仕事時間が半減する質問方法の技術。

  
質問上手

仕事で予想外に時間を費やされるのは、打ち合わせや、商談といった、人との会話の時間ではないでしょうか?

何故それに時間がかかるかと言うとお互い必要な質問をして、必要な回答を得られていないからです。

実は、人は、相手のタイプや、状況において、答やすい質問、して欲しい質問。

また、その逆に、欲しい答え、して欲しい答えというのが存在します。

これがかみ合っていないと、同じことを何度も聞いたり、聞いても聞いても的を射ない、もやもやするやり取りが続きます。

今回は、仕事の現場で実践、経験した、食い違いう事例なども交えつつ。

効率的に質問する方法を、解説したいと思います。

行動と感情に根差した、人の4つのタイプ。

実践し易いように、シンプルに、人のタイプを分けると、こんな感じに分類できます。

  行動的 保守的
感情が軽い

明るく、行動的
前向きでポジティヴ
明るい話題が好き

楽観的、暖かい印象
つかみどころがなく
抜けている
あたりさわりの無い話が好き

感情が重い 冷たい、キツイ印象
管理や、チェックが厳しい
現実的、具体的な話が好き
暗い、静かな印象
気持ちや、感性を大切にする
心情や、気持ちに関する話が好き

基本、全部の感覚を人は持っているのですが、会社や、職場の場面においては、役割が固定化される傾向があるので、案外、どこかのポジションに固定化されているケースが多く見られます。

身近な人をイメージしてみましょう。

いつも、細かい事をチェックしてきて、説教が長いタイプの人は、左下のタイプです。

反対に、なにを聞いても曖昧で、具体的に答えられず、はっきりしない方は右上のタイプ。

明るく前向き、とりあえずやってみよう!的に、身体が先なタイプは左上。

色々失敗する可能性や、マイナス点をいつまでも穿り返すのが好きなタイプは右下です。

案外、これで、タイプ分け出来るのに、気が付きませんか?

説教が長い上司が居て、いつも延々と怒られ続けるのは、左下の上司と、右上の部下の組み合わせです。

そう、具体的な事が知りたい上司に、具体的な事を表現するのが苦手な部下が接するので、延々と、問答が続くのです。

コントロールや管理が厳しい上司、先輩との付き合い方

心理面含めた、内容は、こちらで記事にしているので、ご興味ある方、ご参考に。

相手のタイプ別、お勧めの質問

それを踏まえた、職場における、タイプ別、お勧めの質問はこんな感じです。

  行動的 保守的
感情が軽い

未来に関する質問
ビジョンやイメージを聞く
武勇伝や、成功事例
相手がワクワクする質問をする。

相手の好きな事とか
楽しい事を聞く。
世間話的な話を聞く。
決定や、決断をこちらに
委ねさせる質問をする。

感情が重い 現実に関する質問
数字や時間を混ぜて
具体的に聞く
データや情報に関して
相手が知ってそうな
質問をする。
過去に関する質問
注意点や問題点に関する
質問をする。
相手の気持ちや、感情を
慮(おもんばか)る
質問をする。

 

上下、左右くらいの質問であれば、許容範囲というか、感情的に成熟されてない、方々でも比較的、普通に答えてくれる傾向があります。

ですが、対角線上の質問ですね。これをする時には、注意が必要と言うか。
対角線の感覚は 行動⇔保守 感情が 重い⇔軽い といった、反対側の感覚なので、対角線は、ちょうど、真逆になります。

いつもイライラしていて、怒りっぽい学校の先生や、上司をイメージして
「〇〇さん、休みの日は、何をしてるんですか?」みたいな質問をした場合、楽しそうに、喜んで答えるイメージが出来ますか???

これに答えやすいのは、やっぱり右上の人タイプですね。

前向きで、明るい感じの上司は、ネガティヴな可能性を聞かれるのが、苦手です。

「こうなったらどうしましょうか?」
「失敗したらどうしましょうか?」

まずは、とにかくやってみよう! って答えが返ってくる感じがしますよね^^;

これは、初対面の相手であったり、新人研修の時に「何か質問ないですか?」と聞かれた時などに、聞くと有効な、質問となりやすいです。丸ます研修を事例に、実例を挙げてみましょう。

各タイプ別、質問例

感情が重い、行動タイプ

厳しい、きっちりしている、左下の研修講師には、数値を中心にした質問が良いです。

「この工場のこの機械の稼働率は、月平均何%くらいですか?」
「新人の5年退社率は何%くらいですか?」
「今期のこの部署の売り上げ目標は、幾らくらいですか?」
「現在の全社の有給消化率は何%くらいですか?」

こういった質問に答えられそうなのが、左下にタイプです。

ポイントは、なんとなく、現実的で鋭い質問が出来ると、一目置かれます。

感情が軽い、行動タイプ

感情が軽い、行動タイプは、未来志向や、成功体験に関する感じの質問が良いです。

「今、若い社員に期待されている事はなんですか?」
「〇〇さんが、若手社員の時に実践されて、上手く行った事例は何がありますか?」
「〇〇さんが社長だったら、今、どの事業に一番力を注がれますか?」
「どうやったら、〇〇さんみたいな、考え方が身につきますか?」

