新社会人にこそ伝えたい、これからの才能の伸ばし方②

  

人のタイプ、才能

御縁があって、社会人時代。それは、外資の社長をやっていた時代も含め

国内外、上場企業の社長さんから、町工場の社長さん

大会社の役員から、小さな会社のキーマンの方々

開発部長、人事部長、経理部長、工場長。

そして、それぞれの担当者であったり、工場で作業をしてくれる方であったり。

本当に、沢山の人とお会いさせていただきましたが

才能を発揮してる人、生かしている人は、どんな場所にも居るんですね。

良くある勘違い

良くある勘違いとして、自分には才能や能力がないって思っている人が
居るかもしれませんが、前回お伝えしたように

才能が無い人は、存在しません。

みんな必ず、何かしらの、もって生まれた才能があります。

そのなかで、間違えやすいのは

職場で結果をだしている≠才能を活かしている

では、ないのですね。これは

出世している人≠才能を活かしている人

でもないですね

私が感じるのは 

楽しく結果を出している人=才能を活かしている人

だとは思います。

更に言うと

楽しく結果を出して出世している人=才能を活かして磨いている人

でもあると思います。

頑張れば、主任、係長、課長くらいにはなれると思います。

ただ、そうですね、そのポジションを楽しむためには、やはり
才能を磨いて、楽しく、そこに到達することを私は選びますね

頑張ってそこに到達すると、結構自分が疲れてしまうんですね^^;

そして、実は、周りも疲れてしまう事が多い^^;

なので、私は、早いうちから、才能を見つけて、磨く事をお勧めします。

才能の見つけ方、磨き方

前回、本田健さんの才能の定義を引用させていただいて
以下の5つを示させていただきました

  1. 自然に出来ること
  2. 人より上手に出来ること
  3. その人らしさの表現
  4. 磨けば原石からダイヤに変わるもの
  5.  その人の幸せの源泉

それでは、前回予告した通り、才能の見つけ方を見て行きましょう

才能の見つけ方

①当たり前にできる事を見つける

一つは、当たり前にできる事、人から言われたり、褒められたり
下ときに、あれ?って思う事ですね。
そんなの普通なんだけどな~って感じるものです。

親でも、兄弟でも、友人でも良いです、なんでそれ出来るの?
って不思議に思われた事はないですか???

そんな事が、あなたの才能だったりします。

反対に、才能に見えて、案外才能ではない事。

それは、人に言われたとき、なんか もや~っとする事であったり

嫌な感じがすることです。

例えば、飲み会の幹事や、二次会の幹事を頼まれて
褒められたとします

会場を探したり、会費を集めたり、こまごまとした作業に
才能がある人は、そういった事をあまり苦にしません。

才能が無くて、それを頑張ってやってる人は、仮に
褒められたとしても、あんまりすっきりしなかったり
もっと褒めて欲しいな~、認めて欲しいな~って
気持ちになったりします。

②感情を開放する

①の感覚を感じるのにも必要ですが、感情を開放します。

結構、感情を出す事に、抵抗がある人も多いのかなと思いますが
自分の気持ちに素直になっていく事が、とても大切です。

前回、苦手な事をみつけることも大切だと伝えましたが
その感覚でもあります。

そう、感じる事、感じれる事はある種のセンサーでもあって。

これは、感情を閉じて、機械のような状態だと、いまいち働きません^^;

才能がある分野というか、才能が有る事は、目立つ事でもあるんですね。

なので、才能が眠ってる分野では、感情が動きやすいという事も言えるのですね^^

才能と情熱が結びついている事も、多々ありますので、感じる事を開放しておくこと

これ楽しいな~とか、面白いかもとか

感じる感情や、感覚が、才能を見つける、良い手がかりとなってくれます。

③色んな人に聞いてみる

これもシンプルではありますが、いろんな人の聞いてみるのも、お勧めの手段です。

そう、自分の才能って、なかなか、自分で気付けない、気付けていない事もあります。

沢山の人に聞いてみて、みんなから言われる事

○○さんて、こういうの得意だよね~とか

こういうとこ凄いよねとか

周りの人は、案外自分と、相手を比較していて。

その比較から、相手の方の特徴を、知らず知らず、把握していて。

みなさんも、周りの友人の才能とか、素敵なところを聞かれたら、何か答えられる部分有りますよね^^

才能の伸ばし方

情熱と才能を仕事に結びつける工夫

ここでも、述べていますが、才能の伸ばし方としては

自覚して、表現して、伝えて、分かち合っていく。

これにつきまね。

そして、積極的に、使っていく。

10,000時間の法則の嘘? これからの時間効率について考える

ここにありますが、20時間かけるだけで、結構、効果が表れるというか。

もちろん、あなたに才能が有る事は、既に磨かれてるものであって。

それのアレンジですね。

あなたの新しい職場や、会社で、それをしっかり表現していく。

新しい会社や仕事、職場に、素早く適応するための4つのポイント

こんな感じで、その会社や、職場で求められている、仕事や、才能、結果を出すポイントを見つけて

それと、自分の才能の掛け算をしていく。

そうすると、会社で結果も出ますし、その結果、その仕事で貢献して、才能も磨かれるし、その仕事が、自分に又、廻ってくるという、良い学びのサイクルが完成します。

自分の才能を自覚して、それを意図的に、発揮して、貢献して、磨いてく。

そんな事を意識しつつ、才能を伸ばしていく。

これが、私のお勧めの方法です^^

人気の記事

  1. 話のかみ合わない上司、部下とのコミュニケーションの取り方... 3,614ビュー
  2. 遅刻と残業の面白い相関性とその対策... 2,014ビュー
  3. 報告や相談が苦手な人の為の、ホウレンソウのコツ... 1,543ビュー
  4. 会社や上司の方針に疑問を感じた場合の対処法... 1,215ビュー
  5. 質問上手になるという事。質問力の磨き方。... 1,130ビュー
  6. コントロールや管理が厳しい上司、先輩との付き合い方... 1,128ビュー
  7. 職場の人間関係を改善する一番大切な考え方... 847ビュー
  8. 伸びる人材と、伸びない人材。これからの社会人の学び方について、考えてみ... 589ビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です