社長になった自分が感じる、仕事を辞めるタイミング。仕事を辞めたほうが良い時の判断基準。

  
仕事を辞める

大学時代の就職活動の際ですとか、仕事を探す、働きだす事については、様々なサポートがあって。

仕事を探す方法、見つける方法、働きだす方法は、比較的学びやすいですが

仕事を辞める方法や、辞め方について、サポートを受けたり、学ぶ機会は中々ないですよね。

管理職や、社長時代もそうですし、今も、社会人の方々のコーチングをさせて頂いていると、良く、「仕事を辞めたい」「転職したい」という相談を受けます。

仕事を辞める事を相談したい方々も世の中には沢山いらして

そんな時「辞めて大丈夫だよ」「転職して大丈夫だよ!」と胸を張って伝えられるケースと「考え直したほうが良いよ」と伝えるケースがありまして。

前者のケースは、仕事を辞める、転職する事で、その方が明らかに活躍できる、更にイキイキするのが明らかなケース。

後者のケースは仕事を辞めても、転職しても、大きく変わらない、変化がないと感じるケースで。

もちろん、どちらのケースでも、仕事を辞める事、転職する事は自由で、悪い事ではないのですが、後者の方には、仕事を辞めたい理由、転職したい理由を更に掘り下げて、色々聞かせていただくケースが多いです。

その結果、仕事を辞めず、今の職場で活躍されてる方々も沢山居ますし、新たな視点で仕事と向き合う、あらためて転職を決断される方も居ます。

今回は、そんな経験をベースに、仕事を辞めるタイミングや、判断基準について、お伝えしていきます。

仕事を辞めたい理由、仕事を辞めるタイミング

こちらの、リクナビさんの記事を引用させていただくと、仕事を辞めたい理由の本音ランキングは以下だそうです。(ちなみに、辞めたい理由の建前ランキングも載っています。)

1位:上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった(23%)
2位:労働時間・環境が不満だった(14%)
3位:同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった(13%)
4位:給与が低かった(12%)
5位:仕事内容が面白くなかった(9%)
6位:社長がワンマンだった(7%)
7位:社風が合わなかった(6%)
7位:会社の経営方針・経営状況が変化した(6%)
7位:キャリアアップしたかった(6%)
10位:昇進・評価が不満だった(4%)

