サラリーマン生活を振り返って気づいた、人間関係の秘密

  

人間関係の秘密というと、何か、大げさな感じもしますが^^;

人間関係に関しての勉強会なんかを、100回以上、開催させて頂いていて
なんとなく、人間関係ってこういうことなんだな、こういう理屈、仕組みで成り立ってるんだなって感じている事がありまして^^

それを、自分の、サラリーマン時代、社長になるまでに経験した、様々な出来事に当てはめてみると、「あ~なるほど、やっぱりそういう事なんだ!」という事に、思い当たりまして。

ということで、そんな人間関係に関する秘密?気づきを綴っていきたいと思います。

人と関わる時、何が起こっているか?

人と関わる時、何が起こっているかと言うと

いきなり、結論的な話をさせて頂くと

結局のところ、思いや、考えの縄張り争いが起こる傾向があって。

基本、人は、人に対して

① リラックスしている。

② 緊張して防御している。

③ 緊張して攻撃している。

この3つの態勢を、取る傾向があります。

原型というか、原点は、リラックスしている状態なんですね。

②と③は基本的に、一緒というか、要は、リラックスできてない状態なんですね。

人間関係の記憶

〇〇しなさい!!!!

〇〇しないの!!!!

ってセリフ、結構、記憶に残ってませんか?

ご飯の前に、御菓子を食べないの!!!

とか

ゲームばっかり、やらないの!

とか^^;

もたもたしてるんじゃないの!

ぐずぐずしてるんじゃないの!

余計な事しないの!

変なことしないの!

これ、私の記憶に残ってる言葉ですが(笑)

これ、ある種の、攻撃でもあるんですね^^;

多分、リラックスしていたり、なんか、楽しそうってワクワクしてたり
本人的には、普通の状態だったと思うのですが(笑)

特に、余計なこととか、変なこととか、何が、余計で、何が変かよく分からないという(笑)

原型は、リラックスしている感じだったはずなのですが、ここから、攻撃と、防御の渦巻く、人間関係の世界が、スタートしていきます(笑)

思いや、考えの縄張り争い

例えば、小学校の時に、学校にお菓子を持ってきた友達が居ました。

当初は、クラスでは、御菓子を持って来てはいけないというルールは存在していないので、「お~なんか、良いんでない?」「ちょうだいちょうだい!」ってなります。

良いんでないって、人たちは、そんな思いや、ワクワク感で繋がって行きます。

けど、中には「学校にお菓子を持って来て良いのだろうか?」「ルールや、規則に反するのではないか?」って感じに、心配、不安に思う生徒も出てきます。

学校にお菓子持って来て良いの?

学校にお菓子を持ってきちゃだめだよ!

みたいに、これも、ある種の、攻撃?みたいなものが始まります。

で、先生に、言いつけられるわけですね、ある種のクラスの主?である、先生の、ジャッジメントが入る(笑)

で、先生が「駄目に決まってるでしょ!」ってなると、体制決定。

御菓子持ってっ来ちゃダメ派が見事勝利。その縄張りを拡げていくという^^;

このパターンの原型は、家庭にもあるし、学校にもあるし、友人関係にもあるし、もちろん、会社にもあって

この関係性のパターン、縄張り争いのパターンが、いろんな場面場面で、持ちこされて行きます^^;

あらねば派と、ありたい派

これからの社会人のキャリアについて考えてみる。

ここでも語っておりますが

拡がる、拡がってしまうエネルギーや、思いと

固まる、固まってしっまう、エネルギーや思いなんかもあって。

拡がる感覚も、そこに、執着したり、拡がらねば、拡げねばって感じになると、緊張してきて、攻撃や、防御になりますし。

固める感覚、固まる感覚も、そうせねばって思いが強くなると、防御や、攻撃の思いが強くなって。

あらねば!って感覚が、執着や、固執している状態ですかね???

この状態だと、人間関係でも、対立や、トラブルが起こりやすいです。

現場での事例

社会人5年目くらいの時ですね

新規の仕事を立ち上げていて。

当時は、化学系のメーカーに勤めていましたが、新規開発の開発営業の仕事をしていて。

当時、お客さんが、非常に良い材料を開発していて、その材料と、私達に会社の加工技術を組み合わせると、今までに無かった、新しい機能を持った製品が、安価に効率よく、製造できる可能性があって。

お客さんと、私は、この製品の試作が上手く行ったら

「凄い製品が出来てしまうのではないか?」
「市場を一変させてしまうのではないか?」

そんなワクワク感で、胸いっぱいです!

