会社クエスト。会社をRPGに例えたら? 中級(中盤)準備編

  

会社クエスト。会社をRPGに例えたら? 初級(新人)編

こちらの続きです。

前回、初級編のまとめとして、こんな事をお伝えしました。

  • 相応しい装備を整えて、装備をする。
  • 初級クエスト、ミッションをこなして信頼を得る
  • 特技をPRしつつ、積極的に話かけ情報を集める
  • ノリが合う方々と、積極的にパーティーを組む

色々ミッションをこなしたり、、いろんな人々に話しかけたり

会社クエストの世界の中で過ごす時間が増えるとともに、その世界の事や、自分の事が分かって来たのではないでしょうか?

ここからは、中級編として、中盤をどう攻略していくかを、お伝えしたいと思います。

会社クエスト ステータスの確認

その前に、ここまでどんな感じに成長したか?

ステータスを確認してみましょう。

以下の項目のチェックシートで、Yesが何個あるか、数えてみてください。
Yesが多いと良いとか、悪いという話では別にないので、気軽な感じでやってみてください^^

  1. 心を開いて相談できる、上司や先輩が、3人以上いる。
  2. 同じように、肚を割って話せる、同僚や、同期、部下が3人以上いる。
  3. 〇〇だったら、××さんと言われるような、スキルや技術が、1つ以上ある。
  4. 同じ様に、〇〇だったら、××さんと言われるような、業務や業界の分野、市場が一つ以上ある。
  5. (突発的な事を除いて)基本的に、一週間の業務スケジュール、内容は自分で決められる。
  6. 主体的に経験値が得られる仕事や業務を自分で作り出す事ができる。
  7. ここから先の冒険プランが、定まっている。
  8. これから身に着けたい、磨いていきたい、スキルや技術、知識が明確だ。
  9. 会社クエストを現在、情熱をもって、楽しんでプレイ出来ている。
  10. 会社クエストにおける自分の目的が、おぼろげながら見えてきた。

 

会社クエスト 中級編 パーティーメンバーの確認

  1. 心を開いて相談できる、上司や先輩が、3人以上いる。
  2. 同じように、肚を割って話せる、同僚や、同期、部下が3人以上いる。

これに、関連した内容ですね^^

これ、注意としては、派閥に属しているとか、単純に部署に所属してるとか、そんなノリとは、少し違います^^;

心を開ける、肚を割って話せる、本音で話せるってのがポイントです^^

そう、ロールプレイングゲームの仲間とか、パーティーって基本、仲が良いじゃないですか?

そんな、感覚も含めて、あなたは、私の大切な仲間です!って言えてしまう感覚の方々です^^
(言わなくても良いですが^^;)

ワンピースで例えると、ルフィーの海賊団であったり、なにかあったら、助けてくれる。そんな仲間達。

ドラゴンボールで例えると、なんとなく、ヤムチャとか、クリリンとか、天津飯とか、チャオズとか、明らかに、ライバルや、敵だった感覚が、味方になった瞬間ってあったじゃないですか?