リクナビネクスト 転職理由と退職理由の本音ランキングBest10 より引用

こんな感覚で、仕事を辞めている、転職されているケースがあるんですね。

このランキングを眺めていても、先の、二つの感覚。

「辞めて大丈夫だよ」「転職して大丈夫だよ!」と胸を張って伝えられる感覚

「考え直したほうが良いよ」と伝えたくなる感覚

がありますね、

これについて、具体的に解説していきます。

大まかな所での仕事を辞める二つの理由。

自分の器

大きなところで分けますと、仕事を辞めたくなる理由は、二つに分けられます。

一つは、①自分の器が大きくなって、今の職場や環境のキャパに合わなくなった。

もう一つは、②自分の承認欲求や、安全性を侵害されていると感じる ケースです。

これも詳しく解説します。

二つの理由の違いと、結果の違い

①自分の器が大きくなって、今の職場や環境のキャパに合わなくなった。

簡単なイメージでいうと、自分のやれること、出来る事が拡がって、今の環境と合わなくなるケースですね。

サッカーなどで、上のカテゴリーのチームに抜擢されていく、別のレベルやランクの違うチームに移っていく感覚が近いですね。

こういった方々は、比較的円満退社しやすいといか。応援されながら退職するケースが多いと感じます。

私もセッションをしていて、相談されると、自然と、「良いね、応援するよ!」って感じになります。

(この辺りの考察や、掘り下げは、こちらの記事でもまとめているので、ご興味ある方、後で読んでみてください。転職について真面目に考えてみる

②自分の承認欲求や、安全性を侵害されていると感じる

これは、マズローの欲求5段解説で説明すると解りやすいです。

マズローの欲求5段階説

人の欲求や、思いに関しては、5つの段階が有って、上からそれぞれ

5.自己実現の欲求 
4.承認(尊重)の欲求 
3.社会的欲求 / 所属と愛の欲求 
2.安全の欲求 
1.生理的欲求 

となっています。

その中で、5は「存在欲求」 4~1を「欠乏欲求」とも言います。

先のアンケートの理由の1位「上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった」

これを例にとってみますと。

自己実現の欲求が満たされている方=自分らしく活躍する方法が分かっている方

は、恐らく「気に入らなかった」という感覚よりも、「合わなくなった」という感覚ですかね。

自分に自覚や、自信、確信が既にあるので、あまり「不満」は湧いてこないで、確信的に行動、選択します

一方、「欠乏欲求」を満たしたい方々の場合、以下の様な、感覚や、思いを抱えてらっしゃるかと感じます。

それぞれの欲求

これは、良い悪いの話ではないですが

「欠乏欲求」が満たされていない、満たされていない事に気が付いていない方々は、それを自覚するか、それを感じる根本的な理由に気が付くまで、同じ不満を持ち続けます。

この不満を抱えて仕事を辞めた場合、転職した場合、同じことを繰り返す可能性もあります。

これについても、詳しく説明しますね。(先の、マズローの話は、こちらでも解説しています。遅刻や欠勤。会社に行きたくない、無意識の声と向き合う方法

自分を活かすステージと、自分を見つけるステージの違い

自分探し

仕事をする、働くという事の側面には「自分を活かす」という面と、「自分を見つける」という側面があると思います。

学校の部活動なんかの感覚で言うと「自分の得意で向いている、スポーツや活動を見つける」ステージと、「得意な事、才能で活躍する、挑戦する」ステージですね。

甲子園で優勝するチームのメンバーなんかは、後者のイメージですね。甲子園で優勝した経験のあるピッチャーが「自分の向いてる仕事が分からない。自分の才能が分からない」って言ってたら面白いですよね。

みなさんは、今、御自身をどの様に感じますか?

自分が何者か理解していますか? それとも自分を探している段階ですか?

自分を見つけている状態の行動、心理

自分を見失っている人、見つけていない人は、傾向論としては、不安を感じやすい部分があります。

実際、この記事を読んでくださってる方々で「自分を見つけている」と感じている人の段階は

3.「社会的欲求」を満足させたい、満たしたい
4.「承認(尊重)の欲求」を満足させたい

このどちらかかと思います。

補足として、1と2が満たされていない状態を説明しますと。

これは、価値認識や、思い込みも絡んできますが。

1.2.が満たされていない状態の場合は、ある意味、自分を見つける余裕や自分を思い出す余裕がない。パニックになりやすい感覚もあります。

「価値認識や、思い込み」という意味では、家が裕福であったり、お金に不自由しない人は、別に、仕事が無くても自分は安全であると感じている人もいるでしょうし、ホームレスの人でも、ホームレスライフをエンジョイしている方々もいらっしゃいますからね。

ただ、世の中の、今のマジョリティ、大半の人は「仕事が無い」と言う事は、怖い事、恐ろしい事、安全でないと感じられる傾向が有って。

その場合 安全を確保する事 > 自分を見つける事、見出す事

となります。

これ、実は、仕事を辞めるのが怖い方、躊躇する方々の中には、この「安全の欲求が侵害される」「安全の欲求が満たされなくなる事」を不安視、怖がってる方々も居ます。

自分を活かしている状態の行動、心理

貢献

「自分を活かしている」ステージ。自分を活かしていると感じる方は、恐らく、5の「自己実現の欲求」が満たされているステージにあるか、それを満たす為に、自然と行動しようとしている方々だと思います。

