会社や、職場の人間関係をスムーズにする「ノリ」についての考察

  

「ノリ」ってありますよね?

個人の「ノリ」であったり、会社の「ノリ」であったり。

もっと大きく言うと、国の「ノリ」みたいなものもあって^^

ワールドカップとか見てますと、結構、国毎の「ノリ」って顕著で
ロッカールームを綺麗にして帰る、日本チームの「ノリ」なんかも
記憶に新しいところで^^

今回は、この「ノリ」について、考察しつつ、この「ノリ」をヒントに
人間関係をスムーズにする方法について、考察していきたいと思います。

ノリの要素

ノリが合う、ノリが合わない。

って言葉を使うときに、何を感じているか?

これは、在り方のベースというか、若干、本能的な、先天的な気質に根差している部分も有りますが

在り方のパターンですね。

学校の部活で言うと、新聞部と野球部のノリ違いますし
将棋部と吹奏楽部のノリも、恐らく違うと感じますよね。

そう、こんな感じで、ノリの違いは自然に感じるものでもあって。

ノリの3分類

これは、海外、日本、色々な会社とお付き合いした実体験からくる感覚でもありますが
様々な方々に出会ったり、沢山の本を読んだりした経験からくる感覚としては

ノリは 「知性(思考)」「感情(感性)」「運動(行動)」

の3分類から、成り立っているな~と実感しています。

ノリの優位性

そして、このノリには、個人個人、優位性があって

良く使う、慣れている、安心して使えるノリと

そこそこ使うノリ

そして、使いづらい、苦手なノリ

がそれぞれあって。

それによって、個人個人の、在り方、ノリのベースが決まっていきます。

運動部のノリ、文化部のノリ

先の部活の例えで言うと

野球部などの、運動部に所属する人たちは「運動(行動)」のノリに慣れ親しんでる
人が多いのだと思います。

そう、練習にしろ、試合にしろ、行動、運動の部分が、大部分を占めますよね^^

これが、ダンス部とかになると、同じく、行動、運動の部分も必要ですが
感情、感性の部分も必要となってくる。

将棋部だと、「知性(思考)」の部分が優位な印象ありますよね^^

自分のノリ、優位性

所属する団体、コミュニティのノリが、なんとなく分かったところで、自分のノリ、優位性ですね。

これの見極め方は、そんなに難しくなくて。

これは、咄嗟の反応と言うか、何か、刺激が有った場合の自分の反応によって、見極める事が出来ます。

例えば、誰がが上司に怒られていて、怒鳴り声が聞こえてきたとき
自分が、どんな反応するかを、想像してみてください。

「あ~きっと○○さんが、こういった事をして、それで課長が怒鳴っているんだな~」
と冷静に、出来事を思考的に分析する傾向のある方は 知性(思考)型です。

「あんな言い方をして、○○さんも可哀そうに」「あんなに怒鳴りたくなるくらい課長も辛いんだな」
とそれぞれの感情、気持ち慮る感じに反応する方は、感情(感性)型

「お、何が起こってるんだ!」と目線がそっちに向いたり、実際近くまで見に行ってしまう
野次馬的に、駆け寄ってしまう方は、運動(行動)型です。

会社のノリ、職場のノリ

会社や、部署のノリも、なんとなく、感じられますよね^^

これは、業種や、職種による、感覚、エネルギーから、推測できますが

身近な、部署のノリから見て行きましょう。

部署のノリと人間関係

部署のノリは、大体、そのグループのリーダー、上長のノリが踏襲されます。

例えば、営業部で、各、課のノリを比較してみると、同じ、営業の仕事でも
課によって、ノリや、雰囲気は、異なりますよね^^

これは、同じ教科でも、先生の、ノリによって、授業内容とか、授業の雰囲気に違いがある感覚に似ているかもしれません。

新しい会社や仕事、職場に、素早く適応するための4つのポイント

新しい会社や仕事、職場に、素早く適応するための4つのポイント

以前、この記事で職場や会社に順応するのに大切な事の一つに、上長、キーマンのノリを確認、把握する事が、大切とお伝えしました。

前述の、自分のノリ、優位性の確認の仕方を、上司、上長に当てはめてみましょう。

なんとなく、その方が、どんなノリを持っているか、優位性があるか?想像できますよね?

部署、上司のノリと、相性、人間関係

 

 

 

なので、ノリをベースとした場合、人はこんな3つのメインのノリ、普通、苦手なノリから、6つのタイプに分かれます。

この優位な(メインの)ノリが同じ人とは、比較的、理解しやすいというか、反応が似ているので、理解しやすい、解りやすい、傾向が有ると思います。

反面、自分の苦手なノリと、相手の優位なノリが一緒の場合
もしくは、自分の得意なノリと、相手の苦手なノリが一緒の場合は

理解し合えない、解りづらい関係性が、生まれやすい傾向があるかと思います。

ありがちな例としては

感情優位な方と、感情下位な方との関係性においては、相手は「冷たい人」と映りやすいですし

運動優位な方と、運動下位な方との関係性においては、相手は「ぐずぐずしてる人」と映りやすい

知性優位な方と、知性下位な方との関係性においては、相手は「頭の悪い人」として映りやすい

こんな感じでしょうね^^;

会社や、職場の人間関係をスムーズにする方法

これ、そもそも論で、人間関係がスムーズで無い時ってどんな感じだと思いますか?

