上司や先輩、etc 嫌な人間関係を改善する、コミュニケーションの方法。

  

本当、この人、解ってくれないな~

頭が固いな~

何でそんなに頑固なんだろ?

何でそんなに一方的な意見ばっかり言ってくるんだろ?

こっちの気持ちも考えて欲しいな~

って感じた、上司や、先輩、同僚、後輩、etc、etc

今、何人かの方々を思い出してみました。

するとですね、不思議不思議、当時感じていた感覚とは違っていて、何故か、全ての人を赦せるな~

ああ、そういった気持だったんだな~、頑張ってたんだね~って思える自分が居りまして。

怒りとか、嫌な気持ちが全く湧いてこない!(笑)

自分でも、ちょいと、不思議な感覚なので。

そんな要因、その理由を考察しながら、嫌な上司とか、嫌な先輩といった方々との

折り合いの付け方、コミュニケーションの取り方について、語って行きたいと思います。

要因/考察① 適度な距離感。

あたりまえと言われるかもしれませんが、結構大事なポイントとして。

先ほど、思い出した方々と、今の自分は、適度な距離があるので、客観的に、関係性を見つめる事が出来ます。

そう、一回、相手との関係性の輪から離れて、お互いを俯瞰してみるんですね。

なんで、そんなにいがみ合うのか。相手が(自分が)自分を(相手を)嫌がるのか?

なにが、癪に障るのか?

それを、一度俯瞰して考えられる、距離感を取ってみるのは、有効な事です。

又、一人で向き合っても良いですが、信頼できる第三者、状況を客観視できる第三者に相談して、意見を求めるのも良い方法だと思います。

何か、肩が痛いな~って時に、お医者さんに相談する感じですね^^

自分で判断しないで、誰か信頼できる人の意見を聞いて見る。

そんな距離を置いて、状況を見れる環境や、相談できる人を見つけるのは、有効ですね^^

要因/考察② 自分と相手を知る。

これも、①と関連するというか。関係性に埋没している時、問題と思う事に直面しているとなかなか、冷静に、状況を見つめられないので、まず、落ち着くという事を前提に考えながら。

それは、そう、海で溺れている時は、溺れるから早く助けてくれ~って思いになって当然ですよね。

けど、一度落ち着いてみる、溺れた海から出た後に、なんで、海で溺れたのか?

しっかり考えてみましょう。

大体の場面では、海の性質をしらないか、自分の実力や能力を知らないケースがあって。

これは、更に言うと、相手が、自分を知らない= 自分が相手に、何者か伝えていない

伝える術をしらないという事にもつながって。

案外、海は、大きな波を起こすエネルギーがあるから、何か、大きな事を成し得ていることもあって。

そんな大きな波を乗りこなす、サーファーが仮に自分で在ったとき。

「こんな波を乗りこなしてる俺すげー!」ってやってると、波は怒ったりすることも有りますが^^;

そうですね、波があるから、サーファーも活躍できる。

波に感謝する事も大切で。

波に叫んでみるのも大切ですね。

「初心者なんで手加減してください!」的な^^

それで、手加減してくれる波も居るし

「これくらい乗りこなせなくてどうするんだ~」って言ってくるケースもありますね。

どうしても乗りこなせない時。

その時は、あなたは、サーフィンに向いてないだけかもしれません。

そんな波に揉まれながら、相手や、自分や、社会とのかかわりを学んでいくと。

だんだん、自分が見えてきますよね。

要因/考察③ 自分の在り方を決める。

で、③ですね。自分の在り方を決める。

これは、先のサーフィンの例えを、引き続き引用していくと。

結構、やれることは有るんですね。

このやれることをやるのか、やらないのか?

これも、一つの在り方の選択ではありますが。

これは、掘り下げて行くと、コミュニケーションを取るのか?取らないのか?

という、事にもつながっていきまして。

この「コミュニケーションをとる」という事。

「コミュニケーション」とは何か?というのが、大事なポイントであって。

結構、大部分の人は「コミュニケーション」を誤解しています。

コミュニケーション(communication)の語源はラテン語のコムニカチオ(communicatio)から来ているそうで、その意味は、「分かちあうこと、共有すること」です。

