社内で嫌われる人、好かれる人。対立や孤立のメカニズムと、対処法。

  

ある種、一番シンプルな、社内で嫌われる人、好かれてる人の特徴は

嫌われる人は、自分が嫌われていると感じていて。

好かれてる人は、自分は好かれていると感じていて。

それが、意識的にしろ、無意識的にしろ、周りの人に伝わって。

結果、そんな環境や、状況が出来上がる。

以上でもあるのですが^^;

それをベースに、対立や、孤立のメカニズムを、シンプルに見ていくと

それは、オセロみたいなものでもあって。

仮に白を、好かれていると思っている人

黒を、嫌われている人としてイメージいただいた時

好かれていると思っている人は、周りとコミュニケーションを取るのが、比較的得意と言うか、抵抗が無いので。隣の駒と話し合っていくうちに、隣の駒も白になって。

白になった駒は、そのとなりの駒にも、好意的に白い色を伝えて行って。

だんだん、白の領域が広がっていく。

黒の駒は、嫌われていると思っているから、周りとコミュニケーションを取るのがあまりうまくなくて。

交流をしないので、黒の駒は増えないで。

そうこうしているうちに、周りの駒が、どんどん白に変わっていき。

その状況を見て、益々、孤立や、嫌われているという感覚を深めて行く。

そんなメカニズム。

これだけだと、少しわかりづらいので、現場の事例なんかも踏まえて、少しずつ解説していきますね。

会社の人と仲良くなれない、嫌われていると感じる人

これ、もう少し細分化していくと、実際は

① 会社の人と仲良くなれない、嫌われていると感じていて、それがいけない事、自分の責任と感じている人。

② 会社の人と仲良くなれない、嫌われていると感じていて、それが気にならない人、別に良いと感じている人。

こんな感じの方々と

③ 会社の人と仲良くなれる、好かれていると感じていて、それが良い事、自分の責任と感じている人。

④ 会社の人と仲良くなれる、好かれていると感じていて、それが気にならない人、別に良いと感じている人。

も居て。

さらに、②とか、④の人は、結構、無意識で、人と仲良くある、好かれること含めて、どうも思っていないというか、特に気にしない方々も多いと感じます。

今回、フォーカスしているのは、①の方ですかね。「会社の人と仲良くなれない、嫌われていると感じていて、それがいけない事、自分のせい、恥ずかしい事、etcと感じている人。」

そして、案外、同じ感覚と言うか、実は、裏表でもある、③「会社の人と仲良くなれる、好かれていると感じていて、それが良い事、正しいこと、誇れること、etcと感じている人。」

そう、対立や、孤立を生み出すのは、実は、この①と③の方が織りなす、ゲームの世界でもあって。

この方々の心理や、そういった方々が産み出す、メカニズムを解説していきます。

嫌われていると感じていて、それが、いけないこと、恥ずかしい事と感じている人が取りがちな、二つの行動

嫌われることが、いけない事、恥ずかしい事、怖いと感じている人のコミュニケーションは、どこか不自然になるというか、好かれなければという、プレッシャーと、嫌われたらどうしようという恐れで、どこかぎこちない感じになりがちです。

不自然な感じに対して、人の反応というのも、不自然になりがちです。

これ、動物とか、顕著であって。

犬とかそうですよね。怖がって、びくびく近づくと、むっちゃ吠えてきて。

こっちがリラックスしてると、次第になついてくるというか、そんな感覚で。

これが、①の方にありがちな、一つ目の行動。

二つ目は、過度に、承認を求めるというか、確認を求めるというか。

ドラえもんのジャイアンが、俺たちは心の友だよな!って確認するような。

私たちの考えは、あってるよね、まちがってないよね、正しいよねって。

自信のなさから、過度に、承認を求めてしまう。つながりを求めてしまう感覚。

これは実は、③の方にもありがちな、行動でもあって。

③の方の好かれている、仲良くなれる感覚は、実は、どこか自信が無さそげというか。

だから、この方々も実は、どこか不自然ではあって。

ただ、そんな不自然な方々も、なんとなく、その自信のなさで、繫がる事もあって。

「安心したい」そんな思いでつながっている事もあって。

ジャイアンとスネ夫の繋がりは、どことなく、そんな感じがしませんか?

