不安な自分を許す。仕事で不安な時、怖いと感じる時の対処法。

  
許し

不安を感じやすい方、心配しやすい方々は

「何で自分だけこんなに不安を感じるのだろう」
「何故いつも不安になるのか、不安を感じるのか」
不思議に感じているかと思います。

そして、同時に、そんな自分が嫌になったり
不安な自分を抜け出したい
そんな事も、感じられていると思います。

今回は、そんな方々向けに、不安の対症療法というよりは、根治療法的に、原因にもアプローチしながら解説していきます。

不安を感じている状態

不安な状態ってどんな状態かと言うと、軸からぶれている状態です。

自分の軸があって、そこから傾いているか。
自分の軸が分からなくなって、今の自分を見失っていると

人は不安になります。

不安になりやすい状況。

不安の状態

不安になりやすい状況を分類すると、この様に分類できます。

① (合っている、合っていないは別にして)自分の軸があって、その軸から離れている。
② 本当の軸があるけれど、別の場所にいなければと思い込んでいる。
③ 自分の軸がわからなくなって混乱している。
④ 自分の軸がわからなくなって絶望している。

それぞれの例としては

① (深い本心で行きたいかは別にして)青森に行きたいのに、新横浜で停滞している。
② (意識的にも、無意識的にも)新横浜に居たいのに、青森にいなければと感じている。
③ 何処に行くのか分からないけれど、何故か新横浜に居る。
④ 何処に行くのか分からないけれど、新横浜に居る事に絶望している。

4月で、新入社員が入社する時期なので、新卒の新入社員の研修現場をイメージして、実例をあげてみましょう。

新人研修現場でのそれぞれの心境。

①どんどん、結果を出して、優秀さをPRして早く仕事に慣れたいAさん。
②社会人としてミスなく、今、学べる事をしっかり学びたいと感じているBさん。
③入社したのは良いけれど、自分は何をするか混乱したまま。研修に臨んでいるCさん。
④周りが凄く優秀そうに見えて、自分は何ができるのか?大丈夫なのか?そんな心境のDさん。

行動の軸、目的の軸が定まっていない。その場にいる自分の軸が定まっていないCさんとDさんは、ある意味、既に、不安に飲み込まれている、飲み込まれやすい状況ですね。

恐らく、世間一般的な「不安」のニュアンスはこの不安ですね。

自分のアイデンティティを見失って、存在していること、その場に居る事に対して感じる不安はこの不安ですね。

不安を行動でかき消している、誤魔化している状況

③、④の方が感じる不安は、比較的解りやすいというか、一般的ですが。

①、②の方、何故不安なのだろう? 不安な状況に分類されるか、不思議な方も居るかと思います。

この方々は、不安を感じると、動き出す。動く事、行動する事で不安を誤魔化す、かき消す傾向があります。

不安と行動

実は、①なケースは、④と。
②なケースは、③と、同じ不安を抱えていて。

先の青森を「優秀な自分」
新横浜を「無能な自分」で置き換えてみましょう。

①のケース。Aさんは、優秀(青森)な自分が、自分と思い込んでいるので、優秀さをPRできない、無能な状態(新横浜)に居ると、不安を感じやすくなります。

②のケース。Bさんは、実は自分も、ここで何するかが分からず、混乱していて。

自分も解りません!って素直になれれば、楽なのですが、それは許されない、優秀である事を求められていると感じているので、しっかりしている自分を保っていないと、不安になります。

もう少し、具体的に見て行きましょう。

とある研修場面

イケイケ株式会社に入社した、新入社員のAさん、Bさん、Cさん、Dさん。

入社式を終えて、今日から、新人研修の始まりです。

講師は、イケイケ株式会社生え抜きの、Z課長。

研修室に入ったZ課長。不安そうで、くら~い感じのDさんが気になります。

「お前ら元気ね~な~」
「新人だろ!もっとしゃっきりしろよ!」
「元気出して行けよ、元気!」

流石、イケイケ株式会社の生え抜きZ課長、言葉に勢いがあります。

そんな言葉を真に受けた、新入社員達。

Dさんは、きっと私の事だ、私のせいだ、どうしよう、ここに居ていいのかな?場違いじゃないかな?と益々不安になります。

Cさんも、言われつつ、益々混乱が加速するも、どうして良いか分からずワタワタしています。

Aさんは、意識的にも、無意識的にも、無能認定(新横浜)されそうになりつつある、現状に、素早く反応して発言します。

「大丈夫です、やる気あります!頑張ります!よろしくお願いします!」(新横浜→青森に移動を試みる)

