転職について真面目に考えてみる

  

転職したいんです!

転職しようかって思ってます!

転職を決めました!!!

最近、私の周りが転職ブームなのか???

転職に関する相談が多いです^^

なので、ここらで一度、転職について、掘り下げて考えてみようと思います。

転職をする理由

転職のタイミングとして

私も転職をしたことがありますし、社長時代、転職をされて行った方々もいらっしゃいました。

その他、色々な場面で、仕事を辞めた方々と接してきました。

その中で、なんとな~く、良い感じの転職と、なんとな~く、もやもやする感じの転職と言うか^^;

「会社を辞めても、お前の事応援してるぜ! 頑張れよ!!!」

って感じで、みんなに応援されながら、旅立っていくような転職と

「あ~○○さん、辞めましたよ」とか、なんか、その退社/転職に触れる事がタブー視されるような

触れてはいけないような事として扱われる転職。

なんか仕方ないよね~的な感じとともに、多分もう、会うことも無いんだろうな~って感じで、去っていく、忘れられていく転職が有って

まずは、この辺の違いについて、ちょっと掘り下げてみましょう

応援できる、応援される転職

あとで、この辺の理由や、可能性も述べますが

応援される転職と言うのが有って

それはどんな転職かと言いますと

  1. その人が会社に貢献してくれていた
  2. その人の才能が明らかで、今の環境でそれが発揮できないのがあきらかだ。
  3. その人のやりたい事が明らかで、今の環境では、それが行えないのがあきらかだ。
  4. その人の退職、転職理由が、だれもが納得出来るものである。

こんな感じですかね

これらは、結構、相関性があって

案外、才能や、やりたい事がマッチしていたり、明確になっていれば、なんらかの形で、会社には貢献できるものですし。

その人の在り方が凄く、明確で、解りやすい形で表現されていたら、周りの人は、その人を理解しているので、納得して送り出されるケースが多いのだと思います。

応援できない、応援されない転職

反対に、応援されない、出来ない転職がどんなケースかというと

  1. なんやかんやで、会社で結果を残していない。
  2. そつなくこなしてる体はあるけれど、その人の才能が何なのかわからない。
  3. 色々、文句や、不満が多いけれど、その人が何をしたいかわからない。
  4. その人の辞める、転職する理由が良くわからない、納得できない、興味が無い。

こんな感じでしょうか???

誤解の無いようにお伝えすると

これ、誤解の無いようにお伝えしますと

応援される転職が良くて、応援されない転職が悪いといったお話ではありません。

これ、何が起こっているかと言うと

人間の本能的なモノでもあるのですが、ある視点、ある価値観からの目線が入りがちではありますが

人って、なんとなく、本能的に

その人がその道に向いてるか、向いてないか、解る

そんな能力が、備わっているのだと思います。

そう、向いてることは、なんか、応援したくなるし

向いてない方向へはなんか、応援できないし、もやもやする感覚を感じる

例として

路上ミュージシャンが居ます。

あ、ドラえもんのジャイアンでも良いですね^^;

ジャイアンが、武道館を満席にする、ロックミュージシャンになってやる!

って叫んでいる感じですね、街の空き地で^^;

この時点で既に

  • 街のみんなや、友人に貢献ができていない
  • なかなか、感動できない声質で、才能が有るか? 疑わしい
  • 空き地で叫んでる時点で、本気かどうか? 本当に武道館で歌いたいか疑わしい
  • 「こんな空き地や、観客ではだめだ!」おれにはもっとふさわしい場所が有るんだ!って言っても、納得も信用もできない。

こんな要素が盛りだくさんです。

少し、解りやすい?ケースではありますが^^;そう、なんとなく、上手く行かないだろうな~

応援できないな~ってケースの典型かもしれませんね^^;

これが例えば、インテルの長友みたいなケースですね

私サッカーが好きなんで、長友が、イタリアに移籍して、そこで活躍して、そして急遽インテルに移籍した時は、本当、もう、私だけではなくて、みんな興奮しましたし、応援してましたね^^

そう、こんな感じですね、ファンのスポーツチームとかある方、解りやすいと思います。

○○なら、海外で通用するよ!! 惜しいけど海外で頑張ってね!って選手と

気持ちはわかるけど、未だ、海外は早いだろう…. もう少し、このチームで実績を積むんだ!

みたいな。 目の肥えたファンの、この辺の目利きは、結構、当たってたりすると思います^^

働くという事、転職という事

私は、結局のところ、仕事と言うのは

自分が楽しむ事で、世の中に貢献する事

こんな事かなって思ってます。

自分が楽しむ事は、これも、良い悪いでは無くてですが、それを人は「趣味」というのだと思います。

なので、転職をするという事はどういう事か

「応援される転職」と「応援されない転職」はどういう事か、どういう傾向が有るかと言うと

応援される転職

応援される転職って言うのは、本当、長友がインテルに行く感じです。

イチローがメジャーに挑戦する感じです。

浅田真央ちゃんに、金メダルを期待した感じです。

そう、本人の生き様が、みんなに勇気を与える、活躍がみんなんに貢献する

そんな感覚。

この現象が起っている時、その人の

情熱、才能、知識、人脈、人格、目的 全て整っているケースが多いです。

特に、前半の4つ、その世界に 情熱と、才能がある人は なんとなく解りますよね

中学の部活動でも、そんな人いませんでしたか?

