お金の達人は知っている、シンプルなお金の仕組み その②

  
エネルギー

お金は流れているモノ

前回、お金の達人は知っている、シンプルなお金の仕組み その①でお話しましたが

お金は、循環するところに集まってくる。そして、循環が起こらないところにお金は巡ってこないのです。

凄く、シンプルですが、これはある意味お金の特徴を示した、シンプルな仕組みです。

で、循環と言うのは、交換、エネルギーの交換なのです。

時間や労働を対価にお金をもらう。

アルバイトや、仕事でお金を循環する一番シンプルな仕組みです。

ここからが今回のお話ですが、お金の達人が行っているのは、このシンプルな仕組みにおいて、どれだけ循環を増やす事が出来るか?これに注力しています。

お金の正体

お金の正体は何か? これは正直、人によって色々な答えがあるので、一概に言えない部分でもありますが、お金の達人たち、お金のマスター達は、お金をエネルギーとして扱っている方が多いです。

要は、先ほどの、アルバイトの対価の話ではないですが、例えば、自分は食事や休憩をすることでエネルギーを蓄えたり発揮したりします。

そのエネルギーで、仕事をします。

その結果、基本、エネルギー分の対価を受け取る事になるのですが、自分の対価以上のお金をもらっていると、エネルギーバランス的に、不均衡を生み出します。

そうすると、お金の供給が途絶える、お金の流出が増える。結局、お金と言うエネルギーがどこかで、枯渇し始めます。

前回のピザ屋さんの例で言うと、材料を仕入れて、ピザのレシピと言う、工夫と価値、ピザを作る、労働力と手間、時間という価値を載せて、顧客に販売します。

これに、顧客が満足すれば、それを対価として認め、お金を払いますし、そのお金が、お店や、従業員に還元されていきます。

なので、提供するモノや、サービスにどれだけエネルギーを載せる事ができるか?

これで、交換されるエネルギーの量が決まってきます。

エネルギーを載せる工夫は色々あります。

達人が何に優れているかと言うと、この工夫が上手いのです。

なので、二つ目のポイントはこれです

お金はエネルギーである

エネルギーを高めて、循環させる

これが、シンプルなお金の仕組み、その②です。

その③に続きます
お金の達人は知っている、シンプルなお金の仕組み その③

人気の記事

  1. 話のかみ合わない上司、部下とのコミュニケーションの取り方... 3,611ビュー
  2. 遅刻と残業の面白い相関性とその対策... 2,012ビュー
  3. 報告や相談が苦手な人の為の、ホウレンソウのコツ... 1,541ビュー
  4. 会社や上司の方針に疑問を感じた場合の対処法... 1,215ビュー
  5. 質問上手になるという事。質問力の磨き方。... 1,129ビュー
  6. コントロールや管理が厳しい上司、先輩との付き合い方... 1,128ビュー
  7. 職場の人間関係を改善する一番大切な考え方... 847ビュー
  8. 伸びる人材と、伸びない人材。これからの社会人の学び方について、考えてみ... 589ビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です