仕事の闇と光。深い闇を見れる才能と、光で照らす才能。

  
dark

闇を見る才能というか、ネガティブな事に敏感な方、ネガティブなセンサーが発達されてる方っていらっしゃいますよね?

これは以前、あるクライアントさんと、雨男と晴れ男の話をしていて気が付いたのですが。

その日は天気が比較的良くて。南の方角は雲一つなく晴れていて、北の方角は、雲が沢山出ていて。

案外、晴れ男は南の方角、雲が無い方を好んで見て。雨男は、雲が沢山ある方を好んで見て。

雨男と、晴れ男の違いは、それだけなのかもねという話をしていて。

私は、比較的、晴れを見がちで、その方は、曇りの方を気にするという事で。

これ、山登りとかだと、かなり大切な才能というか、晴れだけ見て過信していると、大きなトラブルに巻き込まれる事もあるので、両方しっかり見るという事が大事で。

この間、エベレストという映画を観て。

これ、実話が元になっているんですが、登頂目前に登るか、降りるかの葛藤があって。

エベレストの登頂を成功させてあげたいって、晴れの方向を見る事も出来るし

天候の不安があるから、撤退の決断をするといった、曇り側の方向を見る事も出来て。

リーダーや経営者の苦悩というか、葛藤、決断の難しさ、仕事の難しさでもあり、ある種の楽しさでもあり

こんな場面、実際の仕事でもありますよね。

ただ、事、仕事の現場においては、闇的な感覚が軽視されたり、闇を克服してこその仕事というか、闇を恐れる事がよろしくない事の様にとられるケースが多いのではないかと感じます。

そんな感覚こそ、ある意味、深い闇の側面だったりもしますが^^;

そんな仕事の光と闇というか、この闇の感覚や、光の感覚について、色々見て行きたいと思います。

成功の定義と光と闇

darkandlight

世の中的には、ある目的や目標があって。その目的や目標を達成する事が成功であったり、光である感覚が有って。

それを達成できなかったり、それを遅らせる、反対方向に行く感覚が、闇な感じがして。

時間という感覚と、光と闇

朝、陽が昇って、夜、日が沈んで。

光と闇が繰り返されるサイクルが日々存在していて。

これ、二度と陽が昇らないとか、陽が沈まないとかなると、どうなりますかね?

光が好きな住人と、闇が好きな住人が居た場合。

陽が沈む最後の日、二度と陽が昇らない最終日。光が好きな住人はどんな気持ちですかね?

「あ~、あの光に溢れた世界は二度と見る事は出来ないんだ!」って絶望的な思いになるんですかね?

闇が好きな人は

「これからは、闇の中で、小さな灯りをともして、慎ましく生活をするのです」と、冷静に穏やかに、闇の世界を迎え入れるのでしょうか?

成功のタイムリミット?

何か目標を立てて、その達成を「成功」とした時、タイムリミットがどんな役割を担うかと言うと

先の例えではないですが、永遠の闇を象徴していたり、絶望の象徴になるのかもしれませんね。

ただ、実際は陽は沈んでも昇りますし、成功の反対、失敗を経験したとしても、又、新しいチャレンジをすれば良い話でもあって。

物事のサイクルと、光と闇のサイクル

先日、あるショップオーナーさんとセッションをしていて

お店が大切であるあまり、「自分がなんとかしなければ」とか「自分が頑張って維持、成長させなければ」って感じで、かなり入れ込んでいたので。

お店を誰かに譲ったり、閉じるって選択肢もあるんじゃないの?

と、伝えたところ、「お~」っていう顔とともに。

憑き物がとれたように、「それもそうだよね」「別に私が全部、責任とろうとしなくて良いんだよね」ってスッキリした顔でおっしゃられていて。

これ、別に、売り上げがどうこうといった話や、経営が悪化しているという話ではなくて。

どうもその方、お店の運営よりも、やりたいこと、挑戦したい世界が広がっている様で。

その方のお店は凄く素敵なお店で、愛されているお店であって。

愛されてる理由の一つでもあると思うのですが、その方の成功の定義、目的と言うのは

「調和が取れて、居心地の良い空間を提供する」という事で。

ただ、その方も業界経験から、「売上を増やす事」「維持、成長させる事」が大切、成功と思い込まれていた部分もあって。

その思い込みから、ついつい「売り上げが伸びない」「維持、成長しない」という事に闇を、怖さを感じてしまい。

明けない夜が来るかもしれない。

そんな恐れや可能性を感じてらして。

闇を感じるセンスと、才能。

night

暗い世界、闇の世界、恐れの世界を感じる事が出来る、それに素直に向き合う事が出来る方って、ある意味とてもパワフルでもあるし、力強い方だなと感じる部分もあって。

それは闇を信頼する力強さ、闇を怖がらない、受け入れる強さでもあって。

そして、再び陽が昇る、朝が来ることを信頼している強さでもあって。

そして闇だからこそ、暗いからこそ、必要な光というか、小さな光を見つけ出す事、目撃しあう事も出来て。

その小さな光を見逃さない、増幅する、拡げるセンスや才能というものもあって。

一方、闇の中で、こっちじゃないの? この光じゃないの? と 光を差し出す、才能やセンスもあって。

そして世界には、夜と昼があって、四季があって。

夜は十分に休んで次の準備をして、朝が来たら動き出す。

春に種を蒔いて、夏に育って、秋に収穫して、冬に備える。

そんなサイクルがあって。

光の住人、光好きな人達の中には、ずーっと陽が昇っていて欲しい、ずーっと夏が良いという人も居ますが^^

夏も昼も逃げないので、時に休むことも必要であって。

闇の才能、光の才能でサポートしあう。

shadow

人間関係って面白いな~って感じるのですが、相手の光が強いと感じると、自分の中の闇が照らされて浮彫になる時もありますし。

相手の闇が深いと、自分の中の光を感じる時もあって。

相手の闇をなんとかしようと思っている時は、案外、相手の闇に飲み込まれて怖がっている時でもあって。

闇も光もあって、世界があるというか

実際、地球上でも、昼の世界もあれば、夜の世界もあって。

両方あって、まるっと一つであって。

夜も楽しめる、闇も楽しめる、味わえる、受け入れられると、自分もまるっと一つになれる。

そんな世界で何をしたいか、出来るのか。

そんな事を感じております。

質問募集中

仕事の悩みや、相談、アドバイス等々

何でも聞いていただいて大丈夫なので、ご質問下さい^^

使い方や、質問投稿ページは

画像をクリック。

ライン@実験中 

ライン@で色々やってますので、よろしかったら、友達申請お願いします^^
(1:1トークでも絡んでください^^)

質問掲示板 

人気の記事

  1. 遅刻と残業の面白い相関性とその対策... 8,896ビュー
  2. 質問ができない心理。質問下手、質問が苦手な人に知っておいて欲しい事... 8,237ビュー
  3. 報告や相談が苦手な人の為の、ホウレンソウのコツ... 6,399ビュー
  4. 話のかみ合わない上司、部下とのコミュニケーションの取り方... 6,058ビュー
  5. 報連相(報告 連絡 相談)が苦手な人、できない人の原因と処方箋... 4,970ビュー
  6. 質問上手になるという事。質問力の磨き方。... 3,323ビュー
  7. 孤立感を感じる時。会社や職場で孤独を感じたとき、思い出して欲しい事。... 2,968ビュー
  8. 会社や上司の方針に疑問を感じた場合の対処法... 2,308ビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です