なんとなく、マジョリティ的な、集団を作って安心したいエネルギー。

不安な人同士の対立の構図とメカニズム

会社とか、集団って、こんな構図を作りやすいというか、良く目撃しますよね。

これは、悪い意味では無くて。

会社とか、組織とかで、怖くなる事。怖さを抱える事って普通にあって。

自分は、大丈夫かな、間違ってないかな~とか、不安になる事は、普通に在って。

対立が起りそう、起る時は、特に顕著になると思います。

対立のメカニズム、原点。

不安に無意識な方々は、不安を感じると、攻撃や防御をする傾向があると思います。

そう、スタートは、ある、一対一の関係の意見の相違。そこから生じる不安や、恐れが。対立の関係性が拡がる、トリガーだったりすます。

どちらかが、攻撃されたと感じると、そこから、対立が始まります。

これが、不安な人同士の場合、片方が、攻撃をした、対立が始まったと感じると、もう片方も、攻撃された、対立が始まったと認識して、その対立が、現実の事のように、感じ始めます。

対立の成長

ついつい、環境や人のせいにしてしまう、心理の受け止め方

これと、パターンはほぼ、一緒なのですが、役割と言うか。パターンとして。

対立が起こると

「私が悪いのかな?」って感じやすい人と、「私は悪くない!」って感じやすい側が、相対的に発生します。

これは、冒頭のオセロの流れと似ていますが。

自分が悪い、自分が嫌われていると思い込んでいる方が、色々、一人で悩んでいる間に。

「私は悪くない!」、私は好かれているって感じの中で、どんどん仲間を増やしていきます。

そして、私は、白、悪くない、あの人は、黒、悪いという構図を作って、ますます、対立を深めて行きます。

結果。周りは、白だらけ、そして黒は孤立していく

そんな構図を作りながら、対立が、深まっていくような感じがしていきます。

これが、対立の成長の構図、メカニズムです。

対立から抜ける方法、対立している関係性からの脱却方法。

対立をしてしまった関係性から抜ける方法、対処する方法はどうしたら良いのでしょうか?

実は、そんなに難しくはなくて。

答は、オセロを辞めてしまう。

対立のゲームから、降りてしまう、土俵から降りてしまえばよいのです。

そう、白を黒へ、黒を白へとやっていると、永遠にゲームが続いて切がないです。

オセロを辞める方法。対立を辞める方法。

ゲームから降りる方法、ゲームを降りる方法は、何があると思います?

そのヒントは、ゲームの始まりに在ります。

そもそも、このゲームは、不安な二人の、攻撃の勘違い、対立の勘違いがスタートになっていて。

そう、自分が白だと思っていた目の前に、黒が現れて。

あれ、白じゃいけないのかな? 黒じゃいけないのかな?という勘違いがスタートになっています。

ポイントは、ここにあって。

ここで、オセロをはじめない事が、実はポイントであって。

自分を恐れない、自分と対立しない。

ここで、冒頭に戻りますが。

>嫌われる人は、自分が嫌われていると感じていて。

>好かれてる人は、自分は好かれていると感じていて。

そう、正に、自分が嫌われているかかも? って感じていると、その様な現実というか、対立を生み出します。

だからといって、好かれている、好かれていると思い込むという、話でも無くて。

それでも、良いのですが、それが行き過ぎると、③の感覚。

自分の色の正しさを証明する、陣地や領域を広げるゲーム、結局オセロが始まってしまって。

途中で補足しましたが、このゲーム、対立のゲームにのらいない人は、どうしているかと言うと、結局、好かれている、嫌われているという事にあまり、執着していないというか、こだわっていない方々で。

そう、周りの目を気にしていない。

他人の評価や、目線よりも、自分で自分が好きか? 自分を信頼しているか?

ここがポイントになってきて。

その状態だと、周りが何色だろうが、あまり気にならないし、周りの色は、周りの色で尊重できるようになって。

その状態の時、オセロは気にならなくなる。対立が気にならなくなる。

そう、オセロをしていないので、対立と言う概念は、そこには存在していなくて。

自分の色を、自分がおかしいな?この色で良いのかな?と感じた瞬間、すでに、自分の内側で、オセロが始まっていて。白黒のゲームが始まっていて、自分の内面で対立は始まっています。

色の拘りを捨ててみる。自由に色を選べる世界を思い出す。

では、すでに対立が起ってしまった、白と黒の争いが起っている時はどうしたら、良いのでしょうか?

