お金の達人は知っている、シンプルなお金の仕組み その③

  
お金のキャパ

お金はエネルギー

お金の達人は知っている、シンプルなお金の仕組み その①

お金の達人は知っている、シンプルなお金の仕組み その②

お金は循環するところに集まる。

そして、お金はエネルギー。よって、提供するモノや、サービスにどれだけのエネルギーを込められるか?これがお金の達人が抑えているポイントで有る事を、前回、前々回で伝えました。

今回は、その続き、その③をお伝えします。

エネルギーを高めるお金の受け取り方、使い方

いよいよ、本題?に近づいてきました。

お金はエネルギーって概念がなんとなくわかってきたかと思います。

で、エネルギーとした場合、携帯電話の電池や、車のバッテリーをイメージしていただくと良いかと思うのですがキャパシティーが有るんですね。そのエネルギーを蓄えたり、一度に流せる電流の量とか。

そのキャパを超えると、壊れてしまうんですね、バッテリー自体が。

分かりにくかったら、川をイメージしていただけると良いかと思います。

川も十分な広さと、深さが無いと、水を沢山流す事が出来ないですよね?

沢山雨が降ると、氾濫して、洪水を引き起こしてしまう。

なので、お金の達人が行っているのは、自分のキャパシティーを高める事を忘れません。

これは、裏を返すと、お金のキャパシティーが大きいから、お金の達人で有るという事も言えます。

これは、ある意味、会社のキャパシティで有ったり、事業のキャパシティで有ったりします。

キャパ、器が十分に育っていないところに、大量にエネルギーが流れてくると、それを持て余してしまい

必要のないモノに、エネルギーを注いでしまうことが良くあります。

例えば、株のファイナスを組んで、自分たちのキャパ以上の資金を調達してしまい、過剰な設備投資を行ったあげく、新たな、エネルギーの流入や、流を作れないまま、設備を持て余して、倒産していく、会社をたくさん見ました。

宝くじが当たった人が、破産しやすいというのも、この原理が当てはまります。

自分のキャパ以上のお金が流れ込んでくることで、エネルギーを持て余してしまうんですね。

それで、会社の設備投資の様に、維持費が高い、車や、マンションを購入し、旅行や、遊びでエネルギーを拡散し、入ってくる以上の、エネルギーの流出の流れを作り、いつしか、お金が流れきって、破産してしまう。

なので、お金の達人になるためには、まずは、自分のお金のエネルギーキャパを高める事に意識を向ける事が必要です。

エネルギーを高めるお金の受け取り方

まずは、受け取り方ですね。

これは、基本ではあるのですが、まず、必ず、もらうお金以上の、価値を提供する。

これに尽きます。

お金のキャパは、筋トレにも似ているんですが、出し切ったときに広がるんですね。

何故かと言うと、これがお金がエネルギーであるという事と結びつくんですが、もらうお金以上に価値を提供すると、お金を払う側が、もの凄く、感謝してくれるんですね。

で、この感謝のエネルギーって、実は、お金と同じか、それ以上に、素晴らしいエネルギーなんです。

エネルギーを高めるお金の使い方

で、今度は、使い方です。

これも、受け取り方と似ているんですが、使うときは、最大限、感謝できるモノにお金を使う。

更に言うと、感謝してお金を使う。

これが、ポイントです。

感謝してお金を使うという事は、これも、自分のエネルギーを最大限載せる、エネルギーを出し切る事につながります。

最大限出し切って受け取る→最大限出し切って支払う。

これを繰り返していくと、水が、流れれば流れるほど、川が、広く、深くなっていくように、自分のキャパも広く深くなっていきます。

これの理論的な所を、次回、お伝えします。

人気の記事

  1. 話のかみ合わない上司、部下とのコミュニケーションの取り方... 2,700ビュー
  2. 遅刻と残業の面白い相関性とその対策... 1,380ビュー
  3. 会社や上司の方針に疑問を感じた場合の対処法... 920ビュー
  4. コントロールや管理が厳しい上司、先輩との付き合い方... 765ビュー
  5. 報告や相談が苦手な人の為の、ホウレンソウのコツ... 746ビュー
  6. 職場の人間関係を改善する一番大切な考え方... 714ビュー
  7. 質問上手になるという事。質問力の磨き方。... 672ビュー
  8. 伸びる人材と、伸びない人材。これからの社会人の学び方について、考えてみ... 448ビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です