複雑に見える人間関係をタイプ分けして客観視する方法 その①

  

人間関係を複雑化してしまう理由の一つは

価値感の対立

にあると考えていまして、こちらの記事でも、そんなことを書きました

会社や上司の方針に疑問を感じた場合の対処法

相手の価値観や、行動指針が分からないと、リラックスできていた関係性が崩れて行き

相手に対して防御の体制、守りの態勢にはいるか、攻撃の態勢に入る事で、対立が始まる

サラリーマン生活を振り返って気づいた、人間関係の秘密

それもこちらで記事にしましたが、今回は、そんな相手の価値観や、行動指針を見極める方法ですね

そう、社会人一年目の時は、全く気が付いていませんでしたが

数千人の様々な、役職、部署の方とお付き合いさせていただいた経験則として
そして体系化された、様々な知識や、考え方を通じて

人のタイプを即座に感じる方法

と言うのが、身についていきました。

今回は、それについて、シェアしたいと思います。

人間関係を立体的に感じてみる

数学が嫌いな方は、聞き流して頂いて大丈夫ですが

昔、ベクトルって習いましたよね?

シンプルに言うと、向きと、方向と、強さみたいなものがあって

例えば、同じ100km/hr のスピードでも、上下、左右、東西南北、そんなxyz的な座標軸に
よって意味合いが変わってくる。

100km/hrを確か、スカラー量って言うんですよね。

そう、人間ってくくりであっても、その人のエネルギー量とか、向いてる方向によって
その人の価値感とか、優先順位が変わってきますよね。

これらの考えは、物事を客観視する、解りやすくするツールであって

その裏には、出来事を理解したいという思いがあるのではないでしょうか?

人間関係においても、それらを見える化する、解りやすくするファクター、要因、がありますので、それらのツールなどもご紹介していきますね。

感情や、行動から見る方法

感情で言いますと、凄く怒りっぽい人とか、悲観的な人、塞ぎ込みがちな人と

怒ったことを見たことがない人や、なんでも楽観的な人、前向きな人っていますよね。

そう、一つ目の要因は「感情」、感情的反応によって、人の行動パターン、価値基準が決まってきます。

感情的側面からみる、二つのファクター

なにか、感情が刺激される、されそうな出来事に出くわすと、人は、その感情に流されていくか、感情から逃げ出そうとする傾向があります。

例えば、犬がこわい人達がいたとします。(犬の例え多いですが^^;)

ある人は、その怖さから、怯えて動けなくなってしまう人もいますし
ある人は、怖さの元となる犬に怒りを感じて、犬を威嚇する人もいます

一方では

本当は、怖いのですが、怖くないふり、強がる人もいますし
頭が真っ白になって、パニックになってしまう人もいます。

前者はどちらかと言うと、感情に流される方々、後者はどちらかと言うと感情から逃げる、蓋をしてしまう傾向がある方々です。

これは、どれが良い悪いという話では無くて、単なる感情的反応のパターンとして、現れる

そう理解するのが自然なのかもしれません。

行動的側面から見る二つのファクター

次は、行動面です。

行動面は、自立的な態度、一人で大丈夫的な態度を取りがちな方々と
依存的な態度、誰かに頼りがちな、一人では何もできないと思いがちな態度として現れます。

自立的な方々は、主体的な行動を取りやすく。

さっきの犬の話ですと、怖くないふりをして強がってみたり、犬に対して威嚇する、攻撃すると言った、外側に向いていく傾向が強いと思います。

依存的な方々は、受動的な行動を取りやすく、犬にほえられたら、頭が真っ白になってしまったり、怖さに打ちひしがれて、動けなくなってしまうような、内側に向いていく傾向が強いと思います。

人間関係のマトリックスという考え方

作家の本田健さん夫妻が、カナダ人セラピストのクリストファームーンさんから、教わった人間関係のモデルが、前述の 感情と、行動のパターンからくる、人の関係性の分析方法で

本田健さんは、それを「人間関係のマトリックス」として、御自身の著作や、セミナーで解説されています。
公式ページはこちら

先ほどご説明させていただいた 感情から逃げ出す傾向、遠ざかる傾向のある方々を、世間一般で使うニュアンスとは、若干異なりますが、ここでは「ポジティヴ」と表現されていて

感情に流される、浸って行く傾向のある方々を、ここでは「ネガティヴ」と定義されています。

人間関係のストレス、対立の原因とメカニズム

人間関係のストレスは、結局は、理解されない、理解できない、分かりあえないという思い込みから来るのが殆どです。

その理解されない、理解できないという状況に置いては、相手は、自分の対極にいる、対極にいるように見えるという法則があります。

例えば、先の人間関係のマトリックスを例にとると

自分が、ポジティヴで、自立的な状態にいる時、ストレスを感じやすいのは、相手が対極の場所

ネガティヴで依存的な状態に居るように見えるとき、対立している、されている、理解されていない、理解できないと感じる傾向が強いです。

仕事の現場で起こりがちな事

コントロールや管理が厳しい上司、先輩との付き合い方

ここで記事にした内容は、典型的な、価値観の対立、人間関係のマトリックスで言うところの
ネガティヴ自立と、ポジティヴ依存の対立の一例です。

ストレスや対立が解決されていくプロセスには

混乱→ 個々の理解→ 相互理解

こんな3段階のステップがあって。

人間関係を複雑に感じている、ストレスを感じている状態は「混乱」している傾向があって

ストレスを感じず、上手く廻っている感じがする時は、相互理解、お互いの事を理解している
傾向が強いです。

学生の時は、お互いを良く理解している友人達、気が合う仲間と一緒に居られる傾向が強いので
ストレスがなかったり、対立せずにいられる傾向がありますが

社会人になると、途端に、様々な人たちと、様々な関係が現れる事になる。

だから、仕事の現場、会社の現場では、対立や、ストレスを感じやすいのだと思います。

長くなってしまったので今回は、ここまでにして、次回は、才能についてのファクターや、役割、ステージと言った側面で、解説していきますね。

ただ、全てにおいての共通点としては、マインドの側面でもあるのですが

「どうありたいか?」という自分の思いや、目的ですね。

理解しあいたい、理解し合う、理解し合える

そんな人の根本的な思いに素直になっていく、そう、目的をシンプルにしていくと
人間関係のストレスは、なくなります。

そんなことも感じながら、今回の、感情と、行動の側面の考え方を、活用してみてください。

人気の記事

  1. 話のかみ合わない上司、部下とのコミュニケーションの取り方... 3,614ビュー
  2. 遅刻と残業の面白い相関性とその対策... 2,014ビュー
  3. 報告や相談が苦手な人の為の、ホウレンソウのコツ... 1,543ビュー
  4. 会社や上司の方針に疑問を感じた場合の対処法... 1,215ビュー
  5. 質問上手になるという事。質問力の磨き方。... 1,129ビュー
  6. コントロールや管理が厳しい上司、先輩との付き合い方... 1,128ビュー
  7. 職場の人間関係を改善する一番大切な考え方... 847ビュー
  8. 伸びる人材と、伸びない人材。これからの社会人の学び方について、考えてみ... 589ビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です