それに釣られて、一同。

「頑張ります、よろしくお願いします!」と答えます。

「お~気合入ってるじゃねーか!」
「元気有っていいじゃね~か!」

Z課長、ちょっと機嫌が良くなってきます。
そして研修が始まります。

研修中

Dさんは、冒頭の不安な気持ちを引きずっていて「私のせいで皆が悪い印象を受けちゃったかも、後でみんなに謝らないと」と心配しています。

Cさんは、緊張感ある雰囲気にまだ、混乱しているのか、ペンを落としたり、早く終わらないかな~っと外を眺めたり、どこか心ここに在らずです。

Bさんは、聞き漏らしが無い様、後で再確認されても応えられるよう、一語一句、正確にメモしています。

Aさんは、隙あらばZ課長に質問して、優秀さをPRしようとします。

そんなAさんやBさんを見ると、Dさんは、凄いな~優秀だな~と感じて。益々、不安な気持ちで落ち込んでいきます。

ただ、これまで何度も、新人研修の講師を任されてきたZ課長。

新人のそんな気持ちもお見通しで。特に、Aさんが頑張りすぎて、ちょっと場の調和が乱れ始めているので、少しAさんを凹ませてやるというか。メンタルの強さを確認する意味も含めて、Aさんに強く当たってみる事にしてみました。

Aさんの質問に対して

「スイマセン、その質問であなたは何を知りたいのですか?」
「質問の意図と意味を明確にしてから聞いてもらえませんか?」
「それはさっき説明しましたが、聞いていなかったのですか?」

冒頭のイケイケな雰囲気から、一転クールなZ課長の発言に、Aさんは戸惑います。

それでも、食らいつくAさんに対し、ことごとく冷静な、現実的な回答をする
Z課長。いつしか、A君はひどく、落ち込んでしまいました。

Dさんは、そんな酷く落ち込んだAさんを心配しつつも、少し「私だけじゃなかった!」「あ~私もこの場に居ても大丈夫かも」と自分の気持ちが落ち着いて行くのを感じました。

Bさんは、Aさんのフォローも含め、ここぞとばかり、理論的で的確な、質問や回答をしていきます。

Cさんは、目まぐるしく変化する状況について行けず、早く終わらないかな、早く終わらないかなと、その事ばかりを考えていました。

研修も一通り終わって。
「最後になんか質問ある~?」

フランクな感じでZ課長が聞きます。

Aさんは「研修初日で躓いてしまった」「周りと比べて、自分は無能と思われてしまった」と感じて落ち込んでいて、元気がありません。

Bさんは、この場面で何を聞くのが正解か?自信が無く、質問の口火を切る事ができません。

そんな沈黙が続く場面で、大分落ち着きを取り戻したDさんが、勇気を出して質問をしてみます。

「お~凄く良い質問だね!」

Z課長が答えます。

それを聞いたDさんは、とても嬉しく、自分に自信が湧いてきます。「ここに居て大丈夫なのかも?」承認された嬉しさで、ますます元気になってきます。

それを尻目に、Aさんは「どうせ俺は、意味のない質問しかできないよな~」と益々落ち込んで、「俺、ここに居て良いのかな?」と、不安になっていきます。

みんなが、それぞれ質問をした中、そういえばCさんだけ質問していない事に気が付いたZ課長がCさんに聞きます。

「Cは何か質問ないの?」

いきなり質問を振られて、少しパニックになるCさん。

頭が真っ白になりながら聞きます。

「Z課長の好きな食べ物は何ですか?」

やっと口を開いたかと思うと、研修とは全く関係ない質問をするCさん。

一瞬場に緊張が走ります。

けれど、次の瞬間、大爆笑するZ課長。

釣られて皆も笑い出します。

そんなCさんを見ながら、「あ、Cに比べたら、俺、未だ大丈夫かな?」と少し、自信を取り戻すAさんでした。

不安の裏表と、不安のメカニズム

不安の対症療法ではないですが、不安を感じている人に「落ち込んでても仕方ないから、まずは行動だよ!」

「動いていれば、不安な気持ちも飛んでいくよ!」とアドバイスされる方が居ます。

行動が良いとか、悪いとか言う話ではないですし。先のストーリーのDさんの様に、勇気を出して行動、質問をしてみた結果、自信を取り戻す。元気になっていくケースも実際あります。