ここでのポイントは、まずは、自分が、好きな色をいつでも選べることを思い出しましょう。

そう、白と黒の争いの最中にいると、白か黒でなければいけないという、オセロが続いていきます。

なので、一度、自分が、別の色になるか、別の駒を盤上に持ち込んでみましょう。

そう、オセロの盤に、ピンクの駒でも良いし、グレーの駒でも良いですし。

そして、それは、自分がその色になっても良いですし、誰かを呼んで来ても良いですし。

いきなりピンクの駒をオセロの盤の置かれたらどう感じますか? 

基本、ビックリしますよね???

そう、びっくりすると、一度思考がとまる。対立の思考がとまるので、この時がチャンスというか。

そう、この瞬間、オセロのルールは崩壊します。

そう、相手の駒の色を変えると、相手も驚いてしまうので。

まずは、自分から色を変えてみる。歩み寄ってみる。

オセロから抜ける方法は、勝ち負けから抜ける世界に進む事。争いや、対立から抜ける世界に進む事ですから。

もし、自分が、その世界を受け入れたら、実際、駒の色は、なんでも良いんですね。

相手の駒の色や、自分の駒の色にこだわると、話がややこしくなる。対立を生みやすくなるので。

自分の駒の色の執着を一度捨ててしまいましょう。

こう言うと「自分の色と対立しいないか?」という話になりそうですが。

これは、そうでは無くて。

自分の色って、本来、もっと、カラフルと言うか、時と場所、タイミングによって、いろんな色が選べて。

そして、別に一度白になっても、黒に戻るのも実は、自由自在で。

一度白になると黒に戻れない。

この感覚も、実は勘違いというか、オセロのルールと言うか。

本来、もっと自由なはずの自分と、対立しているんですね。

そう、オセロのルールから抜ける、外れるというのは、こういった事でもあって。

自分の自由さを信頼する事、選択できる強さを信頼する事が大切で。

会社での対立や孤立のメカニズムと、対処法 まとめ

まとめます。

まとめますと

① 対立が発生する時は、目の前の相手と、価値観の対立。白黒つけいたい対立が始まっています。

② その時は、同時に、自分の内面で、白か黒でなければならないという、本来の自由に色を選べる自分との対立が始まっています。

③ 対立を続けたいのであれば、自分の色に固執すれば良いですし。対立を辞めたいのであれば、自分の色や、相手の色に対するこだわりや、執着を捨てて、自由の色を選べる自分を思い出します。

④ 対立を辞めたい場合は、今、この瞬間、どの色で居たいか。どの色で相手と接したいか。感じてみます。

⑤ 自分と相手を信頼しつつ、この関係性において、自分は、何色だと、相手と適切な関係を築けるか、対立なく関われるか? そして、対立なく、自由に振る舞える、自分と相手を信頼します。

④と⑤が、少し。解説から漏れましたが、要はこういう事です。

これ、更に言うと、実は、対立とか、孤立は、まったく悪い事でもなくて。

対立とか、孤立があるから、自分の居心地の良い色が見えてくるという事もあります。

そう、対立や、孤立を超えて。

居心地の良い色を、自分で選べる、自由な自分を取り戻す。

良くある質問で、オセロの駒は何種類あるか?

結局は、そんな事なのだと思います^^

会社や職場で孤立し続ける人に知っておいて欲しい事

質問募集中

仕事の悩みや、相談、アドバイス等々

何でも聞いていただいて大丈夫なので、ご質問下さい^^

使い方や、質問投稿ページは

画像をクリック。

人気の記事

  1. 話のかみ合わない上司、部下とのコミュニケーションの取り方... 4,238ビュー
  2. 遅刻と残業の面白い相関性とその対策... 3,033ビュー
  3. 報告や相談が苦手な人の為の、ホウレンソウのコツ... 2,481ビュー
  4. 質問上手になるという事。質問力の磨き方。... 1,632ビュー
  5. 会社や上司の方針に疑問を感じた場合の対処法... 1,502ビュー
  6. コントロールや管理が厳しい上司、先輩との付き合い方... 1,381ビュー
  7. 職場の人間関係を改善する一番大切な考え方... 951ビュー
  8. 質問ができない心理。質問下手、質問が苦手な人に知っておいて欲しい事... 942ビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です