ただ、新製品だと、工場の量産機の枠を調整するのが、なかなか難しく。

工場の現場としては。

「今月も、厳しい、生産状況の中で、完璧な、生産計画が立てられた」
「働いている、従業員、現場の人たちが、むりな残業をせず、効率良い計画を立てられた」

って感じで、向こうは、向こうで、ワクワク、リラックスしている感じです。

で、そんな二人が、関係を持ちはじめるわけです。

最初は、純粋な、ワクワク感、楽しさで、リラックスしていた二人が

「すいません、新規の試作をどうしてもやりたいんで、2週間後に、テストの枠を作ってくれませんか?」ってなって行くわけです。

すると、工場側としては、驚きですよね、せっかく、完璧な工程を作ったのに、それが、実現しなくなる、可能性があるので、当然「そんなの無理だ!」ってなってくるわけです^^;

こういった、瞬間ですね、緊張感が出てくるのは^^

「え?、こんな素晴らしい、試作が入らないかもしれない?」
「え?、こんな素晴らしい、計画を崩されるかもしれない?」

って感じですね^^;

ここで、前述のパターンが発動すると

私サイドは、先生にジャッジメントを求めるがごとく

課長や、部長 などを、巻き込んで、事を大きくしていく事も出来ます。

「〇〇君が、仕事を、やらないって言ってます! 会社の方針は、お客様第一主義と語っているなかで、仕事をやらない事は、悪い事だと思います!」

って感じですかね???

工場サイドも

「〇〇君が、計画を無視して、自分の好きな事をやろうとしてます!お客さんも大切だけれど、現場で働く人の気持ちを無視して、強引に進めようとする、○○君のやり方は、おかしいと思います!」

こんな感じですかね(笑)

結局、リラックスしてる状態で生まれる、ワクワクしてる、楽しい思いなんかが有って、それが、上手く行かない、邪魔されるって恐れや、不安が起こって、緊張して、対立が起こる。

人間関係や、人生ってこれの繰り返しなんですね^^;

人間関係のコツ

前述の話に、ある意味、全てのパターンが、凝縮されてますが

冒頭、お話した通り、人の状態の原型は、リラックスしてる状態、楽しい状態なんですね^^

それは、ワクワクしていることが拡がって行ったり、その過程で、人とスムーズに繋がれたり、協力し合ったり。

ここが原型にあって、これを、嫌がる人は本来いません。

人間関係が上手く行かない時と言うのは、この原型から、離れてしまって、緊張しているときなんですね。

結局、ビジネス、仕事、人間関係が上手くいってる状態というのは、緊張している状態、時間が少ないということで。

さらに、言うと、緊張するのは、誰かと言うと、自分自身なんですね

犬に急に吼えられて、びっくりするのは、自分自身であって。

これ、誤解ないように、補足しますと

別に、緊張する事とか、攻撃してしまう、防御してしまう事が、良い悪という話ではなくて。

ただ単に、人間関係を、スムーズに、円滑に、進めるためには、どういった心構えでいると、そういった状態になれるかというお話で。

そういった意味で、結論的には、如何にして、自分の気持ちや、心の状態を落ち着かせるか、安心させるか。

これが、人間関係を、円滑にする、仕事や、ビジネスを、上手く進めていくコツ、秘密だと思います。

人間関係を円滑にする方法

結局のところ、自分の心を落ち着かせることができれば、緊張を解いて、攻撃と、防御を手放せば、全ての仕事や、人間関係は上手く行きます!

先の事例の話としては

最初の頃は私は、工場の担当者が「私の邪魔をして、こちらの考えに理解を示さない、凄い嫌な奴!」って感じていたんですね^^;

けれど、向こうにしてみると「自分の邪魔をして、こちらの考えに理解を示さない、凄い嫌な奴!」ってのは、なんのことは無い、私であって^^;

ただ、本当、その方とは、自分のやりたい事に向けて、なんども、なんども、ぶつかりながら、とことん話あいました。

最終的にが、私は、彼が「工場や、現場の人の、思いや意見をくみ取りつつ、ベストを尽くしている、素晴らしい人」で在る事が理解できて。

向こうも
「現場にも、理解を示しつつ、会社や、お客さんの為に、全力を尽くしている人間」として、理解をしてくれて。

相手が話が分かる人、通じる人、素晴らしい人だと、感じられると、恐れや、不安、緊張は無くなるんですね。

それ以降は、相手は、「基本、私が、現場の事も、考えつつ、そのうえで、新規の試作をお願いしてきている。」と理解を示してくれてベストを尽くしてくれるようになり。

私も、その方が言うのであれば、向こうもベストを尽くしていることを、理解して、こちらも、やれるベストを尽くすと。

こういった、信頼をベースにした、話あいが、できる様になりました

これ、全ての人間関係に当てはまります。

お客さんとビジネスを新しく始めたいとき、上司や、部下との関係を築きたいとき含め、全てこのパターンで、なにか上手く行ってない時は、基本、自分が、何かを、恐れて、緊張しているときです。

以下に、私の経験から、どうやって、緊張を解きほぐしていくか?
目の前の相手との関係性を、築いていくか、ポイントを纏めてみます。

1.自分の心の状態を感じてみる

まずは、自分の気持ちや、感情、心をしっかり、捉えて、向き合います。

怒りが込み上げているのか、イライラしてるのか、不安なのか、悲しいのか、寂しいのか

そんな思いをしっかり受け止めていきます。

そんな感じで、心がざわついているとき、リラックスできていない時は、何かの思いの縄張りというか、何かの価値観、あらねばって思いに、執着、固執しているときです。

例えば、何時も、怒られる、苦手な上司が居るとします。

そういった上司が居ると、不安や、怖い思いがでてくると思います。

それを、感じるのは、別に悪い事でないですし、ある意味普通な事です。

その中で、まずは、自分がリラックスできているか?緊張しているのか?