ただ、Aさんの様に、行動を重ねた結果、逆に自信を失ってしまい、不安になっていくケースもあります。

これ、この研修場面の経緯を見ていたら、同僚も、Aさんに「不安から抜け出すのはとにかく行動だよ!」「動かないから不安になるんだよ!」とか、声かけ辛いですよね。

不安と行動のメカニズム

不安のメカニズム

これ、何が起こっているか、解説させていただくと。

AさんとDさんは、共に「ここに居て大丈夫なのだろうか?」と言う不安を抱えています。

この「ここに居て大丈夫なのだろうかと言う不安」を犬だとした場合。

Aさんは「そんな不安ないぜ!」「犬なんか怖くないぜ!」って自分に言い聞かせている状態ですね。(本当は怖いのですが。)

Z課長は、そんなAさんを見て感じるのだと思います。
「あ~強がってるな~」
「見せかけてるな~」
「分からないとか、自信がないとか、自覚してくれないと、研修上手く行かないんだよな~」って。

大切な新入社員。だから伝えるというか、自覚してもらうんですね。「鉄は熱いうちに打て」という愛情で。

「本当は分かってないんでしょ?」
「自信ないんでしょ?」
「犬が怖いんでしょ?」って。

Dさんの心理と行動。

不安の仕組み

Dさんの心境や、行動を解説させていただくと。

犬が怖くて、不安で不安で、動けなくなっていたのがDさんです。

けれど、Aさんの姿や、周りを見ると、犬が怖いのは自分だけな感じがして。

「この中で犬を怖がっているのは私だけだ!」
「犬を怖がってる私は駄目だ」
「私は何て駄目なんだろう。」

自分の不安や、駄目さ加減を益々強化していきます。

けれど、しばらくすると、Aさんのメッキがはがれてきます。

犬に吠えられた。実際は、先述の通り、Z課長の深い愛情があるのですが

「犬に吠えられた」
「俺の事を嫌う犬は、やっぱり存在するんだ」
「俺はやっぱりここにいちゃダメなんだ~」

って落ち込む、Aさんの姿が見えてきます。

Dさんの心境の変化

それを見て、Dさんは感じます。

「あれ、犬を怖いのは、私だけじゃないのかも」
「良かった、同じ気持ちの人がちゃんと居るんだ」
「自分は一人ではない、仲間が居るんだ」と

実際は、自分の姿を客観視して、許している感じです。

自分と同じ気持ちであろうAさんを見て。(自分の気持ちを投影して)

「あ、犬が怖くても良いんだ」と感じるDさん。

そう、犬が怖い事=不安を感じる事を許せる事 を感じて、Dさんは落ち着いてきます。

落ち着いてくると、本心がムクムクと出てきます。

「本当はここに居たい」「ここに居ても大丈夫と感じたい」「安心したい」という気持ちですね。

この気持ちを信頼したい、そんな未来を選択したい

そこからの行動がDさんの行動ですね。

Aさんの心理と行動

Aさんの行動と、心理は、Dさんの鏡と言うか、裏表です。

Aさんが「俺、ここに居て良いのかな?」と感じている時は、最初のDさんの心境と全く一緒です。

何故かと言うと、先に説明しましたが「ここに居て大丈夫なのだろうか?」と言う不安は元々、両方感じていて。それを、強がって無視しているか、現実視して動けなくなっているかという、行動面の違いが出ていただけだからです。

今の、Aさんは「犬が怖い事」を思い出して、その思い、犬が怖い世界、自分が受け入れられない無価値観に、絶望を感じている状態です。

AさんとDさんの行動の違い。

それでは、AさんとDさんの行動は何が違うのでしょうか?

