複雑に見える人間関係をタイプ分けして客観視する方法 その②

  

複雑に見える人間関係をタイプ分けして客観視する方法 その①

こちらの続きです。

相手のタイプを見極めるファクターとして「感情」と「行動/態度」の側面の切り口を前回お伝えしました。

今回は、その続きです。

物事の捉え方、「感覚」的ファクター

まずは、物事の捉え方「感覚」的なファクターについて、お話します。

その前に、みなさん、この画像、ご覧になられたことありますか?

(出典:ProcreoFlashDesign Laboratory

右回転? 左回転?

私は、右回転に見えますが、時間をおいたり、見方のコツをつかむと、どちらの回転にも、見えてきます。

これ、右回転=時計回りに見える方は、右脳派、右脳優位で
左回転に見える方は、左脳派、左脳優位という説があるそうで?
(信憑性や、根拠は不明ですが)

前回の「感情」や「行動/態度」もそうですし

この右回転に見えるか、左回転にみえるか?もそうなのですが。

これらは、どちらが、良い悪いでは無くて、実際は、両方あるんですね。

そう、右利きと左利きのようなもので、両手があって、利き腕がある

使いやすいものがあったり、中には、両方使うのが得意な人もいて。

そう、どちらでも良い、両方ある。

今回のテーマでお伝えしている内容の受け止め方としては、こんな感じで捉えると
良いかと思います。

直感的(俯瞰的)に捉えるか、五感的(詳細的)に捉えるか

ちなみに、右脳、左脳の機能としては、こんな違いがあるそうです。

左脳の機能 右脳の機能
論理 直感
詳細指向 鳥瞰指向
現在と過去 現在と未来
言葉と言語 シンボルとイメージ
安全志向 冒険指向
数学と科学 哲学と宗教
戦略の構築 可能性の探求

 

遅刻と残業の面白い相関性とその対策

ここでもお伝えしましたが、長嶋さんタイプと、イチロータイプの違いですかね

前者が、直感タイプ

後者が、五感的タイプ

例えて言うと、地面すれすれで飛ぶ飛行機と、上空を飛んでいる飛行機の違いですかね?

すれすれの飛行機は、地上の状態が良く見えるんですね、細かいところに目が届く。

だから具体的な説明とか、状況を伝えるのが得意な反面、全体像、俯瞰した見方が苦手で。

上空の飛行機は、全体が良く見えている。

全体図が、なんとなく解っているので、全体の方向性として、こっちが正しいとか、良い感じだとか
ざっくりと全体を捉えるのが得意な反面、細かいところに、目が行かない^^;

会社で上司への報告で

直感的な方は、ざっくりとした全体像と、結論、要はどういう事なのかを聞きたがり

五感的な方は、細部、細かいところも、気にする、気に掛けられるという傾向があります。

これ、自分がどちらのタイプか?

そして周り。上司や部下、同僚がどういったタイプか把握していると、ストレスが減ってきます。

自分が感覚タイプで、感覚的な全体像を知りたい時は、そういった説明や、能力に長けている人に確認するか、あらかじめ、感覚的なところを知りたいと、つたえてから、コミュニケーションを取れると、お互い、スムーズです。

あとは、何か新しい事を始めるときに、詳細や詳しい事をを知りたい時、直感派の人に聞くと、欲しい答えが返ってこなかったりしますよね^^;

そう、相手と自分の得意な感覚タイプを理解しておくと、分かりあえなかった時のストレスは軽減されますし、それを補うために、どういったコミュニケーションが必要か、見えてきます。

外向的か内向的か

これも、世間一般的な、外向/内向的な 感覚と少し異なるところもありますが。

イメージで言うと、人と関わりながら物事を形にして行くのが得意か?
一人で考えて形にするのが得意か?

