週50時間残業から解放されて定時に帰る様になったマインドの変化

  

外資の社長になりたての頃、毎日、終電がなくなりタクシーで帰宅、土日も働いていた時期がありまして。

これ、今冷静に考えると、9時〜17時半の定時×5日で、8.5×5=42.5 ですから、普通の就業時間分以上働いていましたね^^;

それが、あるタイミングで、定時で帰る様になりまして。

その時何があったかと言うのを、お話したいなと思います。

仕事をすると言う事、残業をすると言う事。

これは、ある種、どの仕事にも通じる概念だと思いますが

仕事と言うのは

解決や達成したい案件の仕事量に対して、個人や組織でそれをクリアにして行くと言うのが一つの見方で

例えて言うと、料理の山があって、それをみんなで平らげて行くみたいなものですね。

一人で全部食べると好き嫌いがあったり、消化できる量が限られているのでしんどいですが、みんなで食べると、好きなもの、嫌いなものを上手く分配して食べると平らげるのが早い^^

まあ、残業ってある種、給食が食べ切れなくて、昼休みも含め、食べ切るまで、許してもらえない。そんな感じに似てるかもしれませんね^^;

アレルギーとかもありますからね。一人でこなす、達成するのって、なかなかしんどいのだと思います。

何が起こって居たかと言う話

社長に任命された背景の一つとして、ある意味、食べっぷりが良いのと、沢山料理を運んで来る

そんな側面があったと思います^^

で、社長には、社長のスペシャルメニューがあって。
経営とか、社内のことも、責任を持って平らげることが求められて居て^^;

そして、当時、結果がで始めた頃なので、お客様からも期待されて沢山料理が運ばれて来る^^

大食いタレントみたいなものですね^^;

今度は、この量を、どれだけ早く平らげてくれるのか?と言う期待感を感じつつ、増えていく料理の数々。

そんな状況と雰囲気でした。

増えて行く仕事にどう対応したかと言うお話

責任を持って食べるしかないな。

そんな感じでしたね^^;

当時は、仕事量の増加や、状況、環境の変化に対して、客観的に把握出来ておらず

今までの知識と経験、思い込みを頼りに、仕事をこなしていました。

そう、実際、今まで何とかして来た、何とかなって来た、だから何とかなるだろう、何とかしないと、そんな心境ですね^^;

で、結果、今までのやり方であると、時間でカバーするしかなく、莫大な残業を生み出す結果に結びついていたのですが^^;

実際、何が起こっていたのか?

複合的な要因がもたらした結果でもあるので、一概に、何故こうなったのか?
言及しづらい部分もあり

それを外部的な要因として見て行くと、理由は山ほど挙げられますが

それを内部的な要因、そう、自分の中、マインドや考え方を軸に見て行くと
多分、これが、根本的な原因がだったなと、感じる部分がありまして

マインドが世界を作り出していたと言う実感

今だから、冷静に振り返れますが、結局、何を感じて居たかと言うと

凄く恐れを感じていたんですね。

怖かったと言うのが、本音だと思います。

社長と言う、初めての仕事の不安や恐れ

今の案件が上手く行かない事で、評価されない、認められないことへの恐れ

結果が出ないことへの恐れ

際限なく増えて行く仕事と、見えてこない対処法に対する恐れ。

そう、本当は、様々な恐れを抱えていて

それと向き合う時間ではなく、それをかき消す様に、外側の仕事を消化することだけに時間は費やされて行き。

忙しいとは、心を亡くすとはよく言ったもので

本当、心が亡くなって行く感覚で

その状態だと、コミュニケーションが上手く取れず
更に仕事が上手く回らないと言う悪循環で。

結局、本当はどうしたいのか、何が出来るのか?というところに目が行かず

目の前の不安や恐れ、それは、結局、自分の思いを現実として感じて
居たのですが、不安と恐れを見て、それに対処する事で、それを現実としていて。

やり切って感じたこと、気が付いたこと

忙しいから心を亡くすのか、心を亡くすから、忙しくなるのか?

