丸投げ上司 VS 丸投げ部下。会社における、仕事の丸投げ合戦に終止符を打つ方法。

  

丸投げ上司って良く聞きますよね。

上司に丸投げされて困っちゃったよとか

いつもあの先輩丸投げしてくるんだよねって感じで

「丸投げ」って良く使うワードですよね。

対する、丸投げ部下。 丸投げ部下ってあまり聞かないですよね?

丸投げ上司と、丸投げ部下

全裸の丸投げ部下A君

どんなイメージかというと

裸で会社にやってくる、新入社員A君のイメージというか。

素っ裸で会社にやってきて、ボーっとしてる感じで。

そこにある服、適当に着といてって言うと

「え?どの服ですか?」って聞き返してきて。

どれでも良いから、着とけば良いよ!

って言うと

「着方が分かりません。マニュアルは無いですか?」って聞かれて。

ちょっとしたマニュアルを作って、とりあえず、これ読んでやっといてって言うと

「何ページですか、何章ですか?」って聞いてきて。

それを丁寧に教えてあげて、上着を着はじめるんですが。

「ボタンのかけ方を聞いてません。ボタンのかけ方は、マニュアルに書いてません!」

って言いだして。

もういいよって上司に言われ

結局、素っ裸のままで居て。

裸族の集落に戻って

「聞いてくれよ~、内の会社の上司、俺に全部丸投げでさ~」

「何も教えてくれなくて困っちゃうよ。マニュルも無いんだぜ、うちの会社。」

「信じられない、最低だな~」

みたいな^^;

オーバーにいうと、こんな感じと言うか。こんな感覚ですかね^^;

そう、上司側にとっても、「全部こっちに投げてくるな~」って感じてしまう部下ですかね。

原始時代を生き抜いた、丸投げ上司Bさん

対する、丸投げ上司の極端な例と言うと、こんな感じですかね。

虎の毛皮と、石の槍を構えた、原始時代ルックのベテラン係長Bさん

仕事を始めようにも、全裸で寒い、新入社員A君。

「すいません、寒いんですけど~」って恐る恐る聞いてみると。

木の棒を渡されるA君。

考えても。その木の棒の意味がわからないA君。

「すいませ~ん、この棒どうすれば良いのですか???」

又、恐る恐る聞いてみるA君。

しかし、無視されて、わからない、A君。

数時間悩むも、答えがわからず、再度Bさんの元を訪れ聞こうとすると。

『なんで未だ、全裸なんだよ! 今まで何やってたんだよ!!』

『木の棒わたしただろ、木の棒!!! 今まで何してたの?』

不意にキレだすBさん。

唖然としてると、キレ気味に、A君の棒を奪い取り、石を叩きつけ、鋭い矢じりを作り、紐で巻きつけて、あっという間に、石の槍を作りあげるBさん。

『こうだよ、こう! こんなのも分からないの? みんな持ってるだろ、石槍!、こんなのも出来ないの?』

もはや、なにが起こっているか、わからないA君。

『後は解るよな!』

その場を去るBさん。

全裸に石槍を携え、途方にくれるA君。

Bさんを観察すると、Bさんは、石槍に、虎の毛皮をまとっている。

・・・・・もしかして、そういう事? まさかね???

なんか、どきどきするも、怖くて、Bさんにも聞けない、ただ、全裸に石槍で立ち尽くすA君。

しばらくすると、Bさんがやってきて、ため息をつきながら、小声で一言。

『もういいよ、お前』

そういって、無言で、ジャングルに石槍を携え入っていき。

数分後、虎を仕留めて、帰ってくるBさん。

Bさんは、虎の死骸を放り投げ、帰って行く。

全裸で、虎の死骸を前に、立ち尽くすA君。

となりの村では、近代的な服を着て。みんなワイワイ、楽しそうにしていて。

それを遠目に、えらい所に来てしまったと、自分の境遇を嘆く、A君。

こんな感じでしょうか???

丸投げの正体

丸投げの正体ってずばりなにかって言うと「責任」なんですね。

そう、責任の投げ合いをしている、投げられたって感じる時に、「丸投げ」って感じるんです。

「丸投げ部下」とあまり聞かない理由。

ここに、丸投げ部下ってあまり聞かない理由が有るのですが。

これは、ある意味、新社会人の方であったり、若い方にはピンとこないかもしれませんが

なんやかんや言って、上司とか、先輩とかは、ある程度の責任感を持っているというか。

結局仕事の責任って、先輩→係長→課長→次長→部長→役員→社長ではないですが

結局、最後は、上司、最終的には社長が取るんですね。

会社に不祥事が有った時、最後、頭を下げるのは、社長じゃないですか?