これももちろん、両方の感覚が私たちの中にありますが。

組織を率いて、チーム単位で仕事をするのが得意なのが、外向タイプ

個人ベースで出来る様にする、シンプル、単純化していくのが得意なのが、内向タイプとも言えますね^^

すばらしいシェフやスタッフを集めて、オンリーワン的な、お店をつくるのが得意なのが、前者
それを、誰にでも出来る様にしていく、フランチャイズ化していくのが得意なのが、後者ですね。

飲み会とかが好きな上司は、どちらかというと、外向的ですね

そう、飲み会と言う場を使って、それぞれの特徴を把握したり、新しい発想や、アイデアを周りに投げかけながら、形にしていく。

会議とか報告をシステム化して、簡便化していくのは、どちらかというと、後者のタイプですね。

ウェルスダイナミクスとプロファイルという考え方

こちらは、香港出身で、イギリスのケンブリッジで学びながら起業し、アメリカや、日本、アジア各地で、出版、セミナーコンサルティング活動を行っている、ロジャーハミルトン氏考案の ウェルスダイナミクスという理論ですが。

引用:日本適性力学協会公式サイト

 前述の、直感/五感 軸と 外向/内向 の優位性から、人は、8つのプロファイルに分類する事が可能で。

それぞれのプロファイルに適した、成功の法則があるというのが、氏の一つの考え方です。

プロファイルの詳細についてご興味ある方は、リンクをご参照いただければと思いますが

前述の長嶋さんは「スター」プロファイルに分類されていると言われていて、イチローは「アキュームレーター」(収集者)ではないかと言われています。

他には有名人で言うと、松岡修造さんは「サポーター」人に関わる代表格みたいなイメージですよね^^

アップルのスティーヴジョブズは「クリエーター」映画でもありましたが、納期に容赦がないのは、細かい所、時間的な感覚に頭が回らないのかなとか感じましたが^^;

自分に適した先生や、師匠、チームメンバーを感じて行く。

この感覚が腑に落ちてくるとですね

特に、自分が何者なのか、どういった特性を持っているか自覚が出来てきて、周りの人に目が行くようになってくるとと、価値観のギャップが許せるようになったり、理解がスムーズになってきたりします。

これ、案外、無意識と言うか、なんとなく、感覚的に、相手がどんなタイプかって、人は、感じているのだと思います。(松岡修造さんをみて、内向的な人って思わないですよね^^;)

で、これは、又、次回、詳細をお話しようと思いますが、人は、この無意識で感じる感覚や、自分から出てくる自然な感覚に、逆らう事は難しくて^^;

当たり前に、自然に出て来ることを受け入れて、それを活用しているか、していないか?

そんな違いで、仕事に対する成果や、周りに対する、関係性、人間関係のストレスは変わってきます。

結局、ストレスは、自分を活かせていない、それを理解してもらえない、理解できない時に生まれてくるものだと感じています。

なので、自分の特性と、相手の特性を生かし合って、尊重し合って、同じ目的に進めている時、人は、ストレスを感じず、お互い、協力して、色々な事を形にしていけるのだと思います。

自分とタイプが似ている人を先生としたり、師と仰ぐと、自分のその特性が磨かれていきます。

また、自分と特性が違う人を、チームのメンバーやパートナーに選ぶと、お互いが補完し合えて、今までにない結果を生み出す事もできます。

これも、どちらが良い悪ではなくて、目の前の状況に対して、自分が何を選択したいか、意図したいか?

そんな自分の選択でもありますね。

これは、個人的な感覚ですが、どうも世の中は、個人主義的な対立の時代から、個を活かしつつ、協力し合う時代にシフトしている感じがしています。

学校、学生生活もそんな感じでしたね、この才能や能力を重んじられる世界であったのが、だんだん、社会と言う、共同体にステージを変えて行く中で、新しい自分の在り方や、選択を求められていく。

次回は、そんなステージの話、それぞれの状態の話をしたいと思います。

人気の記事

  1. 話のかみ合わない上司、部下とのコミュニケーションの取り方... 3,611ビュー
  2. 遅刻と残業の面白い相関性とその対策... 2,012ビュー
  3. 報告や相談が苦手な人の為の、ホウレンソウのコツ... 1,541ビュー
  4. 会社や上司の方針に疑問を感じた場合の対処法... 1,215ビュー
  5. 質問上手になるという事。質問力の磨き方。... 1,129ビュー
  6. コントロールや管理が厳しい上司、先輩との付き合い方... 1,128ビュー
  7. 職場の人間関係を改善する一番大切な考え方... 847ビュー
  8. 伸びる人材と、伸びない人材。これからの社会人の学び方について、考えてみ... 589ビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です