それで、何を分かち合うのか、共有するのかと言うと

「自分が、何者であるか?」という事を分かち合うのです。

「お前はこうであれ、こうあるべきだ!」と一方的に伝えるのは、コミュニケーションではなく、それは、コントロールです。

これは、上司、部下、関係ないですよね。

部下も、上司に「こうあって欲しい、こうあるべきだ!」と思っている時。

部下の方々も、相手を、コントロールしようとしているのですね。

相手をコントロールしようとすると、対立が起こりやすいです。

それが、相手を嫌な奴と感じたり、関係性が上手く発展しない原因です。

在り方の選択として

コントロールする/される 関係性、在り方を選ぶのか

コミュニケーションを取るのか。

これを、選ぶことが必要で。

前者を選択する限り、その関係性のパターンから、抜けきる事はできません。

嫌な人とのコミュニケーションをとるうえでのポイント。

冒頭の、過去に、嫌だな~って感じた方々に、不思議とそんな思いが湧いてこない理由は

コミュニケーションを取る自信があるからですね。

それは、今度は、③→②→①の感覚となるのですが

コミュニケーションを取る在り方、自分を選択する自信があるんですね。

それは、何故かと言うと、自分と相手が何者か知っているからで。

しっているから、適切な距離感、関係性を築ける自信が有る。

これ、もう少し、具体的に、説明しますね。

自分と相手は、何者なのか?

自分と相手は、何者なのか?

これ、コミュニケーションの語源が、本当に、上手く説明してくれてますが、結局は

「分かちあう、共有しあう」仲間なんですね。

波があるから、サーフィンが出来て、お互い、分かち合える、楽しみや喜びを共有し合える。

上司が居て、部下が居て、会社や、組織が成り立って、分かち合える、楽しみや喜びを共有し合える。

楽しみや喜びを分かち合えていない時、それは、お互いをコントロールしようとしている時で。

コントロールは、コミュニケーションでは無いです。

波をサーファーがコントロールできないように、波もサーファーをコントロールする事はできません。

感謝して、分かち合って、貢献する。

嫌な人とのコミュニケーションをとるうえでのポイントはここに集約されます。

①感謝する ②分かち合う ③貢献する です。

私が、振り返って「あの人嫌な人だったな~」って感じた方々

ただ、そんな人との、やり取り、コミュニケーションから、実は、沢山の事を学ばせていただきました。

そう、今では、実は、むっちゃ感謝してるんですね^^

これ、ある時期から、取り入れていた、やり方でもあるのですが。

どうせ最後に感謝をするのであれば

「最初から感謝をしてしまう!」

これ、ものすごく有効と言うか、実は、真理に根差してます。

人は、結局、感謝する生き物なんですね。

なので、とにかく、目の前の相手に感謝してしまう。

「ありがとうございます!」って言いきってしまう。

人の脳みそって面白いもんで、言葉に出してしまうと、感謝が湧いてくるんですね。

そして、言われた方も、「有難うございます」って言われてしまうと

「はて、自分は、何に対して感謝されているんだろう?」って考えだします。

感謝している、感謝されている関係性はコミュニケーションです。

感謝を分かち合っているのです。

これは、若手の社会人の方だけでなく、全ての方々に有効なのですが。

もし自分が、何も、貢献できないと思っている方。

まずは、感謝をしてみましょう。

感謝を分かち合う存在として、貢献してみましょう。

これは、コントロールを受け入れるという意味ではありません。

コントロールがたとえ有ったとしても、それは、相手は、何らかの形で、自分の事を思って伝えてくれた行為で有るわけですから、その事に、感謝をするのです。

その瞬間、感謝した瞬間、コミュニケーションが始まります。

コミュ力不足、コミュニケーションが苦手と嘆くあなた、もしかすると、感謝の気持ちが薄れているのかもしれません。

コミュ力不足の処方箋として、是非、感謝の習慣を試してみてください。

関連記事はこちら

自分にだけ厳しい、私にだけ厳しい、上司、先輩との付き合い方。

質問募集中

仕事の悩みや、相談、アドバイス等々質問掲示板

何でも聞いていただいて大丈夫なので、ご質問下さい^^

使い方や、質問投稿ページは

画像をクリック。

人気の記事

  1. 話のかみ合わない上司、部下とのコミュニケーションの取り方... 4,800ビュー
  2. 遅刻と残業の面白い相関性とその対策... 4,586ビュー
  3. 報告や相談が苦手な人の為の、ホウレンソウのコツ... 3,607ビュー
  4. 質問ができない心理。質問下手、質問が苦手な人に知っておいて欲しい事... 2,712ビュー
  5. 質問上手になるという事。質問力の磨き方。... 2,246ビュー
  6. 会社や上司の方針に疑問を感じた場合の対処法... 1,779ビュー
  7. コントロールや管理が厳しい上司、先輩との付き合い方... 1,649ビュー
  8. 報連相(報告 連絡 相談)が苦手な人、できない人の原因と処方箋... 1,153ビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です