会社や職場で孤立し続ける人に知っておいて欲しい事

ここでも述べてますが、社長の責任は、社長にしかわからない事もあり。

同じように、上司の責任も、上司でないと、分からない部分があって。

だから、基本的に。上司から部下への仕事の依頼は、厳密に言うと、上司と言う事で、連帯責任というか、保証人ですよね。

上司が責任を負っているので、基本、丸投げにはならない。

だから、あまり丸投げ部下って感じでは聞かないんですよね。

ある意味、責任を投げられのは、当たり前なので。

けど、先ほどの例の、丸投げ係長Bさんみたいな方が相手だと、責任の取りようがないというか

実際、何を投げられているのか? 何が責任なのか分からないケースもあって。

そんな事を踏まえつつ、この丸投げ合戦というか、丸投げと感じてしまうような状況に、どの様に終止符を打つのか? その辺を検証していきましょう。

丸投げ部下、責任がどこにあるか?いまいち分からない部下の心理。

丸投げ係長Bさんにつくのと、前者の感じの部署、どちらに配属されたいですか???(正直、丸投げ係長Bさんの部署も、ワイルドで刺激的で、面白いなと感じる、自分も居ますが^^)

正直Bさんについた後、前者の部署に行ったら、結構楽勝というか、感動ですよね?

「最初から服があるよ~~~!!!」みたいな(笑)

それはさておき、少しオーバーではありますが、前者な感じの上司部下も普通に在り得る世界でもあって。

この辺の心理を検証してみましょう。

好きな事には、喜んで責任を取る。

これ、洋服じゃなくて、お金の山で

仕事が、「好きなだけ、お金もらっていいよ~」って仕事だったらどうします?

そう、それはもう、見たことの無い様なお金の山で溢れていて。

この場合 「え?どのお金ですか?」とか

「お金の取り方が分かりません、マニュアルをください。」とか考えないですよね?

もう、自ら、どうやったら、沢山お金を持って帰れるかとか、考えるんじゃないでしょうか?

次に、また、この例え使っちゃいますが….今回は若干伏せますと。

お金じゃなくて、う〇こだったら、どうしますかね?

仕事の内容が、すきなだけ、うん〇とっていいよって指示で。

これ、「やった~」とは、なりませんよね^^;

げ~って感じで^^;

これは、聞いちゃいますよね?

「本当にとるんですか?」「これが僕の仕事なんですか?」「取らなきゃいけないんですか?」
「どっから取れば良いんですか?」「どうやって取るんですか?」「なんかコツはないですか?」

みたいな感じで。

とにかく取れば良いんだよ!って言われても、かなり恐怖ですよね。

そう、恐怖なんですよ。ヒントは。

恐怖感と好奇心。 自分に取って大切か、大切で無いか?

先の例で、見えてきたのが

これは、一つ 好奇心と恐怖感のバランスがあって。

好奇心>恐怖心の時は、人は、チャレンジしやすい性質があって。

反対に

好奇心<恐怖心の時は、足がすくむというか、動けないというか。

別の例として

断崖絶壁に、1Mの木の橋が飛び出ていて。

その先に一億円がある場合。チャレンジするか、しないか?

橋の先にあるのが、う〇こだったら、チャレンジする人、殆どいないですよね?

これが、橋の先に、最愛の恋人が助けを求めていたらどうするか?

そんな話でも有って。

ここもポイントですね、自分に取って価値があるのか、無いのか?

ここも一つの判断の基準ですね。

仕事におきかえた場合

ちょっとずつ、現実に近づけて行くと。

あなたは、サッカーが大好きで。

ある時、バスケ部の大会に助っ人でよばれて、参加しますかしませんか?と言う話で。

あなたは、バスケが得意で無くて。

その大会で負けたらバスケ部は廃部なんだよ!ってシチュエーションと

記念参加みたいなもので、負けて当然だから、助けると思って参加してよ

って言われた場合。どっちの方が、気軽に参加できますか?

これは、おそらく後者ですよね。

そして、ある日、練習の熱心さや、サッカーのセンスを認められて。

サッカー部の次の大会のレギュラーに抜擢される日が来て。

ただ、この試合に負けたら、サッカー部は廃部というシチュエーションのケースと

練習試合で、実力を見せてこい!ってケースがあって。

どっちの方の試合に参加しますか?

これは、本当にサッカーが大好きであれば、どっちの試合にも、参加する。

なんとか、自分の実力を発揮して。部に貢献したい!

