何故そのプロジェクトは上手く行かないのか? 

  
チャンス

昔流行った「チーズはどこに行った?」と言う本。

山ほどのチーズを見つけたネズミが幸せ一杯でいたら
ある日チーズが無くなっていて。

「こんな事は起ってはならない」
「こんな事はありえない」

と憤慨して、今までの生活を取り戻そうとしたり
原因を考えたりと、動こうとしないネズミと。

現状に見切りをつけて、さっさと動き出す
ネズミの話で。

なんとなく、上手く行くプロジェクトと
上手く行かないプロジェクトにも
この話が当てはまると思います。

そう、何故か上手く行く仕事、プロジェクトと
何故か上手く行かない、進まないプロジェクトの違い。

実際、このプロジェクトは上手く行くな~って直感と
このプロジェクト上手く行かないな~って直感があって
それは、ほぼほぼ当たるのですが^^

そんな直感を言語化しつつ
プロジェクトをうまく進めるコツを
お伝えしたいと思います。

上手く行かないプロジェクトの特徴

上手く行かないプロジェクトは、上手く行かないオーラというか
上手く行かない雰囲気や匂いがプンプンしてるんですね。

以上!って言うと身も蓋もないので言語化しますと。

まず、そのプロジェクトのリーダーというか
責任者を見つけるんですね。

そして、そのプロジェクトリーダーの思いや
雰囲気、プロジェクトにかける思いや
関わり方を見れば、一目瞭然です。

上手く行かないプロジェクトのリーダー

上手く行かないプロジェクトのリーダーは

「この人と仕事をしたい!」

って感じられないんですね^^;

これも、感覚なので、言語化しますと。

「自分の為に仕事をしている」

という事が、あからさまな感じであって。

そう、上手く行く感覚、更に言うと
プロジェクトの目的自体が
その人個人的な目的に関している部分が強くて。

上手く行くプロジェクトとリーダーの特徴

上手く行くプロジェクトの特徴

上手く行くプロジェクトのリーダーは
目的や、目標が、みんなの為というか

不思議と

「この人と仕事をしたい。」
「応援したい、手伝いたい」

と思わせる雰囲気を感じさせてくれて。

そう、それが何故かと言うと、そう感じさせてくれる
目標やテーマが、そのプロジェクトにはあって。

ワンマン社長や、ブラック企業のプロジェクト

良く言われる、ワンマン社長。
ブラック企業と呼ばれてしまう会社の
プロジェクトの目的や目標は

どちらかというと、上層部や、社長の
独断と偏見でなりたっていて。

そして、その独断と偏見が
会社の利益だけであったり。

個人的なモノであると

人が集まらなかったり
疲弊して行ったり。

そして結局、そのプロジェクトや事業は
長続きしないという、結果を生み出して。

チーズはどこへ行ったのネズミの話。

冒頭のネズミの話。

無くなったチーズに執着してしまう姿は。

ある意味、自分の気持ちを慰める。
理不尽な思いや出来事を目の前にして
その原因究明に明け暮れる

個人的なプロジェクトの体をなしていて。

あまり、進まない、発展しないプロジェクトの
リーダーもそんな感じですね^^;

そのリーダーの個人的な思いを満足させることに
時間や、エネルギーを使われていると
本来の目的と言うか、個人的な枠を超えた

プロジェクトの目的にエネルギーが
割かれることがなくて。

上手く行くプロジェクトとは?

果たして、プロジェクトを上手く進めるとは
どういった事なのか?

上手く行くプロジェクトとは何なのか?
という事をはっきりさせておく必要が
ありますが。

そう、今回「上手く行くプロジェクト」として
定義しているのはそうですね

みんなで協力し合えて、みんなで喜び合って
成功できる。

そんなプロジェクトです。

反面、上手く行かないプロジェクトと言うのは

協力し合えず、対立が絶えない、そして結果も
得られない。

そんなプロジェクトです。

ここが実は、結構、肝というか。

目標設定でもお話しましたが。

目標達成の癖に気が付くと世界が変わる。目標を立てるのに忘れがちな事。

その目標、プロジェクトにおける、思いの部分ですね。

どんな思いで、そのプロジェクトを行うか?