最後は少し、大げさですが、こんな感じで行動を意識しつつ、相手の行動の結果や成果を聞く質問や、ビジョンや、今後につながる、質問が有効です。

すこし「やるな!」って感じの、面白めの、ひねった質問なんかが出来ると、ポイント高いです。

感情が軽い、保守タイプ

このタイプは、あまり研修講師とかに選ばれないのも特徴ですが。

もし、講師をやられてたら、解りやすいタイプでもあります。悪い意味ではないのですが、言ってることが良くわからない(笑)

なので、こういった方には、逆にあまり質問をしないというか、緊張させない、ゆるい感じを醸し出す質問が有効です。

「内容とは全く関係ない質問をしても良いですか? 〇〇さんの趣味はなんですか?」
「ここの工場長ってどんな人ですか?(※:このタイプ、ゴシップに案外強いです)」
「研修所近くにお勧めの飲み屋さんはありますか?」
「ここだけの話、本社で気を付けたほうが良い先輩や、上司の方はいますか?」

案外、人間関係や、仕事のゆる~い楽しみ方を心得ている方々が多いので、こんな感じで、ゆる~い感じに、情報を色々聞いてあげるのがポイントです。

面白い人、ゆるい人、敵愾心がない事を示す事が、このタイプに対するポイントです。

感情が重い、保守タイプ

このタイプもあまり、研修講師ではいないですが。

居たとすると、案外、感情が重い、行動タイプの方と見分けるのが難しいかもしれません。

講師をするのが、行動的でもあるので。

見分けるポイントは、心配性で、自己反省的な雰囲気ですね。こういった方々には、感情を交えた質問をすると、良いかと思います。

「先輩方が凄すぎて、圧倒されていて、社会人として自信がないんですが、どうしたら良いでしょうか?」
「配属が決まるまで、不安で仕方ないんですが、どうしたら良いでしょうか?」
「〇〇さんの研修時代、辛かった事など、お聞かせいただいてのよろしいでしょうか?」
「新人社員として、何か、気を付けた方が良い事はありますか?」

これは、この右下の方々は、あまり積極的に話すのが得意ではないので、同じ領域に入っていって、下を取るというか、こちらが動けない、動きずらいという、ポジションを取ると、比較的動き出すというか、動きやすくなる傾向があります。

そう、自分の領域の事は、人は、結構話しやすいんですね。

なので、仲間意識というか、わかるわかると言った感じで、共感や、同情を誘えると良い感じです。

自分のポジションと、自分の良くする質問、質問の癖も自覚する。

ここまで見てきた中で。

きっと、御自身が、いつもしている質問や、いつも取ってる態度にも気づかれたのではないかと思います。

そう、御自身が、いつも同じポジションから、同じ質問を繰り返していると、相手との間での関係性がパターン化されて。結果、お互いが分かりあえないコミュニケーションが生まれ、時間が浪費されていきます。

これは、上司、部下、関係なく言えることで。

これを変えて行くには、自分の質問の方法や、態度を、変えて行く事が有効です。

ただ、この対角線の部分は、自分の苦手な部分でもあるので。

苦手な領域の質問をするのには、少し、トレーニングが必要かもしれません。

まずは、入門編としては

① 相手の態度の領域を意識する。

② 自分の態度の領域を意識する。

それを意識して、自分の目的の沿った質問を行う様心がけてみる。

これだけでも、大分違うはずです。

実践編では、もう少し具体的な場面や、具体的な対処法を交えて、解説したいと思います。

以下の記事も、参考にしてみてください。

質問上手になるという事。質問力の磨き方。

質問ができない心理。質問下手、質問が苦手な人に知っておいて欲しい事

質問リスト

質問が苦手な方向けに、仕事で使える質問リストを作りました。こちらもご参考に。

質問募集中

仕事の悩みや、相談、アドバイス等々

何でも聞いていただいて大丈夫なので、ご質問下さい^^

使い方や、質問投稿ページは

画像をクリック。

質問掲示板

人気の記事

  1. 遅刻と残業の面白い相関性とその対策... 5,145ビュー
  2. 話のかみ合わない上司、部下とのコミュニケーションの取り方... 4,977ビュー
  3. 報告や相談が苦手な人の為の、ホウレンソウのコツ... 3,998ビュー
  4. 質問ができない心理。質問下手、質問が苦手な人に知っておいて欲しい事... 3,630ビュー
  5. 質問上手になるという事。質問力の磨き方。... 2,460ビュー
  6. 会社や上司の方針に疑問を感じた場合の対処法... 1,906ビュー
  7. コントロールや管理が厳しい上司、先輩との付き合い方... 1,760ビュー
  8. 報連相(報告 連絡 相談)が苦手な人、できない人の原因と処方箋... 1,694ビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です