そんな感覚ですね^^

ルフィーとか、悟空もそうですが、序盤は、少ないメンバーとか、自分の力で何とかなっていて。

そう、序盤は、そんな感じで大丈夫なのですが

中盤になると、敵と言うか、仕事も手強くなってきます^^

なので、中盤を攻略するにあたって

御自身の仲間は、何人いるか? どんなメンバーかという事を、あらためて確認してみましょう。

会社クエスト 中級編 特技、特殊技能の再確認

 3.〇〇だったら、××さんと言うわれるような、スキルや技術が、1つ以上ある。

 4.同じ様に、〇〇だったら、××さんと言うわれるような、業務や業界の分野、市場が一つ以上ある。

これは、初級編の特技とも関連するかもしれません^^

自然と頼られてしまう事や、お願いされてしまう事、それをあなたに任せておくと大丈夫、安心できるといった感じ。もしくは、あなたのそれを、頼りにされているような。

それらは、特技が、特殊能力的に磨かれているかもしれません。

ドラゴンボールを例えに出したので、続けると、クリリンの気円斬とか、太陽拳とか、何気に便利ですよね^^

あと、プーアルとか、ウーロンの変身能力とか、マスコット的な感じとか。

ブルマの科学力なんかも、戦いには直接関係なくても、本編には凄く大切な要素ですよね^^

この特殊技能もある種、自然な感じというか、出来ちゃうから仕方ない。素質や、才能的にできてしまうモノをできればカウントしてください。

そう、悟空もブルマも、なんか、自然な才能や資質を発揮してますよね^^

そう、人に頼られる事って、案外、その人が、自然に出来てる事が多くて。

そういった事って頼む側も、受ける側も自然にお願いできるというか。

結構、頼まれると嬉しかったり、お願いすると、結構周りもハッピーになれることが多くて^^

実際RPGでも、知力が高い種族は、魔法使いや僧侶になって。

力や速さが高い種族は、戦士とか、盗賊とか、そっちの役割をこなしてもらいますよね。

なので、自然とお願いされる事や、頼られる事があるという事は、あなたの才能が、その世界で認識されていて、その世界で役に立っているという事でもあります。

会社クエスト 中級編 戦術、戦略の確認

  5.(突発的な事を除いて)基本的に、一週間の業務スケジュール、内容は自分で決められる。

    6.  主体的に経験値が得られる仕事や業務を自分で作り出す事ができる。

これは、効率の良い経験値の稼ぎ方や、時間の使い方が、確立できているか?の確認になります。

最近のスマホゲームって、全部、体力性というか、行動ポイントみたいなの設定されてますよね^^

あれは、仕事で言うと、仕事時間みたいなもので。

自分で、主体的に、ポイントを消費するというか、時間を消費できないと、ポイントや時間をもてあましたり。

反対に、その時間や、ポイントを、自分とは、あまり関係ないイベントに消費してしまう。他人からのミッションや業務で使われてしまったり。

そんな感じですと、思う様に成長できませんよね^^;

これ、先の二つの項目とも、リンクしていて。

強いパーティーや、信頼できるパーティーがいたり。

あなたの特殊技能が活かされる、仕事やミッションであれば、短い時間で攻略出来たり。

もしくは、大きなミッションをこなすことも、容易になってきますよね^^

更にこなれてくると、自分でプロジェクトを立ち上げたり、進めたりすることも出来る様になって。

それが出来るのは、自分が、どこで、何を、どうやると、貢献できるか、経験値を、お金を稼げるか?という戦略や、戦術が、理解できている証ともいえます。

会社クエスト 中級編 キャリアプランの確認

  7.ここから先の冒険プランが、定まっている。

    8.これから身に着けたい、磨いていきたい、スキルや技術、知識が明確だ。

RPGも中盤になって来て、自由度が高まると、自分で目的を決めて、プレイしていきますよね^^

あの敵を攻略するための、レベルを幾つまで上げようとか

別の大陸に行くために、船を手に入れようって感じで

多分この辺りになると、色々、考え出す時期になってくると思いますが。

前向きな意味と言うか、ある種の自信と確信と共に、それを選べるか、見据える事ができるか?という感覚です。

そう、前向きな感覚で、自分のキャリアを考えると、そろそろ、この部署を出る時かもしれないとか

海外で経験を積む時期かもしれないとか。それには、転職、別の会社に勤めることも視野に入るかもしれません。

それらを、主体的に捉えているか? 自分で感じて動けるか? そういった要素です。

会社クエスト 中級編 自分のビジョンや、使命を感じる

 9.会社クエストを現在、情熱をもって、楽しんでプレイ出来ている。

 10.会社クエストにおける自分の目的が、おぼろげながら見えてきた。

これは、例えて言うと、自分の出生の秘密に気が付き始める、感覚でしょうか?(笑)