それを、しっかりと、意識する習慣を付けれる事が、大切だと思います。

2.リラックスできること、原型を思い出す。

そして、緊張している場合、それは、あなたの原型、標準の状態から離れているという事です。

なので、原型を思い出す、リラックスしている、自分と相手の状態を信じる。

そういった状態でありたい事を意図しましょう。

これは、ある意味、自分に素直になるという事ですね。

前述のいつも、怒られる上司と、仲良くなれたら、信頼して、協力しあえたら、嬉しくないですか???

ここが、原型なんですね。

これ、本当、平社員~社長になるまでに、何千人という人たちと、繰り返した人間関係の中での結論ですね。

原型から、離れているときは、単に、気付いていない何か? 見えていない何か? が有るんですね。

吼えてくる犬は、私が憎くて吼えてくるのでなく、犬も怖いんですね^^;
怖いから吼えてくる。

ある種、犬も、原型から離れてる。だから、相手も不安だし、自分も不安になっている。

お互いの関係は、リラックスできている状態が、標準であって、そうでない今の状態は、自分がリラックスできていないからであって、リラックスできていない事が自覚出来たら、リラックスしたい、必ず、リラックスできて、分かりあえることを、信頼しましょう。

3.開き直る

正直な話、2まで行えれば、もう大丈夫です(笑)

緊張してる時は、思いや、考えの縄張りに巻き込まれているときで、何かの、考えや、思いに、執着しているときなんですね。

なので、緊張している状態を意識できれば、執着している状態を自覚することになります。

緊張している自分が、本来の自分でないことを自覚して、リラックスしたい!って意志を持てば、思い出せれば、基本、自動的に、その状態に導かれて行きます。

例えば、営業マンが、何かを売り込みたいとき、目の前の相手に、売りたい、売らなければって思いに、執着していると、案外上手く行きません。

物凄くシンプルな営業の成功法則

ここでも、述べてますが、世の中、基本、売れるものは売れますし、売れないものは、売れないんです^^;

けど、営業の成功って、目の前に、売れる売れないだけでなくて

目の前の人が、買いたい人を紹介してくれるかもしれないし目の前の人が、本当に欲しいモノ、必要としてるモノを、教えてくれるかもしれないですし。

案外、成功って、自分の意識しない別の角度から、やってくることが本当多くて。

執着して、望みのモノを手に入れる成功体験ももちろんありますが

私の経験則で行くと、ほとんどの場合、自分の想定外の形で、成功って拡がって行くんですね^^

この軽やかさですね、何があっても、大丈夫、何とかなる、何とかなってるのが原型であることに、確信する感覚ですかね^^

正直、ここで述べたこと ????? って感じて、何を言ってるかわからない人も多いと思います(笑)

多分、若い時の、自分に伝えても、意味が解らないと思います(笑)

本当の自分を思い出す

これも、記憶にあると思います。

なんの、規則や、ルールに縛られず。

誰とでも、仲よく、気兼ねなく、つながって、遊びまわっていた、子供のころの体験。

原型に近いのは、この感覚なんですね。

そこに、先に述べた、思いの縄張りというか、こうあらねばって感覚が、重なって行き、いつしか、それは、無意識に、自分を縛る、鎖となって行く。

緊張してる時は、何かの鎖に縛られているときなんですね

そんな、鎖の存在を感じたとき、思いだすと良いと思います。

鎖には、鍵がかかっていない事、何時でも、意志を持てば、自分で自由に外せる事を。

一歩一歩、自分の鎖を解いていく、自由になっていく。

そのために、人間関係は存在しているし、それが、人間関係の、そして、全ての、目の前の出来事の、秘密なのだと思います。

質問募集中

仕事の悩みや、相談、アドバイス等々

何でも聞いていただいて大丈夫なので、ご質問下さい^^

使い方や、質問投稿ページは

画像をクリック。

人気の記事

  1. 話のかみ合わない上司、部下とのコミュニケーションの取り方... 4,238ビュー
  2. 遅刻と残業の面白い相関性とその対策... 3,033ビュー
  3. 報告や相談が苦手な人の為の、ホウレンソウのコツ... 2,481ビュー
  4. 質問上手になるという事。質問力の磨き方。... 1,632ビュー
  5. 会社や上司の方針に疑問を感じた場合の対処法... 1,502ビュー
  6. コントロールや管理が厳しい上司、先輩との付き合い方... 1,381ビュー
  7. 職場の人間関係を改善する一番大切な考え方... 951ビュー
  8. 質問ができない心理。質問下手、質問が苦手な人に知っておいて欲しい事... 942ビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です