物凄くシンプルな営業の成功法則

  
成功法則

若い時に、先輩の営業課長さんに言われました。

俺は、自分のお客さんに、このテーブルの塩を売ろうと思ったら売れるよ。

当時は、「何だろ?自分の営業手腕の自慢かな?」とか

自分の価値観から見て「そういったモノも、無理して売らなきゃならないほど、営業って覚悟が居るのかな?」って感じてました。

今の自分の感覚で考えると

「あ~確かに、売れるかも」

って感じます。

この辺に、仕事の原理原則や、シンプルな成功法則があるのでそれを、まとめてみます。

モノが売れる、必要とされる仕組み

大前提ですが、モノや、サービスが売れる時と言うのは、基本、それを相手が欲しい、必要と感じたときに、売れます。

凄いシンプルですね。

本来、モノを提供するという事は、提供できる人から、必要としている人へモノが流れていきます。

オンリーワンがある。

アップルのアイフォンは、アップルしか作れません。

吉野家の牛丼も、吉野家でしか食べれません。

アイフォンが欲しい人は、アイフォンを買うのです。

吉野家の牛丼が食べたい人は、吉野家へ行くのです。すきやで妥協することは、あるかもしれませんが、駅前に、吉野家とすきやがあれば、基本吉野家へ行くのです。

これじゃなきゃがある

良い業績が長続きする会社、素晴らしい製品を作る会社、素晴らしいサービスを提供する会社には秘密が、あります。

こだわりが有るんですね。

これじゃなきゃいけない、これを使う必要がある。

この製品を完成させるためには、こういった部品でなければならない。

このサービスを提供するには、こういった環境が必要だ。

そんな連鎖反応。

良い製品を作る会社は、良い部品を使う会社とつながり、良い部品を作る会社は、良い材料を使っている。

こんな感覚ですかね?

あとは、そうでない、普通の会社や、ちょっと黒めな感じがする会社の場合も、そんな会社同士で繋がっていく傾向があるかなと。

そんな感じで、結局、自分たちの必要とするモノを提供する会社とはつながるし、それが提供できない会社とはつながれない。

極論、最初から売れるものは売れるし、売れないものは売れないんですね。

これも極論ですが、吉野家の牛丼がどうしても食べたい!

って人は、入った店が、多少汚かろうが、店員の態度が微妙であろうが、吉野家の牛丼が食べたいって思ったら、その店にはいるんです。

隣で、凄く綺麗な店舗で、愛想の良い店員さんが居ても、どうしても吉野家の牛丼が食べたい人には、吉野家の牛丼しか売れないのです。

モノやサービスが売れない時

モノやサービスが売れない時。

これも、シンプルですが、欲しい人、必要とする人の所に、届けていないか、もしくは、モノやサービスが必要とされていないか?

それだけです。

なので、会社の製品を売ったり、サービスを提供したいときは、既存のモノであれば、売れてる実績を確認して、誰が必要としてるか見極めて、販売する。

新製品も、事前マーケティングで、売れるかの確認と、必要とする人を確認して、そこに、販売する。

自分に出来る事。

こんな感じで、基本、大前提、売れるものは売れるし、売れないものは売れないんです。

営業マンの苦しさや楽しさは、実は、この辺にあると感じていますが、正直、ある意味、開き直って良いと思います。

売れるものは売れるし、売れないものは、売れないのです。

なので、自分に出来る、一番、シンプルな事は

無駄な事をやめる事です。

山に、浮き輪を持って行っても、売れないんです。

海に、ピッケルを持っていっても売れないんです。

無駄な事をしている時は、無知な時なのです。

要は必要な事を知らないのです。

なので、無駄な事をやめて、必要な知識を身に着ける、自分に出来るのはそれだけなのです。

一番シンプルな営業の成功法則

これは、営業の法則でもありますし、人生全般に言える事かもしれません。

必要な知識は

好きな事に集中する

以上、これだけです。

すごくシンプル。

まずはこの知識、大前提を身に着ける。

いや本当、これだけなんです。

例えば、海が好きな人。

海に集中しましょう!

海をとことん、楽しむんです。

で、それを、いろんな所で話す。

そうすると、海を引き寄せてくるんです。

海に近いお客さん、海が好きな担当者さん。

あいつ海が好きだったなー、海沿いのあの会社あいつに紹介してみよう。

あの人海が好きだったなー、〇〇さんを紹介してみよう。

こんな事が、おこります。

海だとイメージしにくいかもしれないので、たとえば、新規開発の仕事が好きな人であれば、それに集中する。

開発するのが、大好きなんですって伝える。

そうすると、開発の仕事を引き寄せるんです。

あいつ開発好きだからやらせてみようかとか

あの人、開発得意そうだから、開発部の〇〇さん紹介してみようとか。

自社の製品を大好きになるのも、もちろんありです!

うちのこの製品凄いんですよ!素晴らしいんですよ!

って言ってると、それを好きな人を引き寄せるんです。

あいつ、あの製品好きだな、いっそのこと、責任者にしてしまえ。

あの人、これが好きなんだな、なら、あの会社の〇〇さんを紹介してみよう、喜ぶかも!

こんな感じです。

好きな事をやってると、殆んど苦にならないんですね。

大好きな製品であれば、喜んで勉強するし、知識も勝手に集まってくる。

ピッケルの形をみて、工事現場に持っていったり、潮干狩りに使えるかも?とか、変な発想をして、海に持っていくような、無知な事はしない。

だれがどう使って、どうなると喜ぶか、楽しいかを良く知っている。

無理が無いんですね。

海外が好きな人は、海外が好きだと公言していく

すると、今度の新製品の海外展開は、あいつに任せようとか

多分、外国語を学ぶのにも、苦にならない。

こんな感覚。

好きな事を明言していると、自然と、自分が、一番活躍できる場所に流されていく。

もし、それで、会社を首になったら、そういう事です。

そう、あなたは、そこで、実力を発揮す人ではなかった。

ただ、それだけです。

良く、「飲み会の席で、仕事の話をすると、出世しない」って言われませんでしたか?

これ、半分正解だと思います。

飲み会の席では、好きな事を話す!

これに尽きます。

なぜ半分かと言うと、居るんですね「仕事が大好きな人が」

飲み会でも仕事の話をしたくなるくらい、今やってる仕事が大好き!

そんな人もいるんです。

冒頭の話。

先輩の課長が、なんで塩を売れるのか?

その先輩は、お客さんが大好きだったんですね

自分と取引してくれる、お客さんが大好き。

これは、もう少し言うと、人が好きという事ともつながるかもしれません^^

だから、顧客との、関係が素晴らしかったのです。

なので、多少無理だとしても、事情を説明すれば、お客さんも、その方との関係を大切にしたいから、その課長の紹介であれば、テーブルの食塩でも買ってくれる。

そんなことなのだと思います。

是非、自分の好きに集中して、楽しく仕事をしていきましょう!

人気の記事

  1. 話のかみ合わない上司、部下とのコミュニケーションの取り方... 3,611ビュー
  2. 遅刻と残業の面白い相関性とその対策... 2,012ビュー
  3. 報告や相談が苦手な人の為の、ホウレンソウのコツ... 1,541ビュー
  4. 会社や上司の方針に疑問を感じた場合の対処法... 1,215ビュー
  5. 質問上手になるという事。質問力の磨き方。... 1,129ビュー
  6. コントロールや管理が厳しい上司、先輩との付き合い方... 1,128ビュー
  7. 職場の人間関係を改善する一番大切な考え方... 847ビュー
  8. 伸びる人材と、伸びない人材。これからの社会人の学び方について、考えてみ... 589ビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です