社長と話す機会が有ったら使ってみたい、社長に刺さる質問リスト

  
社長に対する質問

新社会人の思い出として、社長との会食が有ったのですが、正直、何を聞いて良いか分からなくて困りました。

今は経営者向けのコンサルやコーチングをしているので、ある意味当たり前のように質問をしていますが。

それは、社長と言う経験があったので、何を聞かれたいかとか、何を聞くと相手の気付きを促せるかとか、肌感覚で分かっているからでもあって。

社長への質問って何を聞いたら良いか、困る事でもありますよね。

実際のところは、社長になる方は基本器が大きいので、新人は何を聞いても大丈夫なので、安心して頂いて大丈夫ですが

今回は、そんな若いころの自分にアドバイスではないですが、新入社員や、若手がこんな質問したら社長は驚くだろうなという、そんな質問リストをお届けします。

リスト中のタイプ分けはこちらの記事や、以下を参考にしてください。

仕事時間が半減する質問方法の技術。質問上手になるための裏ワザ 入門編

それぞれのタイプの得意な質問。

質問タイプ

新人の時に一番お世話になった方はどんな方でしたか?

typeA typeB typeC typeD

結構、社長の年代、良い年代になってくると、新人の頃を振り返る機会は少なくなってきます。

初心忘れるべからずではないですが、若い社会人時代に経営者が経験した事は、今の経営や、仕事の方針の軸になっている事が多いです。

なので、社長の原点を確認するうえで、良い質問だと思います。

それと、感謝を思い出すと人は優しくなる傾向があるので、最初の方にアイスブレク的に、こんな質問をしてみても良いと思います。

新人の頃から変わらず大切にしている事はなんですか?

typeA typeB typeC typeD

相手の変わらず大切にしていることは、相手の軸やポリシーである可能性が高いです。

それは、今の会社の経営にも反映されているはずです。

誰かが大切にし続けている事は、自分にとっても、大切にする価値がある事かもしれません。

これも、聞かれないと、自分ではなかなか、自分に聞かない質問、意識しない質問なので、聞かれた側は考えさせられます。

これを聞いておくと、社内でなにか迷った時や、揉めた時、話がかみ合わない時、その場の立ち返る軸として、使う事もできます。

社長がお考えの、この会社の一番の財産は何ですか?

typeA typeB typeC typeD

これは個性がでそうな質問ですね。

そして、パレートの法則ではないですが、20:80の、20がその会社の原動力になっている可能性が高い中、その社長が考える、20 コアな部分に切り込む質問です。

恐らくこの質問の答えが土台となって、その上に、色々なモノが積み重なって、会社が出来ています。

その土台を知っておく、そして、それを直接社長がに聞いてみるのは良いチャンスです。

ただ、この手の質問は「きみはどう思うか?」「あなたはどう思うか?」とカウンターの質問が来る可能性もあるので、聞く前に、自分の考えを整理しておくと、より良いと思います。

経営理念はいつ思いつかれたのですか?

typeA typeB typeC typeD

これは、創業社長向けの質問ではありますが、経営理念がしっかり作り込まれている会社は強い会社で。

経営理念には、かなり、経営者の思いが込められています。

経営者になるとその重要性があたりまえの様に理解できるのですが、若い時はなかなか、そこまで頭が回らないケースが多いので、これを、若い社会人の方に聞かれると、ちょっと「おっ!」って思いますね^^

それを作った時期は、創業の楽しくも苦しい時期であった可能性もあるので、そんなエピソードを話してもらう、呼び水としても、良い質問だと思います。

〇〇はお客さんに喜ばれています。あれが誕生した時の会社はどんな雰囲気でしたか?

typeA typeC 

前半は、なんでも良いのですが、その会社を代表したり、人気が有った、好評だった、サービスや、商品などを当てはめて聞いてみてください。

この質問、結構、喜ばれる質問で、やはり、何か会社にとっても嬉しかった出来事や、世間に認知される商品やサービスについて聞かれることや、その時期に話をするのは、経営者の方も楽しいようです。

これは、聞く側のセンスも問われる質問で、ある程度勉強していないと聞けないケースもあるので、その辺もプチPRできるかもしれません^^

社長は、若い時に〇〇をされたと聞いています。その当時は、どんなお気持ちでしたか?

typeA typeC typeD

結構過去を振り返らない、気にしないタイプの社長には、向かない質問かもしれませんが^^;

これも、先の質問と似ていて、ある程度、予習、予備知識が必要な質問ではあります。

前半には、何か転機になるような出来事ですね。それを聞いてみると良いです。

例えば、「海外支社を初めて立ち上げた」みたいなエピソードですね。

この辺は、自分も海外で働いてみたいのですが、何を心がけていれば良いですか?的に。自分の希望をからめられると、これもちゃっかりPRの良い機会にもなります^^

開発系を究めたい方は、開発系の質問。人事系なら人事系と、自分につながるエピソードとからめられると賢いですね^^

売上や利益以外で社長が大切にされている指標はございますか?

typeA typeB typeC typeD

会社で売り上げや利益を意識するのは、ある種、当たり前でもあって。

それ以外のどの部分の社長が意識を向けているか、確認する、意識してもらうのに良い質問です。

これは、管理職クラスになると主体的に考える内容でもあるので、なかなか聞けませんし、聞きません。

若い時代の方が聞きやすい質問ですし、聞かれる方も、少し考えさせられる質問なので、良い質問だと思います。

他社は〇〇をしていますが、我が社で行わない理由は何かありますか?