そういう状態の方々は、不安が無くて。

顔や言葉が晴れやかで。

そういった、言葉や態度に自信のある方、確信のある方は、見ているとこちらも気持ちが良いというか、それを自然に感じられて。

オリンピックやスポーツの世界でも、近年は、そういった方々が活躍されてますよね。

将棋なんかもそうですね、藤井聡太さんなんか、将棋をステータス確保や、自己顕示欲で行っているのでなくて、単純に楽しいから、好きだからやっている感じですよね。

実際、仕事や、ビジネスの世界でも、圧倒的に結果を出す方々は、このステージで仕事をしている方々が多いです。

仕事を辞める、見つける為のポイント、判断基準

仕事を探す

さて、本題を進めて行きます。

これまでの解説で、仕事を辞める方々の二つの理由と、その背景。

「自分を活かす、存在欲求を満たすために仕事を辞める」
「自分を見つける、承認欲求を満たすために仕事を辞める」

ケースがある事が、理解できたかと思います。

それを踏まえた上での、仕事を辞める、見つける為のポイント、判断基準を説明していきますね。

ポイント1.自分の状況とステージを自覚する

一つ目のポイントは、自分の状況やステージをしっかり自覚する事です。

ここ誤解されやすいので補足しておくと、自分の状況やステージが何処にあっても、問題はないですし。

これも、良い悪いの話ではないです。

ただ、ポイントとしては、自分が何処にいるか、どの状況にあるのかを正しく把握する事は、次の選択を行う上で、とても大切になります。

ポイント2.行きたい環境、次のステージを正しく把握する。

二つ目のポイントは、自分の行きたい環境、次のステージを正しく把握する事です。

迷子になってる子供をイメージしてみましょう。

駅で泣きじゃくってる子供は、安全が損なわれている状態と言えますが、自分が今どこに居て、何処に行きたいか明確な迷子はサポートしやすいですよね。

自分の居場所が分かっていても、次の目的地が自覚できていないと、不満や感情をぶちまけるだけで、変化はありません。

お勧めの仕事を辞める理由と判断基準

私自身も仕事を辞める、転職を経験していますし、転職された方々の、仕事を辞める前、辞めようとしている最中う、辞めた後の経過について、色々なケースを目にしてきました。

その中で、私のお勧めの仕事を辞める理由とタイミングは二つあります。

一つは「次のステージに呼ばれた時と、呼ばれるタイミング」

もう一つは「どうしても、次のステージに行きたい衝動が抑えられない時」

です。

これは、具体例を含めて、説明していきます。

仕事を辞める、見つける為の具体的なステップ

ステップ

次のステージに呼ばれる、進みたい衝動が抑えられないケースを、順を追って説明していきますね。

まずは、イメージと感覚を掴むために、1.生理的欲求、2.安全の欲求のステージから説明していきます。

生理的欲求が満たされ、安全のステージへ誘われる例

シンプルな例えとしては、山で迷子になって、おなかを空かせている子供をイメージしてください。

遭難して、動く力もなくなっていたら、完全に生理的な欲求が満たされず、生命の危機です。

ここで、その子供を見つけた場合、見つけた方も遭難していなければ、食料を分けてあげたり、水を与えてあげたり、相手の安全確保、「生理的な欲求が満たされていない状態」に対して、保護やサポートを申し入れると思います。

そして、子供も食料を与えられたら、よほど衰弱していない限り、その保護を本能的に受け入れると思います。

生命の危機、生理的欲求が満たされないケースは、本能的な部分と繫がっているので、そこから抜け出したい衝動や、そんな相手を見たとき、サポートしたくなる思いもパワフルです。

