のび太をプロデュース 会社や職場で伸び悩む方々への四次元ポケット

  

タイトル若干ぱくりですが(笑)

昨日の記事で

会社や職場で孤立し続ける人に知っておいて欲しい事

のび太君が、学校や会社で活躍するのって難しいかなって感じまして^^;

のび太君の幸せを考えた場合、彼にはどんな幸せな道があるか?どんな関わり方が出来るかな?と感じまして^^;

コンサル、コーチ目線で、のび太君をプロデュースするとしたら、どんな関わり方が出来るか?

そんな事を考えてみました^^

もし のび太君が社会人になったら。

これ、結構面白そうというか^^

ドラマになりそうですよね^^

これ、ある意味ひとつの、のび太君の才能かもしれませんね^^;

なんか周りが放っておけなくなるというか、気になるというか^^;

一応設定としては、アニメのあの感じで、成長して、社会人になって

そんなのび太君の今後を憂いた? セワシ君(これ、今気付きましたが、世話をするから、セワシ君なんですかね???)やドラえもんの心境で、考えてみたいと思います。

社会人になった のび太君

社会人になった のび太君を想像してみましょう

実際は、分かりませんが、アニメの延長で想像しますと、のび太君の社会人イメージは

  • 会社に毎日遅刻していく
  • タイムカードを押し忘れたり、社員証を家に忘れて入れない
  • 朝から上司に一時間説教されるのが日課
  • 会社で一人でお昼ご飯を食べている
  • その時かかってきた電話に出て、トラブルに巻き込まれる
  • しずかちゃん的ポジションの女性社員に心配される
  • 午後からまた説教でスタート
  • やる事が無くてボーっとしてしまう
  • と思ったら突発的なトラブルに巻き込まれる
  • そのトラブルの責任や、原因を押し付けられる
  • その結果、残業する羽目になる
  • みんなが帰った後も、一人黙々と残業をする
  • 終電で家にかえるも、鍵を会社に忘れて家に入れない
  • しずかちゃん的ポジションの女子社員に泣きついて助けてもらう

こんな感じですかね???

基本、世間一般の社会人と比較すると、やっぱり駄目な感じですよね^^;

さて、こんなのび太君をどんな感じでプロデュースして行きましょうか???

のび太君を分析してみる

のび太君の特徴① 器がでかい?

のび太君を客観的に分析してみるというか、どんな特性があるかな~っと感じてみると

まず、一つ目が、結構、おおざっぱというか、細かいところに気が廻らないというか、気にしないというか

結構器が大きいのかもしれませんね

入館証とか、家の鍵とか、忘れても気にならないというか、気にする余裕がないというか、なんとなくですが、瞬間瞬間と言うか、その瞬間を生きている

過去や未来に囚われず、その瞬間をただただ、生きている、そんな印象もありますね。

のび太君の特徴② 基本素直で優しい

それと、説教や、人の意見を聞いてられる、聞いてあげられる、優しさというか、大らかさというか

毎日でも、上司の説教を聞いてあげられる、優しさ? 良い悪いを超えて、相手の望みを、従順に受け止めてあげられる優しさがあって。

相手の要求とか、望む事にとことん、付き合ってあげられる、優しさと言うか、素直さと言うか、これもある種の器の大きさかもしれませんね。

だから、顧客の電話にも、なんとか、誠心誠意答えようとしてしまうし、残業もコツコツこなしてしまう。

そんな優しさと素直さも彼の素敵なところかもしれません。

のび太君の特徴③ どこか憎めない、ほっとけない何かがある

結構、どの会社にも、しずかちゃんみたいな人と言うか

誰にでも優しいというか、分け隔てなく、相手を見てあげられる。差別や偏見を持たないで、相手に接する事が出来る人が居て。

そういう人って、何故か不思議と、のび太君を放っておけないというか、母性本能をくすぐる感じなんですかね?

この人は一人にしておけない的な

何かそんな、人を気に掛けさせる、人を引き付ける魅力があって。

これは、多分、②の優しさとか、純粋さ、素直さと言った、裏表無い感覚が、人の本能というか、本質的な純粋さと共鳴して、そういった人を引き寄せるのかもしれないですね

コンサル目線での のび太君の活かし方

こんな視点で見て行くと、のび太君は、どちらかというと、従業員気質というか、誰かの指示や、会社の規則、ルールを守って、会社に従うというよりも

その自由さや、大らかさ、素直さ、純粋さといった、感性や、発想力を活かして、管理職や、経営層、経営者といった、全体を俯瞰したり、仲間やメンバーを活かすポジションが向いてると思うんですね。

あとは、秘密道具を活かしたり、こういった道具ないかな~ってドラえもんに聞いたり、提案したりできるスキルと能力ですね。

この辺を活かして、今までにない、新しいプロジェクトやビジネスプランを生み出す職種や、新製品開発部門で働いてもらうのが良いかなって感じますね^^

そう、大前提、既存の型に嵌らない、周りと同じことをすることには向いてないタイプだと思います。

なので、サポーターの様な、周りやみんなを鼓舞する、応援するようなポジション、そこで、こんな事がしたい!こんなのがあると良いね、こんな事ができたら面白いね~って叫んでるだけで良いという^^;

そんなポジションや職場で仕事をするのが良いと思います。

そう、結構リーダーシップというか、ドラえもんの映画とかでもそうですけど、どこかの冒険の旅を提案するのは、いつものび太君であって、そして、ドラえもんから、上手く道具を引き出して、それを使って、いろいろな事に使って、トラブルを起こすのものび太君で^^

アイデアに溢れるモチベーターというか、人を共感させる、巻き込むことが出来るのが、彼の才能でもあって。

こんなところを活かしつつ、彼を、プロデュースするのが良いかと感じます。

具体的にどうするか?

