情熱を開放して、仕事と人生を輝かせる3つのコツ②

  

前回の続きです。

情熱を開放して、仕事と人生を輝かせる3つのコツ①

コツの二つ目ですね、感じた情熱の手掛かりを活かす次のステップです。

2.その情熱を表現してみる、伝えてみる

シンプルではありますが、次のステップは、1.で感じた情熱を再び表現してみる、伝えてみる事です。

自分は、これが好きなんだ、楽しいんだ!

そんな情熱を素直に、伝えてみる、表現してみるのが大切です。

これ、言うのに、結構、勇気が必要だったりします。

特に勇気が必要の無い人は、すでに、それを、何らかの形で、表現できているのかもしれません。

ここに、勇気が必要という事は、なんらかの理由で、それを表現する事を避けてきた。

表現したことで、過去に、痛い思いをしているのかもしれません。

そう、人は、無意識に、逃避行動にでる傾向があって。

自分から意識的に、意図的に、行動を起こさないと、ついつい、楽な方向、痛みをさける行動を取りがちです。

なので、自分の情熱を表現してみる、伝えてみる事で、あらたな、気付きや、世界が広がっていきやすくなります、。

情熱を伝えるメリット

そう、メリットと言える側面もあるのです。

自分の好きな事、情熱の在る事を、人に伝えると、必ずそれを応援してくれる人が現れます。

走るのが苦手だけれど、泳ぐのが得意な人が居て。

自分は走るのが苦手なので、その機会を与えないでくださいとつたえれば、その機会を避けれるかもしれませんが、泳ぐ機会を得るのに、時間がかかるかもしれません。

ですが、泳ぐのが得意と伝えていれば、その場所の、たどり着く可能性が高まっていきます。

3.才能や仕事と掛け合わせてみる

3つめのステップは、自分の才能や仕事と掛け合わせてみる事です。

例えば、人とコミュニケーションを取るのが好きで、語学が好きだった場合

その語学を活かして、マニュアルを翻訳するよりは、人と会って、積極的に会話をしてみるなど、そういった使い方をすることで、情熱と才能の掛け算から、それが、あなたの輝きとなってきます。

新しい事が大好きで、自分の仕事が営業であれば、新規顧客の訪問を重点的にやってみるとか、新製品の紹介をメインにやってみる等

そんな感じで、自分の情熱と才能をかけあわせたり、仕事に生かせるようになると、自然とそれが、あなたにしか生み出せない価値になって行ったり、さらに、自分の才能や、スキルを磨いていく事になります。

新しい事が大好きなのに、ルート営業で同じ製品ばかり販売していたら、情熱を認識したり、積極的に、なにか行動を起こすのは、難しくなっていきますよね。

そんな場合は、改めて、前のステップに戻り、しっかり自分の情熱を伝えてみる、表現することを思い出すことで、環境が変わっていく事もありますし。

それを思い出す事で、自分の中に、新しい行動のヒントや、アイデアが湧いてくることもあります。

情熱は、全ての活動の原動力となります。

是非、情熱を意識して、日々の活動を楽しんでみてください。

 

人気の記事

  1. 話のかみ合わない上司、部下とのコミュニケーションの取り方... 3,611ビュー
  2. 遅刻と残業の面白い相関性とその対策... 2,012ビュー
  3. 報告や相談が苦手な人の為の、ホウレンソウのコツ... 1,541ビュー
  4. 会社や上司の方針に疑問を感じた場合の対処法... 1,215ビュー
  5. 質問上手になるという事。質問力の磨き方。... 1,129ビュー
  6. コントロールや管理が厳しい上司、先輩との付き合い方... 1,128ビュー
  7. 職場の人間関係を改善する一番大切な考え方... 847ビュー
  8. 伸びる人材と、伸びない人材。これからの社会人の学び方について、考えてみ... 589ビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です