これは、別のステージでも同じ事が言えますが、誘いというか、呼びかけは、満たされている人から与えられます。

余談ですが、聖書で有名な「放蕩息子の帰還」なんかも、この法則を解説していると思います。

父の財産を分けてもらった二人の兄弟の弟。遊びつくして、散在して、奴隷に落とされて帰還した弟に、最高のもてなしをする父親。そんな弟を見て、不満を漏らす兄。

聖書は色んな解釈ができるから寓話として面白いので好きなのですが。

父は十分に在るという世界に生きているので、息子の帰還を喜び、再び、息子に与える。

兄は、十分に無いという世界を生きているので、再び分け与えられる弟に不満を漏らす。

安全の欲求が満たされ、社会的欲求を満たすステージに誘われる例

社会的欲求/所属の欲求は、遭難した子供の例が解りやすいですね。

遭難から救助された子供は、両親の基に帰りたいって思いますよね。

先の放蕩息子の話は、豚の世話をして、豚の餌を食べて、死の淵をさまようのですが、父の基に帰りたいと思い立って、家に帰る選択をして。

ブラック企業と呼ばれがちな会社や、そこで働く人たちがそこから抜けるタイミングも、このステージを抜ける感覚と似ているケースがありますね。

なんとか仕事で生計は立てているけど、人との繫がりを感じられなかったり、喜び会う仲間としての関係が築けていなかったり。

そんな時、それを実現している会社や、そこに所属している人に出会ったら、まぶしく感じるでしょうし。もうここには居たくない!という強い衝動が生まれるかもしれません。

また、先の例と同じように「ここから抜けたい」という強い意志を感じた場合、それを手助けしたいと感じる人は必ず居るでしょう。

卵が先か、鶏が先かではないですが、このように、次のステージに進むタイミングでは

「次のステージに呼ばれる」

「どうしても、次のステージに行きたい衝動が抑えられなくなる」

事が起るのが、なんとなく理解できたのではないでしょうか?

それでは

3.「社会的欲求」を満足させたい、満たしたい
4.「承認(尊重)の欲求」を満足させたい

方向けに、具体的なステップをお伝えします。

社会的欲求が満たされていない自覚が有って、次のステージに進みたいケース

決断

ここからはより具体的に解説していきます。

基本は、先の 1.自分の状況を自覚する → 2.次のステージを把握するです。

実際、自分の状況や、感じている事を自覚出来ている事は、素晴らしい事だと思います。

これは、本音とコネクトできていると言う事でもあって。

放蕩息子の本音は「家に帰りたい」「社会的に安心できる場所に帰属したい」でしたが、これを誤魔化している状態。

「豚の餌でも生きていられれば良いだろ!」「どの面して家に帰れるって言うんだ!」って感じで、やさぐれていると

1.自分の状況:安全の欲求が満たされていない場所 → 2.目的地:現状維持、社会的欲求が満たされない場所

となって、次のステージに進む事はないです。

もしそこに「家に帰ったら」という誘い、アドバイスがあっても、受け入れる事はないでしょう。

① ステップ1 ここに居たら起こる、怖い出来事、不安な出来事を書き出す。

まずはこれです。現状に不満がある、ここを抜けたい、仕事を辞めたいと感じるのであれば、その理由があるはずです。

その理由を掘り下げて行く、向き合っていく。

実際、自分は、どんな未来を予測しているのか、不安を感じているのか、恐れているのか、思いつく限り、全て書き出してみましょう。

これ、恐らく、殆どの方、やりたくないというか、抵抗があると思います

何でこんな事しなくてはいけないのか? 意味があるのか? と感じると思います。

これ、何の抵抗かというと「安全の欲求が満たされない状態を思い出す」事への抵抗です。

なので、まずは無理しないで大丈夫です。

基本、ステップ1とステップ2は繰り返し見て行くと効果的なので、抵抗が強い方は無理せず、次に進んでください。

② ステップ2 進みたい世界、理想の世界を感じる、書き出してみる。

選択

怖い世界だけでなくて、理想の世界、行ってみたい世界、楽しい世界も感じてみましょう。

こんな仕事してみたい、こんな環境が良いな、こんな人と働きたい。色々、書き出してみてください。

書き辛い方、イメージし辛い方は、まずは以下を埋めてみてください。思考を使いすぎず、直感で書いてしまうのが良いと思います。

  • 理想の勤務地(例:東京銀座、東京六本木、家の近所、などなど。)
  • 通勤時間(例:徒歩5分、ドアツードアで30分以内)
  • 従業員数(1000人以上、100人くらい、10人くらい等)
  • 職種(営業、事務、総務、人事etc)
  • 始業時間(9時始業、フレックスタイム、フルフレックスetc)
  • 上司の人柄(放任主義、面倒見が良い、仕事ができる、仕事ができないetc)
  • 同僚の人柄(人懐っこい、干渉しない、優しい、クールetc)
  • 部下の人柄(素直、我が強い、我が無いetc)
  • 年収(現状維持、800万円、2000万円、フルコミットetc)
  • 仕事時間(フレックス、在宅勤務、9時5時定時、好きなだけ残業できるetc)
  • その他なんでも(創業100年、ベンチャー企業、オンリーワンがあるetc)

