良くなります。

メリット5 早く帰る免罪符が出来る

まあ、気にせず、どんどん、早く帰れば良いのですが、そこは、村社会的、カルチャーが有ったりするのも会社なもので…

但し、メリット4で述べたように、朝の一時間で、仕事効率は、格段に良くなります。

なので、実質、本当、残業が必要ないくらい、仕事に余裕ができるのです。

なので、実際、早く帰っても問題ないですし、早く帰っても、上司が逆に守ってくれたりします。

「あいつは、早く来てるから良いんだ」

「やることやってるから大丈夫なんだ」

みたいな感じです。

メリット6 ストレスが減る

ギリギリに出社するときに感じていた、余計なストレスが減ります。

廻りの評価や、評判が変わって、ストレスが減ります。

協力してくれる人や、サポートしてくれる人が増えて、ストレスが減ります。

ストレスが減ると、アイデアが湧きやすくなったり、得意分野の仕事をする、余裕も増えてきて、更に、仕事に活力がみなぎります。

この、一時間前出社。

本当にシンプルかつパワフルなんで、私が、社会人一年目に戻ったら、必ず、実践します。

遅刻のデメリットと、遅刻しない時のメリットを感じてみる

おおざっぱな人って、メリットとか、デメリットにも、ある種、無頓着と言うか
あんまり、そういった細かい事?にやっぱり頭が回らないんですね^^;

ただ、感覚は鋭いので、そんなメリット、デメリットについて感じて、認識できると、どっちが自分に取って良いのか、得なのかってのも、鋭く、感じる事が出来て。

私も、一時間前出社が習慣化出来て、遅刻癖から脱却できたのは

ギリギリ出社するメリット < 一時間早く出社するメリット

これが、明らかに明確だったんですね^^

こんな感じで、一度、遅刻のメリット/デメリット 
時間に余裕を持つ事のメリット/デメリットをしっかり感じてみる。

そして自分の癖や正確に合わせて、時間の軸をずらしていく。

そこに、メリットがあれば、それは、習慣化していく。

こんな感じで、現状や、別の状況としっかり向き合って見る。

別の方法にメリットを見出していく方法。お勧めです。

上司、部下に遅刻癖が有る場合。

部下の場合

遅刻は、先に述べましたが、悪い事ではないので、温かい、長い目で見てあげましょう。

そう、悪いと決めつけてしまうと、話し合い、コミュニケーションが難しくなるので、まずは、罰する前提で無く、許している前提で話をするのが、大切です。

そして、①のケースもあるので、しっかりケア。

あとは、前述のメリットを伝えたり、デメリットについて伝えたり。
自分が早く出て手本を示す。

更には、部下に遅刻されても、問題としない、システムづくりや、仕事の振り方ですかね。

これも太い線と、細い線の感覚で。自分が細い線で時間管理を行っているから、時間管理が苦手な部下にそれを強要して行えるかと言うと….

やっぱり、時間管理が苦手な部下は、存在するんですね^^;

なので、最初の内は、太い納期とか、太い時間的取り決めで様子を見て行って。

まあ、お互い、大人なので、話し合えば、解りますし、②のタイプはの強みとして、アイデアや、企画力は、優れている事が多いので、そのタイプの部下の、弱点を補ってあげる事も、上司の腕の見せ所でしょう。

上司の場合

上司の場合も一緒ですね。 弱点を補ってあげる。

ジョヴズも、アイデアマン系ですが、時間の概念が苦手でしたよね!

やると言ったら、必ずやるんだ!

って、細かく計画立てられないんですよね、そのタイプ。

同じように、時間管理が苦手な部下であれば、きっと、上司の時間のいい加減な感覚は
そんなに気にならないと思います^^;

気になるという事は、ある種、自分が時間管理が得意なのか、時間管理対する、恐れや、絶対的な観念を、自分が持っているという事でもあって^^;

なので、どうしても時間管理が必要で、自分が得意な場合は、上司をサポートしてあげる感覚も大切ですね^^

待ち合わせ時間や、締め切りを、逆にサバを読んで、伝えるという、テクニックなんかもありかもしれません^^;

あとは、こちらも、最後に大切なのは、やっぱり話し合いです。

何となく自慢げな上司、先輩との付き合い方

話のかみ合わない上司、部下とのコミュニケーションの取り方

このあたりも、ご参考に。

時間という世界にも、沢山の観念、思い込み、勘違いが眠っています。

時間に支配されるでなく、自分が時間を支配する、コントロールする感じで、楽しんで仕事をしましょう!

質問募集中

仕事の悩みや、相談、アドバイス等々

何でも聞いていただいて大丈夫なので、ご質問下さい^^

使い方や、質問投稿ページは

画像をクリック。

人気の記事

  1. 話のかみ合わない上司、部下とのコミュニケーションの取り方... 4,027ビュー
  2. 遅刻と残業の面白い相関性とその対策... 2,496ビュー
  3. 報告や相談が苦手な人の為の、ホウレンソウのコツ... 2,086ビュー
  4. 質問上手になるという事。質問力の磨き方。... 1,420ビュー
  5. 会社や上司の方針に疑問を感じた場合の対処法... 1,396ビュー
  6. コントロールや管理が厳しい上司、先輩との付き合い方... 1,267ビュー
  7. 職場の人間関係を改善する一番大切な考え方... 903ビュー
  8. 伸びる人材と、伸びない人材。これからの社会人の学び方について、考えてみ... 658ビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です