そんな事を、思うのではないでしょうか?

丸投げ部下の心理

だいぶ、見えてきたと思いますが、まとめるとこんな感じです。

① 自分の好きな事へは、比較的、丸投げされても、責任を持って仕事に臨む傾向が有ります。

② 自分の得意な事、自信の有る事へも、丸投げされても、責任を持って仕事に臨む傾向が有ります。

③ 自分の嫌いな事へは、丸投げされると、抵抗します。

④ 責任が重いと感じる事へも、丸投げされると、抵抗する傾向があります。

そう、狩りが大好きで、狩猟に命を懸けている、野生社員C君は、きっと、B係長と相性が良くて。

木の棒を渡されれば、有難うございますとばかり、自分に合った矢じりを作って、戦いに備え。

時が来たら、ジャングルへ入り、虎と死闘を始めます。

そして、死闘の果て、虎を抱えて、ジャングルから出てくる、C君の肩を、良くやったとばかりに、軽くたたいて、通り過ぎるBさん。

更に唖然とするA君(笑)

「え~俺がもしかして、間違えてる? おかしいのかな???」と悩むA君。

A君とC君の違いはなにかと言うと。

会社クエスト。会社をRPGに例えたら? 中級(中盤)準備編

ここで、コツを伝えていますが。

・自分の好きな事、得意な事が明確であるか?

・自分の進みみたい道や、スキルが明確であるか?

この違いですよね。

これが、はっきりしている、C君にとっては、ジャングルは、絶好の経験を積んで、みんなにPRし、会社に貢献するチャンスになりますが

明確でないA君にとっては、死の恐怖。ピンチ以外の何物でもなくて。

若手社員、部下にとっての丸投げ対策。

では、上司に仕事丸投げされていると感じる皆さん。

その丸投げされてると、感じる仕事をイメージしてください。

なぜ丸投げと感じるのでしょうか?

何が嫌で、抵抗しているのでしょうか?

何に責任を感じているのでしょうか?

状況は、人それぞれなので、明確な答えは示せませんが。

冒頭、前者の服を選べなかったシチュエーションよりの方は

おそらく、失敗の恐怖、恥をかく恐怖、みんなと違う事、正解と違う事をしてしまう恐怖などが、主な恐怖として、在るのではないでしょうか?

もし仮に、それを上回る。好奇心、やりたい事があれば、その恐怖を超えて、責任をとって、仕事に臨む事ができるはずです。

アドバイスとしては、正直なところ、新人や、若手のミスや、失敗は、上司にとっては、全て想定内です。

失敗やミスといった、経験が、学びになるので、わざと任せてやらせるケースなんかも多々あります。

会社クエスト。会社をRPGに例えたら? 初級(新人)編

そう、この記事で伝えているところの、若手の信頼や、実力を試す、お試しクエストみたいなもので。

同時にチャレンジする姿勢や、やる気なんかも、見ていたりします。

なので、そんな難しくない仕事であれば、若いうちは、ある意味失敗が許容される、ボーナスステージですから、無敵のうちに、どんどん、死ぬ練習をする。ミス、失敗の練習をしてしまいましょう。