typeC typeD

これはデリケートというか、聞く側にもそれなりの下調べや確信が必要な質問ですが。

競合や近い会社が行ってるサービスとか、システムと比較して、自分が自社で行うと確信的に改善や、良くなると思える事を、真剣に質問してみると良いと思います。

自分の業務上、日頃感じている事や、確信的な気付きを思い切って聞いてみる感じですね。

私はこの質問は、革新とか変革に対する相手の反応やリスク許容度を確認するために聞いてみたりしますね。

これが、相手もナルホドと感じるレベルで聞けるキャラになれると、相手との関係性は強固になって行きます。

島耕作なんか、そんなキャラですね(笑)

飲み会についてどう思いますか?

typeA typeB

これも呼び水的な質問。そして、前半はなんでも良いです。

あえて「飲み会」にしたのは、個人的に、飲み会って、会社にはある種便利で、役に立つコミュニケーション手段だと思っていて。

今の私が感じる事ではありますが、若い時に社長と飲める機会があるのであれば、積極的に参加したいという思いが有って。

なので、あわよくば、社長と飲みに行ける機会を、ある程度定期的に持ちたい。

そんな期待を込めた質問です。

ただ、これは相手のタイプや好み、ノリで、ある程度のあたりを付けた方が良い質問ですね。

「飲み会」は、コミュニケーションや、人との関わりによる、情報収集、情報交換の重要性を伝えるメッセージでもあります。

これは、何か、自分に関連する業務や、テーマとからめて聞いてみると良いです。

「社員旅行」とか「社内研修」とか、「派遣社員」「業務委託」とか。

少しやらしいですが、上司との交渉のカードにもつかえますね。こんな社長とのやりとりは。

気難しいタイプ、typeCの方には、業務分担や、役割、立場を大切にするので、上司を飛び越える様な、ないがしろにするような感じの質問にならない様、気を付けたほうが良い質問でもあります。

何故このような機会を頂けているのでしょうか?

typeA typeB typeC typeD

これは社長面接や、社長との会食とか、社長からのお招きで面談、会合している時の質問ですね。

これは、社長の新人に対する気持を改めて言語化してもらうのに良い質問で。

これが聞けると、今後の自分の在り方の指標や参考にできる質問ですね。

〇〇が凄いと感じていて、日々感謝しています。ありがとうございます。

typeA typeD

質問ではない様に感じますが。暗に「こいつは、何を意図してるのだろう? 考えているのだろう?」と、形は質問ではないですが、実は問いかけているという、内容です。

〇〇は何でもよいですが、例えば、私が日本支社の支社長の時は「開発力と市場競争力」を伝えて、日本での活動が助かっている感謝を伝えたりしていました。

すると「日本は期待している市場だから、これからもよろしく」

的な答が返ってきて。これを、お客さんや社員に「うちの社長も日本市場には期待しています」って感じで伝言していました。

「管理職の方々が厳しくも丁寧に伝えてくれて助かってます」みたいな感じでも良いですね。

「彼らには私も期待している」→「社長が期待してるって言ってました」って伝言ゲームもありですね。

実際、思ってもないことを言うと、相手にはバレバレなので、これは、必ず、本心を伝えましょう。

社長に対する質問まとめ

これ全体にですが、私もまとめていて、気が付きました、「感謝」や「貢献」が軸の質問になっています。

何故かと言うと、社長、経営者は、意識が高いので、結構しっかりしている社長さんは、「怒り」とか「競争」ってステージからは既に抜けている方が多くて。

だから自分の、怒りとか、不満とか、感情的わだかまりが軸にある質問は、相手に響かない、刺さらない傾向があるので、自然と「感謝」や「貢献」がベースとなる質問になっていますね。

こちらも時間がある時、追記していくので、良かったら、ブックマークでもしておいてください。はてぶ→このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらで、別のシチュエーションや、別のケースの質問もまとめておくので

「明日から仕事で使える」プロコーチが伝授する、一味違う、質問リスト

質問リスト

もしよかったら、こちらもご確認ください。

質問募集中

仕事の悩みや、相談、アドバイス等々

何でも聞いていただいて大丈夫なので、ご質問下さい^^

使い方や、質問投稿ページは

画像をクリック。

ライン@実験中 

ライン@で色々やってますので、よろしかったら、友達申請お願いします^^
(1:1トークでも絡んでください^^)

質問掲示板 

人気の記事

  1. 遅刻と残業の面白い相関性とその対策... 8,725ビュー
  2. 質問ができない心理。質問下手、質問が苦手な人に知っておいて欲しい事... 8,074ビュー
  3. 報告や相談が苦手な人の為の、ホウレンソウのコツ... 6,325ビュー
  4. 話のかみ合わない上司、部下とのコミュニケーションの取り方... 6,029ビュー
  5. 報連相(報告 連絡 相談)が苦手な人、できない人の原因と処方箋... 4,807ビュー
  6. 質問上手になるという事。質問力の磨き方。... 3,293ビュー
  7. 孤立感を感じる時。会社や職場で孤独を感じたとき、思い出して欲しい事。... 2,867ビュー
  8. 会社や上司の方針に疑問を感じた場合の対処法... 2,295ビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です