さて、のび太君の才能や適性が見えてきたところで、具体的にどうするかですね^^;

実際問題としては、一番大切なのは、のび太君個人の、情熱や、やる気、意気込みではあるので^^;

ここでは、のび太君が

「ドラえも~ん、僕が活躍で来て、みんなの役に立てる仕事や職場を教えて~」

と泣きついて来た体、そんな前提で話を進めて行きますが^^;

のび太君は、恐らくと言うか、今の時代、世の中では、普通の就職活動というか、転職活動をしていたのでは、なかなか、その人材としての価値をPRして、望む職場に就職するのは、少し難しいと思うんですね^^;

何故かと言うと、職歴的な部分や、職務実績的、そして性格的に、履歴書や、面接で、自分の良さをPRするのは難しいと思われるからです^^;

となると、どうするかというと、これは 人脈に頼るのが、一番良さそうな気がしますね

そう、恐らく、しずかちゃん的な人であったり

のび太の人柄や、人格に惹かれて居る人は、恐らく沢山居るであろうことが想像できるので

そんな人の力を借りながら、彼を受け入れてくれる会社を探していくのが良いかなと感じます。

のび太君と相性の良い、会社や、社長をイメージしてみる

あとは、適性というか、相性というか

大会社は辞めておいた方が良いかもしれませんね

なんとなく、システム的というか、モラルと言うか、伝統的な会社は、どうしても、古い習慣や、ルールを重んじる傾向が有るので、彼の資質とは、相性が悪い可能性があります。

多分100人以下くらいの会社ですかね?

まだ、新し目の、これから伸びて行くような、四季で言うと、春とか、夏のエネルギーのある会社。

種を蒔いて、目が出て、それを育む時期の会社ですね。

この時期は、根気よく、周りを鼓舞して、その成長を見守る人材が結構、活躍しやすいので

そんな時期や、タイミングの会社を選ぶと、相性が良いと思います。

社長の気質もそんな感じですね

保守的と言うよりは、どちらかと言うと、新しい事や、新しい事業で、社会貢献を好むような。

ここもポイントですね、気質の一致というか

のび太君の純粋性というか、素直さに呼応する感じの、純粋な興味や、好奇心で会社を運営している様な

そんな気質のある社長の会社と、彼は相性が良さそうです。

しずかちゃん的な人って、なんとなく、身内とか、知り合いにそんな会社の経営者と、つながりがありそうな気がするのは、私の、勝手な、思い込みでしょうか???^^;

会社員以外の選択肢、可能性

あとは、何でしょうね?

あやとりとか、射撃の腕を活かせば、なんか、youtuberとかもやれそうですしね^^

結構、探究心とか、凝る部分もあるので

相性の良い、大学教授とかに見いだされれば、何かの研究員とかも向いてそうなんですけどね^^

結構、人の悩みを聞いたり、励ましたりもしてるので、コーチとか、セラピスト的な仕事も向いてるかもしれません。

結局のところ

結局のところというか

「活躍出来て、みんなの役に立てる仕事」

というのを意識した場合、自分の才能や資質を活かす

というのが、答えでもあるんですね^^;

そう、それ以外の方法や、場所で、活躍するのは、結局、のび太君であっても、他の人でも、難しい事でもあって。

のび太君は、幸か不幸か 出来る事とできない事がはっきりしているので、そっちの道に進まない限り、活躍できる場所を見つけるのは難しくもあって^^;

会社や職場で伸び悩む方々への四次元ポケット

今回の話は、全て、私の妄想であって^^;

これは、本当のところは、のび太君とがっちり話し合ってみないと全く分からない事で

更に言うと、先にも述べましたが、のび太君が望まない限り、拡がって行かない世界でもあって

逆説的に言うと、実際のところは、今、のび太君が望んでいる世界が現実で広がっている

とも、言える部分で合って

なので、そうですね、もし、今の現状を変えたい、変化させたいと思っているのであれば

自分の望む世界を明確にする

ことが、大切であって

コンサルとか、コーチとか、カウンセラーなんかもそうですが、私たちがやれることは、実はとても限られていて。

それは、相手の方が望む世界。そしてそれに共鳴して、自分に観えてくる世界以外を共有する事ができなくて。

会社や職場で伸び悩む方々にお伝えできる事としては

自分の四次元ポケットに手を入れてみる事ですね

結構、無意識に、透明マントとか、石ころ帽子とか、ヒラリマントとかetc、etc

同じ道具を出し続けていて、別の道具を選ぶのを忘れているのかもしれません^^;

若しくは、もしもボックスで、そんな世界を体験しているだけなのかも^^

もしも○○な世界だったら

この○○な部分を明確にして^^

それに合った秘密道具で、人生を楽しんで見るのが、今の人生に変化をもたらす、一歩かもしれません^^

人気の記事

  1. 話のかみ合わない上司、部下とのコミュニケーションの取り方... 3,614ビュー
  2. 遅刻と残業の面白い相関性とその対策... 2,014ビュー
  3. 報告や相談が苦手な人の為の、ホウレンソウのコツ... 1,543ビュー
  4. 会社や上司の方針に疑問を感じた場合の対処法... 1,215ビュー
  5. 質問上手になるという事。質問力の磨き方。... 1,130ビュー
  6. コントロールや管理が厳しい上司、先輩との付き合い方... 1,128ビュー
  7. 職場の人間関係を改善する一番大切な考え方... 847ビュー
  8. 伸びる人材と、伸びない人材。これからの社会人の学び方について、考えてみ... 589ビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です