不易流行

変化の時代です。

それは、何時でも言えることですが。

不易流行という言葉があります。

”いつまでも変化しない本質的なものを忘れない中にも、新しく変化を重ねているものをも取り入れていくこと。”

とあります。

500年以上の歴史を誇る、和菓子で有名な「とらや」

とらやは、伝統の味を守りつつも、その時代、その時代に合った味、満足いただける味に、弛まぬ努力と、変化を続けているそうです。

伸びる会社、人、仕事 伸びない会社、人、仕事

執着 ⇔ 愛情 ⇔ 無関心

こんな感覚だと思います。

伸びないケースは、執着か、無関心

言いかえると、伝統や、在り方にこだわりすぎるあまり
消費者のニーズに無関心になっていく。

同じように、、流行のみ追いかけて、伝統的なものに
無関心になってしまう。

不易流行の真髄はここにあります。

伸びるケースの会社、人、仕事は、こだわりや愛情が伝わってくる

そして、その愛情、思いの拡がりのみが、変わらない何かの正体。

伝統や、歴史、ブランドとなっていく。

自然な流れを感じてみる

こちら、有名な、メトロノームの同期動画です。

ご自身が関わる、組織の人数をイメージしながら
ご覧になってください。

伝統や、ベースに流れているモノに人も同期していきます。

そしてそれに、共鳴した人たちが、引き寄せられていきます。

リーダーや、人を引き寄せる、束ねる立場にある方はで
不慣れな方は、ついつい、自分で頑張って、全てを同期させようと
してしまいがちです。

それは、まるで、サッカーの試合中に、一つ一つのアクションに
監督が注意を払っているような状態ではないでしょうか?

私も、若い時に経験していますが、それではとても疲れてしまいますし
いつまでたっても軸が定まって行きません。

自分の振動、在り方を整えていく。

友人の元Jリーガーの選手が言っていました。

試合に勝つチームはどんなチームか?

それは、ブレずに、最後まで、自分たちのプレーを続けられる
チームだそうです。

人に軸が有るように、チームにも軸が有ります。

会社にも軸があります。

あなたの、事業、組織、会社が、発展していて、世界から求められているのであれば、そこには、循環と調和が発生して、それは拡大していきます。

もし何かが上手く行っていないと感じる時。

あなたと顧客、あなたと、部下、上司、会社が、かみ合っていない時

そこに何か、ズレが発生しています。

コーチ、コンサルティングとしての役割

①まずは、軸を一緒に確認しましょう。

あなたが、管理職であったり、事業主であるということは
かならず、そこには、何らしかの、軸となるものが存在しています。

その軸が、人を引き寄せた結果、あなたの今の、立場が有るのだと思います。

それを、まずは、一緒に、一つずつ、丁寧に確認していきます。

②軸に対して、ズレている部分を確認しましょう。

自分が、新しい事を、立ち上げるのが好きなのに、会社が求めているのは、タイミング的に安定であったり。

その逆もまたしかり。

ホームランバッターを、送りバントの場面で代打にだすのか?

極端な、話、9回の裏に、抑えのピッチャーの代わりに、イチローに投げてもらう。

更に、極端な話として、その場面で、サッカーの選手に投げてもらう???

試合には、勝てている感覚があったり、自分はそれで、何とかしてきたという経験があったりすると、組織でこんなブレが発生していたりします。

なかなか、自分の組織の事は、自分では見えないものです。

③その状況に対して、的確なアクションを取りましょう。

チームの勝利を目指していたのが、何時のまにか、スポンサーの希望に答えるのが、一番の目的になっている。

そんな事が、実際ありますし、私も経験しました。

先のメトロノームの動画ですが

どのように見えたでしょうか?

ある方には、みんなが規律を守って、一生懸命合わせている様に見えたかもしれません。

又、ある方には、同じ目的に向かって、みんなが、楽しく、力を合わせている様に、見えたかもしれません。

私が、経験した、上手く行っている、会社、組織、事業は、須らく後者の感覚です。

反対に、何か上手く行かなくなるのは、須らく、前者の感覚です。

私と、あなたが、最初のメトロノームになります。

常にぶれない、二つのメトロノーム。

そこから、一つ、二つと、同調するメトロノームが増えていく

そんな感覚を、イメージいただければと思います。

お申込み方法

まずは、お気軽にご相談ください。

初回セッション 15,000円/一回(約60分※)

※:セッションの内容を重視しますので、費用内で、延長をするケースがございます。

全ての人、会社に、その人の状況における、適切な方法が在ると確信しておりますので、初回セッション後に、継続セッションの必要性や、今後について、ご相談させていただいております。

下記、フォームにご記入のうえ、ご連絡ください。

こちらから、再度、ご連絡いたします。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文