あながち、冗談では無くて^^; RPGとか、漫画でもそうですよね^^

人気のある作品って、だんだん、主人公の出生の秘密が明らかになってきて。

その使命感というか、運命的なものが示唆されていきますよね^^

ルフィーが、ドラゴンの息子だったり。悟空がサイヤ人という宇宙人だったり。

そう、こんな事に巻き込まれるのは、こんな宿命(さだめ)が有ったからだ~~~みたいな^^

そう、これは、会社クエストと、人生クエストが交わる感覚かもしれません^^

会社クエストと人生クエストが交わりだすと、これはもうパワフルです^^

この感覚は、以前、サッカーの長友の本を読んだ時に、書いてありましたが(確か、「日本男児」だったと思います。)

彼曰く、インテルとか、サッカーのビッククラブの選手たちは、自分の為だけに、サッカーはやっていなくて。

母国の子供たちの手本になるためとか、道や光、可能性を示すためとか

しょってる使命感も半端ない、一流なんだそうです^^

そう、これ、そこまで、大げさな感じで無くても大丈夫ですが^^

似た感覚で

自分の仕事で、この会社を業界一にするんだ!

自分達の仕事で、この業界や市場を幸せにするんだ!

他の会社も真似するような、幸せな人事モデルを作るんだ!

会社のみんなが、幸せに働ける様にするんだ!

みたいな、使命感帯びて、仕事してる人たちって、なんか、応援したくなるじゃないですか?

そう、そんな感じで、個人の目的だけでなくて、なにか、大きな使命や、役割を感じて、仕事に打ち込めるような感覚ですね。

それが、少しでも、感じられるか、芽生えてきてるか?

それが、この二つの項目の意図です。

準備状況を振り返って

これも、しっかり伝えたいのですが、これ、本当、良い悪いではないですし、そうあらねばならないという、話でも無いです。

そう、RPGとかでもそうですが

前半無茶苦茶ハードで、不遇の立場に追いやられる物語とかもありますよね^^

そして、キャラクターや、種族によって、成長曲線があったり。

そして、物語の後半で活躍したり、ある特定のイベントで活躍するキャラもいて。

そう、そんな感じで、いろんなストーリーや、予期せぬ展開があるからRPGは面白くて^^

スタートから魔王と同じ強さだと、なんか、ゲームは作業になりますし、あまり面白くないですよね^^;

それと、目的が分からない、イベントも無い、ただ、目の前の敵を倒すだけ。

そんなゲームもつまらないですよね^^;

そう、会社クエストは、基本、オープンワールドなゲームでもあるので

自分で目的を探す意図がないと、簡単に流されることもできます。

なので、中盤に入る前に、これらのチェック項目を再確認して

いまのゲームの状態を、再認識してみてください。

実践編に続きます^^

質問募集中

仕事の悩みや、相談、アドバイス等々質問掲示板

何でも聞いていただいて大丈夫なので、ご質問下さい^^

使い方や、質問投稿ページは

画像をクリック。

人気の記事

  1. 話のかみ合わない上司、部下とのコミュニケーションの取り方... 4,801ビュー
  2. 遅刻と残業の面白い相関性とその対策... 4,586ビュー
  3. 報告や相談が苦手な人の為の、ホウレンソウのコツ... 3,607ビュー
  4. 質問ができない心理。質問下手、質問が苦手な人に知っておいて欲しい事... 2,712ビュー
  5. 質問上手になるという事。質問力の磨き方。... 2,246ビュー
  6. 会社や上司の方針に疑問を感じた場合の対処法... 1,779ビュー
  7. コントロールや管理が厳しい上司、先輩との付き合い方... 1,649ビュー
  8. 報連相(報告 連絡 相談)が苦手な人、できない人の原因と処方箋... 1,153ビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です