そして、その人が、勉強して、知識を身に着けていったり

優秀な先生や、組織に見出されて、活躍していく、選抜選手になっていく人なんかは

こんな流れですよね。

応援されない転職

これは、どんなケースかと言いますと

先のケースと反対で、特に、仕事に対して、情熱と、才能が無い人、発揮できてない人が当てはまるケースが多いと思います。

これは、ある意味しょうがない部分と言うか、情熱が湧かないのは、ある意味仕方がない事でもあって

ジャイアンにあやとりしようって言っても、多分やらないですよね^^;

カラオケ行こうっていったら、行くと思いますが^^

あやとりに対して、ジャイアンは、情熱が無い。

しかし、残念ながら、歌の才能は無い様で、そしてその才能を磨く事をしていない。

これ、異性と付き合う感覚とも似てますよね

仕事を異性に例えた場合(実際、そんな感覚でもあると感じてますが^^)

好きな人には情熱を燃やしやすいですが、好きでもない人に情熱を燃やすんだ!!!って言われても、え~ってなる感覚で

ある種情熱は、自然に湧いてくるものでもあるので、無理やり湧き出てくるものでも無くて。

そう、ある意味大別すると、転職には、2つポイントがあって

①自分の環境を変えて貢献できる規模や、質を高める事。

②自分が何が好きで、何者かを明確にしていく事。

①な感覚が強いと、応援される傾向が強く

②の意志が強ければ、応援してくれる人も居るかなと。

ただ、①、②の意識が希薄と言うか、自分が何者かを表さず、周りや環境の責任にしすぎていると、煙たがれると言うか、応援されないケースがあるかなと^^;

ここでも、誤解の無いように伝えますが

もし、その退職や、転職が、誰にも応援されない様である場合は、それを悪い事と捉えるのではなく、なにか、自分で見落としている事、働くという事に関して、明確にできていない、混乱しているなにかが有るのではないかと、自分を見直す機会として、捉えると、良いのではないかと、私は感じています。

経営者の視点、働く側の視点

これ、みなさんが、部活の上級生とか、部長とか、顧問とかになった場合や、その立場の経験がある方は、当時を思い出すと良いかと思いますが

もし例えば、県大会優勝と言う目標を掲げていた場合、どんな部員が、理想だと感じますか?

反対に、あなたが、県大会優勝を目標と掲げた、新入部員の場合、どんな先輩や、部長、顧問が理想だと感じますか?

これからの転職のススメ

結局はですね、好きで(情熱を持てて)才能を活かせる場所で、働くのが、人に貢献するのが、人は自然であるし、幸せなのだと私は感じます。

もちろん、常識や才能が無くても、知識と人脈を活かして、お金を稼ぐ、エネルギーを受け取る事もできます。

ただ、情熱や才能を活かせない世界で生きて行くことをイメージしてください。

もしかすると、既に、そんな世界を選択されている方もいるかもしれません。

そして、情熱や、才能を活かせる世界で生きて行くイメージもしてみてください。

木を植えるのに一番良いのは20年前、次に良いのは今

こんな言葉が有ります。

今、自分がどんな木を育てていて、何を感じているのか?

本当は、どんな木を育てたいのか?

もちろん、直ぐに木を植えなくても、木を育てる事を学ぶのに最適な場所や、方法は何なのか?

そんな事を、意識して、転職や退職を、考えてみると、良いのではないでしょうか?

質問募集中

仕事の悩みや、相談、アドバイス等々

何でも聞いていただいて大丈夫なので、ご質問下さい^^

使い方や、質問投稿ページは

画像をクリック。

人気の記事

  1. 話のかみ合わない上司、部下とのコミュニケーションの取り方... 4,240ビュー
  2. 遅刻と残業の面白い相関性とその対策... 3,034ビュー
  3. 報告や相談が苦手な人の為の、ホウレンソウのコツ... 2,482ビュー
  4. 質問上手になるという事。質問力の磨き方。... 1,632ビュー
  5. 会社や上司の方針に疑問を感じた場合の対処法... 1,502ビュー
  6. コントロールや管理が厳しい上司、先輩との付き合い方... 1,381ビュー
  7. 職場の人間関係を改善する一番大切な考え方... 951ビュー
  8. 質問ができない心理。質問下手、質問が苦手な人に知っておいて欲しい事... 942ビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です