多分これは同時に起こっていて。

恐れとか、怖さに支配されていると、忙しくなって行く現実もありますね。

正直、自分のやれると思っていたこと、必要だと思った事は、全部やって見て

何が悪いんだろ?何が足りないんだろ?必死で考え、行動した結果、ある日気がつきました。

気が付いたと言うか、開き直りと言うか

これは、無理なんだなと^^;

無理というか、何かが違う、根本的に間違っているのだなと^^;

自分が良い悪いとか、本社が、お客様が良い悪いでなくて

それぞれがベストを尽くしているのに、上手くいかない。

これはもうしょうがない。

自分の範疇を超えた、責任を超えた出来事が起こっているので

これは、仕方がないなと思えた、開き直れたんですね。

その瞬間からですね

そう、心が蘇ったと言うか、恐れを手放せたと言うか。

正直、当時、一番時間を取られて居たのが、日本の仕事の風習や、進め方、成功法則みたいなものと

海外の仕事の風習や、進め方、成功法則にギャップがあって。

関係してる、それぞれが、自分の考えや、進め方を正しいと思っていて
(まあ、それぞれと言いながら、結局自分なのですが^^;)

そのギャップを埋めることが、私の役割と思い込み
そこに時間を取られていたのですが

これ、今だから、冷静に捉えられますが、それは、ある種の夫婦喧嘩の仲裁と言うか
結婚をどうしても成立させたい、仲人さんみたいな感じでもありましたね^^;

これは、間に入ってる人間が何と言おうと、何をしようとも、結局当事者が納得しないと、解決される課題ではなくて

中間管理職の悲哀がここに集約されますが、あっちを立てれば、こっちが立たない。

間に入ってる人間が、自分が悪いのかな?とか、何とかしてやろうと思っても、上手く行くはずもなく。

ここが、大きな気づきと開き直りのタイミングでしたね。

みんな仕事を何とか立ち上げたいと言う思いは一緒で、上手くいかない現状で、どうしたら良いのか?上手く進む為には、何が出来るか、考えたら、閃いたんですね

あ、これ、自分が何もしないのが一番だと^^;

そう、世の中タイミングみたいなものがあって。必要な時期が来ると、必要な事が起る。

春になったら、種を蒔いて、芽が出るのを待つ感じで。

秋に種を蒔いて、冬に幾ら頑張っても、芽を出してもらうのは無理があるというか^^;

物凄くシンプルな営業の成功法則

ここでも、語りましたが、世の中自然な流れがあって、それに逆らっても上手く行かないというのが
ここでの大きな気づきでしたね。

残業や余計なことを一切辞めてみる

その気付きから、余計な気遣いとか、仕事を一切辞めてみたんですね。

やり切って、上手く行かなかった経験と変な自信があったので、自分でも不思議と、キッパリ辞めることが出来て。

それは、抱え過ぎていた責任を手放した事と、等身大の自分と現状を受け入れたことでもあって。

ついつい、期待に応えようと、頑張ってしまう自分を許してあげて

頑張らない、無理しない自分を受け入れてあげて

そう、自分と、仕事を切り離せた感覚が有って。

この仕事が上手く行かなくても、自分の責任ではないなと。

そして、それは、日本支社の責任でもなく。

その結果、自分の評価や、日本支社の評価が下がろうとも。

自分が首になったり、支社が閉鎖されても、ある種、それは仕方のない事で。

ある種自然な結果ではあって、自分の価値は損なわれないし、会社や自分がそこに居るタイミングで無い事。
ただそれだけなんだなって、自然な気付きがあって。

残業を辞めてみた結果

結論から先に言いますと、残業を辞めてみた結果。

今まで以上に、仕事が上手く、スムーズに進むようになりました^^;

今まで、散々残業して、土日も働いていたのが、残業を辞めたほうが、仕事が上手く進むようになるうという、なんとも言えない結果に^^;

嘘のような、本当の話で、今まで何だったんだろ?って自分でも思いましたが。

これ本当、面白いもので

何が変わったのかと言うと、結局、考え方ですね。

マインドの持ち方が変わったのです。

どの様にマインドが変わったか?