個人的なお勧めは、求人サイトを覗いてみたり、登録してみたり。転職サイトに登録してみて、オファーを待ってみたり。

世の中に実際有る仕事や、会社を眺めつつ、イメージを膨らませて行きましょう。

これも、ある意味、次のステージからの誘いの一種です。

そう、今のステージでは、今のステージの想像力でしか、世界が見えないので、予期せぬ世界や、予期せぬ展開を感じる事は難しいです。

外部に触れる事で、自分の想像の世界を超えて行く、想像の限界や、制限を外してしまいましょう。

③ ステップ3 ステップ1とステップ2を繰り返す。

何回か、ステップ1とステップ2を繰り返してみてください。

自分の行きたい世界を感じて行くと、それに対して今の環境がどういった所かの理解が深まります。

もしくは、最初感じた時は、意識出来ていなかった、不安や恐れが浮き彫りになっているケースもあります。

そしてそれを感じてみると、又、自分の選択し合い未来が拡がる可能性があります。

これを何度か繰り返してみて下さい。

④ ステップ4 自己実現の欲求を感じてみる。本当の自分の思いを感じてみる。

希望

このステップ1、ステップ2を繰り返して行く効果として

「自分が何者か見えてきます」

この深い欲求というか、止まらない思いや、感覚、衝動があなたの「存在欲求:自己実現の欲求」です。

この欲求はとてもパワフルなので、「どうしても、次のステージに行きたい衝動が抑えられなくなる」
事があります。

この衝動がクリアになった時、クリアになった瞬間が、次の選択のタイミングで。

その結果として、今の仕事をしている場合ではない、今の職場に居る場合ではないと感じた瞬間が、仕事を辞めるベストタイミングです。

4.「承認(尊重)の欲求」が満たされていない自覚が有って、次のステージに進みたいケース

種あかしをしますと、このケースで向き合うステップは、先のステップ1~ステップ4と一緒です。

もっと言ってしまうと、マズローの説で言う1~4のステージで向き合うステップは基本、先の1~4です。

1~2は、怖さがよりリアルというか、現実に感じやすいから、不安が多くて。怖い現実や、本当の自分で無い自分が現実と思い込みやすい世界です。

3~4になっていくと、怖さが離れて行って、不安はなくなる感じがしますが、自分の価値観や、信じる世界としての、不安や、恐れはそのまま残っているケースがあります。

自分の執着に意識を向ける。

幻

実際のところ、ある段階、あるステージの執着を手放して行けば、人は、自然なタイミングと自然な流れで、本来ある場所に誘われて行きます。

それは、昆虫が、幼虫から成虫になるにつれて住む場所や活動する場所が変わっていく。

鮭が、川から海に向かって、又生まれた川に帰ってくる。

渡り鳥が、何万kmも旅をする。

この感覚に近いのだと思います。

衝動や、誘いを大切にする、判断基準にしている理由もこれに近くて。

沢山の人と面接していると、感じる瞬間があります。

「あ、この人、ウチで働いてもらう人だ」「この人はウチで働く人じゃない」という、不思議な直感が。

みなさんもこんな経験ありませんか?

