質問上手になるという事。質問力の磨き方。

  

「質問が上手くなりたいんですよ!」

内山:いや、結構、質問上手いと思うけど、なんで上手くなりたいの?

「もっといろんな事を聞きだしたり、知ったりしたいんですね」

内山:何を知りたいの?

「相手の考えてる事とか、感じてる事とかを知りたいんです」

内山:何で知りたいの?

「相手の事を知って、分かりあいたい、共感したいんです!」

内山:じゃあ、人ともっと、共感したい、分かりあいたいから、質問力を身に着けたいって事?

「そうですね!」

内山:じゃあ、共感力や、分かりあえるようになるために、質問力が必要って思ってるって事?

「そうですね!」

内山:じゃあ、共感力とか、分かりあえるのであれば、質問っていう方法に拘らなくても良いって事かな?

「そうですね^^;」

質問力ってなんだろう???

朝から、冒頭の様なやりとりが有って、質問力ってなんだろうな~って、向き合う、良い機会となりました^^

みなさんにとって、質問ってなんでしょう?

普段、何の為に質問してますか?

相手の事を知りたい

冒頭のやり取りなんかは、良い例というか。

お互い質問しあってる訳ですが^^

質問のベースにあるのは、好奇心か、恐れなのかなって思うんですね

「不安からくる質問」と「好奇心からくる質問」

こんな感じですかね?

いきなり題材にしてしまいましたが、冒頭のやり取りにおいて

「質問が上手くなりたいんです!」

って言っていた方は、なんか、不安な感じもあったんですね

あんまり、楽しそうって感じではなくて

「質問が上手くならないと、まずいんです」

みたいな雰囲気。

そんな雰囲気を感じてると、好奇心がムクムクと湧いてくるんですね

「何で、そんなに質問が上手くなりたいんだろう?」
「何で、質問に拘ってるんだろう?」

彼が最後、たどり着いた、相手の事を知りたい、分かりあいたい、共感したいってのは、ある種、人の自然な欲求かもしれませんね^^

そんな興味や、相手を知りたい好奇心から、私も、聞くんですね

何で?って

質問上手になるという事

そんな事を踏まえますと、質問上手になるって事ってどういう事かと言うと、結局のところは、自分の好奇心に素直になることなのかな?って思います。

まず、自分の気持ちに素直になって行く事。

質問上手=素直な人

なんだと思います。

子供とかそうですよね

好奇心、興味から、質問しまくりますよね

あんまり、他意が無いというか、恐れが無いというか。

「質問が上手くなりたいんです!」

って質問してくる、子供に出会ったことあります???

僕は無いですね(笑)

なんで、基本、人って、質問上手っていうか、質問する才能を生まれつき持ってるんですね。

なので、もう一つ言いかえると

質問が上手になる=素直になる=素直な心を思い出す

って事かもしれませんね。

素直な心を思い出す

素直な心を思い出すために出来る事って、何だろう?って思うと

これも、聞いてみる、質問するしかないですよね

自分に^^

質問を研ぎ澄ます、磨いていく

冒頭のやり取りって自分でも出来るんですよね

何でだろ? なんでだろ?って

それを繰り返していく、研ぎ澄ましていくと、素晴らしい質問が自然と出来上がるんですね。

そう、人って案外、自分で思う以上に素直じゃないんですね^^;

いろんな思いを隠していたりする^^;

「不安からくる質問」を「好奇心からの質問」に磨き上げていく

そんな感覚ですかね?

おまけ 新社会人向け実践例

この時期研修とか、多いですよね^^;

新人の方々、新社会人の方々、どんな質問するか、困ったりしますよね^^;

そんな事を、踏まえて、実体験も含めた、実践例を^^;

新人研修でありがちな風景

ありがちって言ってしまうとあれですが^^;

研修に臨むにあたって

「今日も研修か~めんどくさいな~、つまらない話で、一日費やすのか~嫌だな~」

みたいな、感じの人も居れば

「今日も研修か~、今日はどんな話を聞いたり、人に会えるのかな~?楽しみだな~」

って人も居ますよね^^;