そこを、しっかり確認しておく、意識しておくことが
実は、とても大切であって。

そう、実は、プロジェクトが上手く行く、行かないの違いは
それを知っている、知っていないの違いとも言えて。

プロジェクトを上手く進められる人

= みんなで協力し合えて、みんなで喜び合って
仕事を成功できる事を知っている。

プロジェクトを上手く進められない人

= それを知らない、経験が無い人。

とも言えて。

プロジェクトを上手く進めるコツ。

ある種、当たり前の事や、それが出来れば苦労しない的な
話にも聞こえるかもしれませんが^^;

スタートというか、ポイントは本当ここで。

思いと、考え、行動を一致させていくこと。

これが本当、大切であって。

シンプルにいうと、それをブレずに行って

そして、それに賛同してくれる仲間が集まれば

殆どのプロジェクトは必ず上手く行きます。

仲間が集まらないのは、そのプロジェクトの思いが
あまりにも個人的になっているか

先の通り、協力して達成する思いが無い。
もしくは、協力してやりたい思いが
折れてしまっている時です。

思いを維持するコツ。

本来、維持する必要が無いというか。

本当にやりたいプロジェクト、実現したいプロジェクトは
当人や、リーダーがやりたくて、実現したくて仕方ない。
実現して当たり前と感じているプロジェクトでもあるので。

そもそも維持する必要もないのですが^^;

若手社員、新入社員、そして、協力し合ってプロジェクトを
立ち上げた経験、実現した経験がないと

心が折れてしまう事も、無きにしろあらずで。

その時の為と言うか、そんな事が仮に起こった場合。

励ましてくれたり、応援してくれる仲間の存在は
とても心強くて。

なので、上司でも、部下でも、同僚でも、お客さんでも

どこでも良いので、そのプロジェクトを心から応援してくれる。

賛同して、協力してくれる仲間、信頼できる仲間を
一人でも良いので、見つける事です。

これ、そもそも論で、一人も見つからない
プロジェクトは、プロジェクトの設計や
思いの部分で、どこかズレている事があります。

けど、それでも、根気よく、ブラッシュアップしていき
一人でも仲間が見つかれば。

プロジェクトの成功確率は、各段に上がります。

新人に特にお勧めしたい、プロジェクトを成功させる方法。

新人に特にお勧めしたいのは

「自分が信頼できるリーダーが居て。
 心からやりたいと感じるプロジェクトに積極的に参加する」

事です。

自分でプロジェクトを立ち上げなくても。同じ思いのプロジェクト
に参加する。

そう、先の、熱い思いを持った人の仲間になる。
同じ思いを見つめ合う、パートナーになる。

これを強く、お勧めします。

そう、プロジェクトを上手く進められない人は
上手く行くプロジェクトを経験した事が
無い人とも言えるので。

まずは、どんな形でも良いので
自分が情熱を燃やせるプロジェクトに
参加する。

これがとても大切です。

そう、実は、自分が、熱い思い出、プロジェクトを進める事は
同じ経験を仲間や、周りと共有できる、素敵な機会でも
あるのです。

実際、学生生活を通じて、そんな経験を積んだ方は
そこまで多くないのではと感じます。

なので、仕事の場を、そんな場所として、そんな経験を
積む場として使うというのは、新人さんに
是非、経験して欲しい事です。

会社でこんなプロジェクトを立ち上げたいけど
誰にも相談できないって方は、是非、質問掲示板や
メッセージで問い合わせしてください^^

そんな熱い思いを持った方々を応援するのが
このサイト、このプロジェクトの目的なので^^

質問募集中

仕事の悩みや、相談、アドバイス等々

何でも聞いていただいて大丈夫なので、ご質問下さい^^

使い方や、質問投稿ページは

画像をクリック。

人気の記事

  1. 話のかみ合わない上司、部下とのコミュニケーションの取り方... 4,609ビュー
  2. 遅刻と残業の面白い相関性とその対策... 4,055ビュー
  3. 報告や相談が苦手な人の為の、ホウレンソウのコツ... 3,237ビュー
  4. 質問上手になるという事。質問力の磨き方。... 2,069ビュー
  5. 質問ができない心理。質問下手、質問が苦手な人に知っておいて欲しい事... 1,998ビュー
  6. 会社や上司の方針に疑問を感じた場合の対処法... 1,677ビュー
  7. コントロールや管理が厳しい上司、先輩との付き合い方... 1,547ビュー
  8. 職場の人間関係を改善する一番大切な考え方... 1,019ビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です