大きな点は、先にも述べましたが、①恐れや不安の世界に飲み込まれていたか、②そうでない事に自信と信頼を持っていたか?

ここが大きな違いですね。

①の時には、常に不安を抱えていたんですね。 自覚するしないは別に、根底でそれを感じていて。結果、行動も①恐れベースになっていて。

自分が何とかしなければ、自分が何とかしなければ、俺が俺が、、、って感じですね。

そう、自分で勝手に忙しくなっている。

忙しくしていないと、何かしてないと不安を感じてしまう。だからそれをかき消すように、仕事を残業をしていて。

結局、ある種、好きで残業していたんですね。

残業していないと、落ち着かない、不安な自分が居て。

何が不安かと言うと、認められない自分、受け入れられない自分が不安であって。

信頼するという事。

転換期は、これが、信頼に変わったときですね。

本当、自分も、相手も、みんなも、やる事はやっている。

ベストを尽くしている。問題はない。

そう思えたんですね。

そう思えたら、頑張らなくて大丈夫だって、あとはなるようになるだけだって。

人事を尽くして天命を待つって感じですね

サボタージュしてる訳でもなく、頑張りすぎてる感じでもなく。

やる事をやっている事に、確信が出来たら、それ以上、やる事はなくて。

残業をしなくなったその後

その後、全く、残業をしなくなったかと言うと、そうでも無くて。

やっぱり残業することは、有りましたが、その時は、大体、ある種、楽しい残業でもあって。

そう、自分から、進んでやる残業と言うか、本当に必要だと感じる残業と。

これは、タイミングではない、時期ではないと、見極めて、無理な残業をしない、行わないという、選択が出来る様になって。

Noと言う、責任と、貢献

結局、頑張って仕事をする自分。

頑張ること自体を否定するのではなく、これも、マインド面ですね。

不安から頑張るのと、楽しみから頑張るのは、すこし意味が違う感じですね。

前者で、対応していると、前者な自分が、社会や、会社に組み込まれていって、それありきの、仕組みや、システムが構築されていき。

後者で対応していると、後者な自分が、社会や、会社に組み込まれていって、それありきの、仕組みやシステムが構築されていく。

会社や、社会の風習って、比較的、YESが求められたり、YESが言いやすい風潮があって。

そしてYESの数だけ、評価される、印象もあって。

ただ、実は、NOという事も、とても大切であって。

NOをいう事で、伝える事で、新たな、世界や仕組みが生まれてくることもあって。

NOと言っても大丈夫。自分でYESとNOを決める。

そんな自分への信頼の育みが、社会での成長、成功のヒントなのだと感じます。

質問募集中

仕事の悩みや、相談、アドバイス等々質問掲示板

何でも聞いていただいて大丈夫なので、ご質問下さい^^

使い方や、質問投稿ページは

画像をクリック。

人気の記事

  1. 話のかみ合わない上司、部下とのコミュニケーションの取り方... 4,814ビュー
  2. 遅刻と残業の面白い相関性とその対策... 4,612ビュー
  3. 報告や相談が苦手な人の為の、ホウレンソウのコツ... 3,632ビュー
  4. 質問ができない心理。質問下手、質問が苦手な人に知っておいて欲しい事... 2,745ビュー
  5. 質問上手になるという事。質問力の磨き方。... 2,258ビュー
  6. 会社や上司の方針に疑問を感じた場合の対処法... 1,787ビュー
  7. コントロールや管理が厳しい上司、先輩との付き合い方... 1,650ビュー
  8. 報連相(報告 連絡 相談)が苦手な人、できない人の原因と処方箋... 1,179ビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です