まず、ここからがスタートですが

一概には言えませんが、前者の方は無意識に

「どうせ今日も、つまらない一日になるんだろ?」

って質問を、心の中でしています。

その結果、その答えを、見つけていくんですね

「研修だからつまらないだろうな~」とか
「研修講師の話もつまらないんだろうな~」とか
「退屈で眠くなるんだろうな~けど、寝れないんだろうな~」とか

後者の方も、無意識に

「今日も楽しい一日になるんだろうな~」

って質問を心の中でしています。

その結果

「面白い話が聞けるんだろうな~」とか
「素敵な出会いがあるんだろうな~」とか

そんな答えが見えてきたりします。

自分の気持ちに素直になって行く

これ、どっちが良い悪いって話ではなく、単純に、自分がどっちがご機嫌で、どっちを選びたいかって話であって^^

分かりづらい、ピンとこないかもしれませんが、実は

自分が、無意識に自分にしている質問が、自分の世界を創っている

んですね^^;

慢性的な対処と、短期的な対処

前者の感覚って、結構、慢性的だったりしますよね

結構、根付いちゃってる部分も、あって^^;

学校の講義とか、授業とか、そういった過去の経験で、自動的に判断しちゃうケースがあるんですよね^^;

「こういうケースはつまらないものだ!」

みたいな^^;

これは、途中説明した「質問を磨く」手法を使って、なんで、そんな反応をするのか、自分で、自分に聞いてみてください^^

短期的な対処法

これは、素直になる練習、実践みたいなものですが

まずは、自分の気持ち、感じてる事に、素直になるんですね

つまらないって感じてても、別に良いんですね

けど

「なんでこんなつまらない研修やるんですか!」

って、自分の「不安からくる質問」を、磨かずに、素直に表現すると

相手の、不安を引きだす事にもなりかねません^^;
(「純粋な、興味で聴いていると、相手も、純粋に答えてくれる事もあると思いますが^^)

なんで、どんどん、自分に聞いていくんですね

なんでつまらないって感じるの?

「ただ話を聞く時間が長くて退屈だから。」

なんでただ聴くだけになっちゃうの?

「誰も発言も質問もしないから」

なんで、誰も質問しないの?

「みんな何を聞いていいかわからないから」

どうしたら、質問できる様になる?

「みんなでどんな、質問するかとか、どんな研修にしたいかって、自分達でも、アイデアを出してみる!?」

例えば?

「一人、必ず、3個は質問する事にして、研修講師にあまり話させないような、ゲームみたいな感覚で、質問しまくる!?」

「研修を受けるのに、大切な事は何ですか?とか、どんな質問をすると良いですか?とか、逆に、講師に聞いてみる!?」

お~こんな感じで、主体性もって臨むと、案外、研修って楽しいかも???

みたいな、気付きが得られたらしめたもので^^

この辺りの根っこの思い、素直な思いって、人って、やっぱり楽しみたいんだと思います。

ちなみに、私が、社会人一年目の時は、同期と一緒に、色々質問しまくって、俺たちの代は一味違う!みたいな事を示そう!って遊び感覚で、研修受けてた部分もありました^^

あとこれは、社長の目線でもありますし、みなさんも感じる部分ではあると思いますが

本気で聞いてる質問と、そうでない質問ってわかっちゃうんですよね^^;

だから、結局、素直でいるのが一番。

「なんでこんなつまらない研修やるんですか!」

これも、心の底から、思ったら、伝えちゃって良いと思います^^

それを伝えてみると、色々な反応があって、その反応から色々学んで、研ぎ澄まされていく、自分の感覚もありますからね^^

けど、そんな時も、先日ここで伝えましたが新社会人に伝えたい、一生役立つ、心構え

最後は、感謝ってポジションに帰ってくる。

これが大切かなって思います。

是非、質問力を磨いて、素直で楽しい、サラリーマンライフを過ごしましょう^^

人気の記事

  1. 話のかみ合わない上司、部下とのコミュニケーションの取り方... 2,700ビュー
  2. 遅刻と残業の面白い相関性とその対策... 1,380ビュー
  3. 会社や上司の方針に疑問を感じた場合の対処法... 920ビュー
  4. コントロールや管理が厳しい上司、先輩との付き合い方... 765ビュー
  5. 報告や相談が苦手な人の為の、ホウレンソウのコツ... 746ビュー
  6. 職場の人間関係を改善する一番大切な考え方... 714ビュー
  7. 質問上手になるという事。質問力の磨き方。... 672ビュー
  8. 伸びる人材と、伸びない人材。これからの社会人の学び方について、考えてみ... 448ビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です