これは、そう、相手が理解できていない時、分かりあえていないと感じる時ですね。
そして同時に、理解してもらえていない、分かってもらえていないと感じる時でもあって^^;

人間関係でもめる場合のメカニズム

自分の優位なノリが、相手の苦手なノリとなっている関係性
もしくは、自分の苦手なノリが相手の有意なノリとなっている関係性の場合

これは、普段と言うか、平常時は、そこまで気にならなかったり
笑って受け入れられる「馬鹿だな~」「面白いな~」「冷静だね」「クールだね」「怖がりだな~」「臆病だね」みたいな感じで、笑って受け止めることもできるのですが

社内や、職場の同じ部署の場合、そんな相手と長く一緒にいると

それが積み重なって、ストレスになってきて

問題が起ったり、トラブルが出てくると、一気に表面化されてくる。

これは、要は自分の得意な感覚が受け入れられないと感じる、理解されないと感じる不安や

相手の得意な感覚を受け入れる事、理解する事が出来ない不安や恐れとの繫がっていて。

その原因が、自分にはない、相手が悪いのだと感じている限り

ギクシャクした、スムーズでない関係性が維持されていくというのが、典型的なパターンです。

苦手なノリ、優位なノリを自覚する、受け入れる

この「受け入れる」って感覚が、とても大切で^^;

人間関係が上手く行かない時の、要因が

「相手が理解できていない時、分かりあえていないと感じる時」

「理解してもらえていない、分かってもらえていないと感じる時」

であれば、やれることは、実は、結局のところ

「理解し合える、分かりあえる」と自分が、相手を信頼する事だけであって。

その為には、まずは、自分が自分を「理解して受け入れる」
そして、自分が相手を「理解して受け入れる」ということしか
自分にやれることは、ないのですね。

受容とゆるし

この「受け入れる」と言う感覚は「ゆるす」とか「そうなのだから仕方がない」というか、そんな感覚ですね^^

そうそう、知性(思考的な)ノリが好きな自分は、自分でしょうがないし。

感情(感性)が好きな、自分も、自分でしょうがない。

そう、これらは、ある種の才能でもあるし、その人の在り方そのものでもあるので

これを否定してしまうと、お互いがしんどくなってしまう^^;

相手が理解してくれない、受け入れてくれないって考えに引っ張られている時は

自分が、自分のノリを否定している、受け入れていない時でもあって。

なので、まずは、自分の優位なノリを、自信を持って、しっかり受け入れてしまう。

これが大事。

そして、同じように、苦手なノリも、受け入れてしまう。

このノリが苦手な自分は駄目だ!と否定するのでなく、それも、しょうがないモノとして、受け入れてしまう。

そんな自分にも自信をもってしまう(笑)

これが、出来ると、不思議な事に、相手の優位なノリも、苦手なノリも気にならなくなるというか

受け入れられる様になるんですね^^;

さらには、自分の苦手なノリを発揮してくれる相手をリスペクト出来たり^^

相手の苦手を受け入れたら、自分の得意なノリで、サポートするチャンスも芽生えてきたり^^

結局のところ

今回は「ノリ」という観点で、お話させていただきましたが、結局のところ、人間関係のポイントは

「信頼」と「受容」と「ゆるし」ですね^^;

そして、それは、自分自身へのゆるしでもあって^^

ノリの違いは、確かにあって。

ただ、その違いを恐れると、そんな恐れが強化されていく、対立しあう関係性が強化されていって

その違いを受け入れると、許されている感覚が拡がって行く、受け入れあう関係性が強化されていく。

「ノリ」という、ちょっとした感覚から、自分と相手を理解して

それを受け入れる、許す機会へと、繋げていくと、人間関係は、劇的に変化していきます

まずは「ノリを意識する」そんな簡単なところから、自分と相手を受け入れて行く。

人間関係を改善していく、スムーズにしていくためには、まずはそんなところから、初めて見て頂ければと思います^^

質問募集中

仕事の悩みや、相談、アドバイス等々

何でも聞いていただいて大丈夫なので、ご質問下さい^^

使い方や、質問投稿ページは

画像をクリック。

人気の記事

  1. 話のかみ合わない上司、部下とのコミュニケーションの取り方... 4,052ビュー
  2. 遅刻と残業の面白い相関性とその対策... 2,526ビュー
  3. 報告や相談が苦手な人の為の、ホウレンソウのコツ... 2,127ビュー
  4. 質問上手になるという事。質問力の磨き方。... 1,434ビュー
  5. 会社や上司の方針に疑問を感じた場合の対処法... 1,406ビュー
  6. コントロールや管理が厳しい上司、先輩との付き合い方... 1,287ビュー
  7. 職場の人間関係を改善する一番大切な考え方... 912ビュー
  8. 伸びる人材と、伸びない人材。これからの社会人の学び方について、考えてみ... 664ビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です