お金の達人は知っている、シンプルなお金の仕組み その①

  
お金

お金は物々交換

凄いシンプルと言うか、そもそもお金は、物々交換の対価として、発展してきたという事は、誰もが学校で学ぶこと。

昔は、”金”と交換が出来て、お金は、重い”金”を持ちあるく代わりに、その信用の対価として発展してきたことも大部分の方がご存知な通り。

それが、ある時、”金”との交換が停止して。それでも、お金に価値が残る。

ある意味、お金の価値の独立。

そして、気が付けば、お金そのものに価値が有るように感じ、お金に振り回されていく。

さて、今、皆さんは、お金にどんな価値を感じているでしょうか???

お金の循環を感じてみる。

子供の頃、お小遣いをもらっていました。

子供のお金の循環と言えば

親からお小遣いをもらう→ お菓子や、おもちゃ、雑誌や本に費やす。 → 無くなる。

こんな循環です。

で、親は、そのお金をどこからもらってくるかと言うと、基本、会社で働いてもらってくるか? 自営業であれば、家業からのお金の流れ、家賃収入や、投資からくる、収入で廻っている人もいるでしょう。

ただ、子供の感覚では、なんとなく、親からお金が流れてくる。そして、仕事をすると、お金が稼げる。

一般的な家庭で感じるのは、そんな感じかもしれません。

で、高校生や、大学生になり、アルバイトを始める人もいるでしょう。

自分の時間と、労働力を提供する事で、お金と言う対価を頂く。

私は、学生時代、ピザ屋さんでアルバイトをしていました。

しかし、残念ながら、あまり、売上が良い、ピザ屋ではなく….

当時の店長には申し訳ない気持ちもありましたが、働く側としてはある意味在り難い面もありました。時間と労働力に対して、還ってくる対価が大きい。俗にいう、楽して稼げるって感じですね。

当時の自分は、如何に楽して稼ぐか?

こんな事を考えていましたが、結局は、お店自体が、価値の提供(ピザの提供)が出来なくなり、その対価のお金を受け取る事が出来なくなり。そして、私たちは、楽ではありましたが、労働力と言う対価が、お店に提供できなくなり。そして結局は、時間と、労働の対価であるお金が底を尽きて、お金の循環が止まる。

結局お店は、倒産してしまいましたが、そうなのです。
楽である=対価を支払えていない=お金が循環していないのです。

循環するところにお金が集まる。

これが、まず、お金の基本中の基本です。

まずは、この事をしっかり覚えておきましょう。

お金の達人は知っている、シンプルなお金の仕組み その②

に続く

質問募集中

仕事の悩みや、相談、アドバイス等々

何でも聞いていただいて大丈夫なので、ご質問下さい^^

使い方や、質問投稿ページは

画像をクリック。

人気の記事

  1. 話のかみ合わない上司、部下とのコミュニケーションの取り方... 4,238ビュー
  2. 遅刻と残業の面白い相関性とその対策... 3,034ビュー
  3. 報告や相談が苦手な人の為の、ホウレンソウのコツ... 2,482ビュー
  4. 質問上手になるという事。質問力の磨き方。... 1,632ビュー
  5. 会社や上司の方針に疑問を感じた場合の対処法... 1,502ビュー
  6. コントロールや管理が厳しい上司、先輩との付き合い方... 1,381ビュー
  7. 職場の人間関係を改善する一番大切な考え方... 951ビュー
  8. 質問ができない心理。質問下手、質問が苦手な人に知っておいて欲しい事... 942ビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です