明らかに自分の才能や、責任を超えている丸投げへの対策

こちらは、後者より。原始時代のB係長のケースですね。

アドバイスとしては、これも、「失敗が許容される、ボーナスステージ」

この無敵状態を活かして、上司と対等なコミュニケーションを取る練習の機会

にしてしまいましょう。

会社や、社会に、案外います。歴戦の勇者、B係長的な人。

ここでの、若手の恐怖感の大きなところは

「上司に意見して大丈夫だろうか?」

「上司に嫌われたらどうしよう、上司を怒らせたらどうしよう?」

こんなところですよね。

ここでも、恐怖心 VS 好奇心 という図式は成り立ちます。

これ、実は、全ての事に通じますが。

動機に恐怖心、恐れがあると、結果もその恐怖心に、引き寄せられる

という法則があります。

だから、本能的というか、経験的に、間違ってもないんですね。

恐怖心 > 好奇心 の時は、まあ、大概上手く行かないから、身体が動かない。

ここでポイントは、話し合いで対決するのではなくて。

上司と対等なコミュニケーションを取る練習 

として、活かす事ですね。

ある意味、最初のA君は、最初の状況においては、上司と対等にコミュニケーション取ってはいるんですよね。

出来ない事、難しい事に、しっかり、NOと伝えたり、必要と思われるものを要求してみたり。

ここで、必要となるのは、丸投げ、責任放棄として、とられないためには

可能な範囲で、自分で真剣に向き合ってみる。責任を取れるとこまで取ってみる。

こんな意識や、姿勢も大切で。

ぎりぎりまで、責任を取ってみる。自分でやってみる。

こんな姿勢は、間違いなく、社会人としての基礎経験値と、基礎レベルを高めて行きます。

交渉や、話す、関係性を築く事は、社会人においても、人生においても、とても大切ですよね。

丸投げ上司。丸投げ上司と思われがちな方々の対策と処方箋。

上司側で出来る事も、しっかり、感じてみましょう。

上司も二つのシチュエーション。前者寄り、後者寄りを軸に、感じてみましょう。

全体に言えるのは、部下、新人で責任を取りたがらない方々は、基本

・好奇心がたりない。

・経験、能力がたりない。

・失敗やミスを恐れている。

このどれかか、その複合です。

ただ、正直な話、係長とか、そんな役職の方や、その上の役職の方々にしてみても

案外、人を教える、教育する、指導する ってスキルや、才能は、役職に就いたら身につくものでもなくて。

案外、その事を素直に受け止めてしまったり、部下と分かりあったり、教わると言った、ある種の謙虚さが大切だと思います。

そう、そうは言っても、上司も人の子。

ぶっちゃけ。

分からなかったり、忙しかったり、困ったときに、部下に丸投げしてしまう、シチュエーションもありますよね^^;

ただ、こればっかりやっていては、部下を教える能力や、コミュニケーションを取る能力は、育まれませんよね。

なので、謙虚に、部下と真剣に話し合う。そう、仕事の目的や、責任をお互い明確にして。

その状況について、どう取り組めば良いか。どうしたら、お互い気持ち良く動けるか。

そんな事を、真剣に話し合う、コミュニケーションする練習、実体験を積極的にとる事が、大切だと感じます。

あとは、先にも述べましたが、結局責任は上司が取りますし、更に言うと、上の上司がとるので。

その事に、肚をくくってしまいましょう。

部下が動けない部分の大きなところは、恐怖心だと思います。

特に新人は、好奇心や、能力、以前に、圧倒的経験が少ないので。

全ての事に、恐怖心を持ちがちです。

そんな時、部下や新人を行動に促すのは、上司の懐の深さです。

俺が、責任とってやる。とにかくやってみろ!

こんな、格好良い言葉、ちょっと言ってみたいですよね^^

仕事の丸投げ合戦に終止符を打つ方法 まとめ

まとめます。

  1. 好奇心が有る仕事は、人は基本的に、責任を持って動く
  2. 得意な事、才能が有る事でも、人は基本的に責任を取る傾向がある。
  3. 恐怖、怖さがあると、人は、責任を取りずらい。動けない傾向がある。
  4. 若いうちは、過度に恐れず、まずは、動いてみる事も大切。
  5. その経験の中で、自分の磨きたい才能や、能力を見極めるのも大事。
  6. なるべく、対立は避け、対等に話し合う練習の場とする。
  7. 上司から積極的に、歩み寄る、話し合う場をもつことも大事。

こんなところですね。

新人さん、新社会人のみなさんは、やっぱり、上司の仕事内容はもとより、仕事自体について、まだ、分からない人も多いです。

そう、それが、新人の見えない、無意識の恐怖になることもあるので。

部下の方は、上司の抱えている、責任を理解して。

上司の方は、部下の恐怖に配慮して、責任を明確につたえ。

いっしょに、仕事を達成する関係性を育みあう。

そんな喜びの場面を、共に経験できるよう

対立に終止符をうって、そんな状況を拡げて行きたいですね。

 

 

 

 

 

 

質問募集中

仕事の悩みや、相談、アドバイス等々

何でも聞いていただいて大丈夫なので、ご質問下さい^^

使い方や、質問投稿ページは

画像をクリック。

人気の記事

  1. 話のかみ合わない上司、部下とのコミュニケーションの取り方... 4,238ビュー
  2. 遅刻と残業の面白い相関性とその対策... 3,033ビュー
  3. 報告や相談が苦手な人の為の、ホウレンソウのコツ... 2,481ビュー
  4. 質問上手になるという事。質問力の磨き方。... 1,632ビュー
  5. 会社や上司の方針に疑問を感じた場合の対処法... 1,502ビュー
  6. コントロールや管理が厳しい上司、先輩との付き合い方... 1,381ビュー
  7. 職場の人間関係を改善する一番大切な考え方... 951ビュー
  8. 質問ができない心理。質問下手、質問が苦手な人に知っておいて欲しい事... 942ビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です