「あ、この人と付き合うんだろうな~」

「あ、この仕事は上手く行くな~」

「あ、この人とは縁があるな~」

って感じた瞬間が。

この直感や、感覚を拒むもの、否定するものが「不安や恐れ」であり「執着」であり。

多分この文章を読んで、直感的に「なんかそんな気がする」と言う人もいれば「そんなの絶対ありえない」と感じる人が居るかもしれません。

案外、その怖さは、執着を手放す怖さ「自分の直感や心の声に従う怖さ」「今まで培った価値観や、理論」を手放す怖さ「自分の本質、存在を手放しで受け入れる怖さ」かもしれません。

1~4の「欠乏欲求」と5の「存在欲求」の壁は、案外、こんなところかもしれませんね^^;

それでは、最後、まとめて行きましょう。

「まとめ」仕事を辞めるタイミング。仕事を辞めたほうが良い時の判断基準。

相談

それでは、最後、纏めます。

  1. 「仕事を辞めたい」と感じたときは、その理由を感じてみて、「存在欲求:自分を活かしたい衝動」から仕事を辞めたいのか、「欠乏欲求:自分を見失っていて、自分を取り戻したい」から仕事を辞めたいのか、しっかり感じてみましょう。
  2. 「欠乏欲求:自分を見失っていて、自分を取り戻したい」事が理由である場合、先のステップ1~4を繰り返して、自分の「存在欲求:自分を活かしたい衝動」自分は本来何者で、何をしたい存在なのか、感じてみましょう。
  3. それを感じたうえで、今の会社や職場、部署での可能性と向き合ってみましょう。

実際、仕事を辞めたいっておっしゃられる方との、コーチングやセッションで行う事も、この流れです。

自分が何者か明らかで、「存在欲求:自分を活かしたい衝動」を持ってる方は、もう決めているので「頑張ってね、応援するよ」としか言えません^^

自分の欲求が言語出来ていなかったり、認識できていないケースで、客観的に見てくれる方のサポートを受ける事はとても有効です。

そういったセッションの結果、実は今の会社で凄く自分を活かせていて、引っかかっている、もやもやしている理由は、「そんな本質的な自分を自分が受け入れられていないから」「本質的な自分で、今の会社で周りとコミュニケーションを取っていないから」というケースも沢山あります。

この、わだかまりが抜けて、自分で自分を尊重しだすと、今の会社で、新たな部署からのオファーや、あらなたポジションのオファー、誘いが起る事も少なくないです。

自分もそんなタイプだなと感じる方は、良かったら試に、こちらの質問掲示板で、自由に聞いてみてください。

掲示板でQ&Aを載せられると、みなさんのケーススタディにもなるので、ご協力いただけると嬉しいです^^

結構、せっぱつまっていて、直接色々聞きたい方は、お問い合わせください、個別でセッションさせていただきます。

個人的には、仕事辞めたいと感じている方は、今後や、先のステップ1~4の実践の為に、転職エージェントに登録したり、相談しにいくのも、全然在りですし、お勧めです。

その場合は、複数のエージェントに登録して、色々聞いてみると良いと思います。

医者のセカンドオピニオンを聞く感じですね。色々な意見を聞いて、自分に適したものを自分で選ぶ。

結論としては、あなたのその「仕事辞めたい」と感じるその感覚は、なんらかのシグナルである事は、間違いないので、その感覚を是非、大切にしてあげて下さい^^

質問募集中

仕事の悩みや、相談、アドバイス等々

何でも聞いていただいて大丈夫なので、ご質問下さい^^

使い方や、質問投稿ページは

画像をクリック。

質問掲示板

人気の記事

  1. 遅刻と残業の面白い相関性とその対策... 5,162ビュー
  2. 話のかみ合わない上司、部下とのコミュニケーションの取り方... 4,983ビュー
  3. 報告や相談が苦手な人の為の、ホウレンソウのコツ... 4,008ビュー
  4. 質問ができない心理。質問下手、質問が苦手な人に知っておいて欲しい事... 3,651ビュー
  5. 質問上手になるという事。質問力の磨き方。... 2,466ビュー
  6. 会社や上司の方針に疑問を感じた場合の対処法... 1,910ビュー
  7. コントロールや管理が厳しい上司、先輩との付き合い方... 1,767ビュー
  8. 報連相(報告 連絡 相談)が苦手な人、できない人の原因と処方箋... 1,711ビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です