行動と選択

それは現在地の認識と、目的地の違いです。

Aさんは、犬が怖くないフリをしていました。そして、犬が怖くないフリを続けられる世界。

「本当は怖いけど、怖くないフリが通じる世界」を選択しました。

これは、結果として、「犬が怖くないフリ」はできるかもしれませんが

「犬が怖くない世界」には辿り着きませんし「犬が怖い」と言う事実は変わりません。

Dさんは「犬が怖いと感じる現実」に居ました。けれど「犬が怖くない世界」「安心できる世界」を選択しました。

結果、受け入れられる経験、安心できる経験をしました。

不安な状態のAさんとDさん

恐れからの行動

では、不安な状態、不安に対して絶望している時、何が起こっているのでしょうか。

その場合は、目的地として、想像する未来として、変わらない世界、絶望が続く世界を選択しています。

不安になりやすい方、不安が続く方は、このサイクルに嵌っています。

不安が続くマジックの種明かし

「いやいや、そんな事はないです。」

「不安から抜け出せない世界を目的地になんかしていません。」

「不安が存在しない世界を望んでいます」

「けれど、どうしても不安を払拭できないんです!」

という方。そのマジック、トリックの種明かしをしますね。

不安に対する、ジャッジや判断を認識してみる。

これは、Aさんの最初の行動にヒントがあります。

Aさんは、犬を怖がることは良くない事。

不安を感じる事は、良くない事と考えている可能性が高いです。

だからですね。強がってしまうのは。

犬を怖がる自分は許されない、不安を感じる自分は許されない、問題である

という、不安を感じる事に、罪悪感があります。

これは、Dさんも一緒です。

不安を感じ続けてしまう人は

実は、不安を感じる事に罪悪感を感じているケース。不安を感じる事はいけない事だと、自分を責めている、否定している可能性が高いです。

この罪悪感がトリックの種というか、不安を持ち続けたり、不安から逃げ続ける理由です。

昨日の記事で「この人合わないなーと感じる事」と「合わない人が気になる事」は別事象と説明させていただきましたが、これと同じです。

合わない上司、合わない部下が気にならなくなる方法。

「不安を感じる事」と「不安な自分が気になる」「不安な自分を許せない」事も別事象の話です。

不安な自分を許せない時に、取る行動が

「不安である事を誤魔化す」か「不安である自分を責める」という行動です。

今回のストーリーでも語りましたが

Dさんは、怖がっている、不安を感じているAさんを見て。

「怖いのは、不安を感じているのは、自分だけではないんだ。」

そして「怖がる、不安になるのは悪い事では無くて、普通の事なのかも?」と言う気付きも受け取りました。

そのジャッジ、判断、「不安は悪いモノ」という世界を抜けた先で、安心できる世界、自分の存在が受け入れられる世界を選択しました。

一人で抱えこむ。不安は悪い、不安を抱えている自分は悪いとやっていると、なかなか、不安から抜け出す事はできません。

不安な時、怖いと感じる時の対処法

まとめて行きます。

不安を感じ続ける時、不安から抜け出せない時、抜け出さない方に、先ず、先ず必要な事は

① 不安を感じる自分を許す

と言う事です。

不安を感じる自分に安心する。

矛盾している様に聞こえますが^^;

不安と、行動、反応を切り離す感じですね。

不安を感じて、罪悪感や、罪の意識で「不安を誤魔化す行動」「自分を責める行動」へと反応してしまうので、不安な世界が継続されて行きます。

この反応を抑えるというか、客観視する感じですね。

「あ~今、不安を感じているんだな~」と俯瞰する感覚。

不安を感じる事を許せていると、この俯瞰する時間、客観視する時間が取れますが

罪悪感が強いと、反応的に、行動してしまいがちです。

これは練習が必要でもあるので、コツコツゆっくり練習していきましょう。

上手くできない、反応してしまう自分に不安を感じたり、責めたりしてしまうと、本末転倒なので^^;

② 不安を感じる理由を明らかにしてみる。

反応せずに不安を感じる事ができたら、次はこれですね。

「不安を感じる理由を感じてみる」

今回、Aさんや、Dさんの不安の理由を「ここに居て大丈夫なのだろうか?」という存在の不安とさせていただきました。

こんな感じで、みなさんにも、不安を感じている時、何故不安であるのか、理由が存在しています。

これは、言語化するのが得意な人とか、思考とか、ロジック化できる人にサポートしてもらっても良いです。

不安を分かち合える、不安を共有できる、不安と向き合える、友人や、パートナー、サポートして下さる方が居ると、心強いですね。

③ 不安を受け止める、感じきる。

これは連続のプロセスで、反応しない練習、不安を許すプロセスでもあります。

「あ~自分はこれが怖いんだな。」「これが不安なんだな」って事をしっかり受け止めます。

感じきるという感覚がピンとこないかもしれませんが、ニュアンス的には、あきらめる、開き直る、感じちゃうものはしょうがないよね、人間だもの

みたいな感じで、その感じる事を受け入れられる状態、仕方ないと感じれるくらい、受け止められる状態です。

④ ありたい感覚、在りたい自分、自然な自分を感じてみる。

例えが的確では無いかもしれませんが。

不安に反応している状態は、免疫がない状態というか。

風邪をひき続けている状態、骨折している状態と言えるかもしれません。

人は本来健康な状態。風邪もひいていないし、骨折もしていない状態が普通です。

そう、風邪が長引いている、風邪をひき続けていると、風邪をひいている状態が、自然な状態、普通な状態と勘違いしてしまいますが。

本来、人は、健康な状態が標準です。

不安にも同じことが言えて、人は、不安な状態が標準では無くて、不安を感じていない状態、安心している状態が、本来の姿です。

実際、風邪をひく事も、骨折する事も、不安を感じる事も、ただの現象であって。

そこに良い悪いの判断、ジャッジをしているのは、私たちです。

なので、健康な時の自分と言うか、不安を感じていない時の自分、通常の自分を感じる、思い出すというプロセスですね。

不安を感じていない時、普通の自分、普段の自分だったら何をしたいか、どんな状態か。

そこに素直なってみる。

全て許されていたら、問題が無かったら、何がしたいか?

そんな事を感じてみましょう。

⑤そのうえで、行動してみる。

ここで行動ですね。

ここでの行動は、先のDさんの本当に感じたい世界への選択の行動ですね。

Aさんの、犬が怖い事を誤魔化す行動とは違います。

ここでの行動は、勇気であったり、希望であったり、喜びや、ワクワク、確信であったり。

明るい方向に進んで行く感じがするのが特徴です。

ここで、私の実体験や、クライアントさんの話も載せているので
興味があるかた、こちらも読んでみてください。

仕事の失敗が怖い、不安なメカニズムと、その対処法

まとめとして

色々書きましたが、まとめとしてですね。

まずは

不安を感じる自分を許す。

これだけでも良いので、良かったら、実践してみて下さい。

怖さや不安を感じやすい人の方が、長い目で見ると仕事や人生で成功しやすいのかもしれない。

こちらでお伝えしていますが。

不安を感じる事は、普通の事ですし。不安を感じる事は大切な事でもあると感じています。

そのために、まずは、不安を感じる赦し、感じる許可ですね。

それが出来るだけで、人生、大きく変わって行きます。

不安を感じる理由や、原因を掘り下げたい方は、掲示板でご質問頂くか、個別に気軽にご相談ください。

皆さんの、社会人活動、社会貢献を、応援しております^^

質問募集中

仕事の悩みや、相談、アドバイス等々

何でも聞いていただいて大丈夫なので、ご質問下さい^^

使い方や、質問投稿ページは

画像をクリック。

質問掲示板

人気の記事

  1. 遅刻と残業の面白い相関性とその対策... 5,162ビュー
  2. 話のかみ合わない上司、部下とのコミュニケーションの取り方... 4,983ビュー
  3. 報告や相談が苦手な人の為の、ホウレンソウのコツ... 4,008ビュー
  4. 質問ができない心理。質問下手、質問が苦手な人に知っておいて欲しい事... 3,651ビュー
  5. 質問上手になるという事。質問力の磨き方。... 2,466ビュー
  6. 会社や上司の方針に疑問を感じた場合の対処法... 1,910ビュー
  7. コントロールや管理が厳しい上司、先輩との付き合い方... 1,767ビュー
  8. 報連相(報告 連絡 相談)が苦手な人、できない人の原因と処方箋... 1,711ビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です