意外と簡単。上司とのコミュニケーションや、報連相が出来ない、怖い人への傾向と対策。

  
自分に対する質問

意外かもしれませんが。

上司も案外、部下とのコミュニケーションが怖かったり。めんどくさいなって感じる時もあります。

何故かと言うと、こいつ話きいてるのかな?とか、分かってるのかなとか?

部下のリアクションが薄い時ってありますよね?

そういう時、上司の心境として、部活の先輩とかイメージすると良いと思いますが

「俺ってもしかして舐められてる?」「馬鹿にされてる?」って恐れが湧いてきて。

それって結構、恐怖というか、怖いというか

それが意識的なモノにしろ、無意識的なモノにしろ、嫌な感じなんですよね^^;

無意識的な人は、それをかき消すように、怒鳴ってみたり、威張り散らしてみたり、厳しく当たってみたり。

そんな態度を取られると、相手は委縮してしまって、怖がってしまって、距離を置き始めて。

結果、また、リアクションが薄い感じの中、不安が募って、同じサイクルが繰り返される。

相手に怖がられるのも怖いんですよね^^

怖がっていないのかもしれませんが、相手が何を考えているのか分からない時は、案外怖いのです^^

そう、上司とコミュニケーション取るのが怖い方、報連相等、質問したり、報告するのが怖い方。

安心?してください、怖いのは、こちらも一緒です(笑)

そんな感覚を手掛かりに、上司とのコミュニケーションの取り方、報連相ができない対策を解説していきます。

一番の対策 それは、怖がらない事。

私マンガを読むのが趣味の一つで、結構、いろんな分野の漫画を読みます。

最近読んで面白かったのが 「タイムスリップオタガール」

タイムスリップオタガール

ネーム持ち込みから即連載デビュー! ココロみなぎるオタクガール・レジェンド!!

三十路のオタク女子が、中学生時代にタイムスリップするという話で。

多少ネタバレですが、中学時代にタイムスリップした、主人公のハトコさん。

中学時代に、いじめられていた事や、人と話す事を怖がっていた事、自分を主張、表現する事を怖がっていた事をすっかり忘れて。30代の感覚で、中学生とコミュニケーションしていきます。

すると、周りの反応としては、この子こんな感じだっけ?と戸惑いながらも、ハトコさんと普通にコミュニケーションをしていきます。

そして、当のハトコさんも、相手が中学生で、言いたい事を上手く表現できなかったり、伝えられないだけなんだな~って事を客観視しつつ、相手と関わったりもしていきます。

そう、結構あるあるというか^^

私が若手社会人向けのグループコンサルで、若い社会人の方に感じる感覚や、セッションをしていて、感じるのもこんな感じで。

色々経験をしていくと、暖かく見守れる部分、不安や、恐れなく、相手を感じる事が出来る部分が有って。

状況を俯瞰したり、客観視して、落ち着いて見渡すと、何も問題ないのですが、経験がないと、恐れや不安が先行してしまい、正しく状況を把握できなくなることってありますよね。

コミュニケーションが上手く行かない理由=恐れ

人間関係

これ、断言してしまいますが、全てのコミュンケーションが上手く行かないケースの原因は、恐れです。

なんの恐れかと言うと、相手が自分を受け入れているか? という恐れです。

報連相なんか、実は、凄くシンプルで。

上司: 自分の指示通りやっているか? っていう不安と恐れ

VS

部下: 指示通りやれているか? っていう不安と恐れ

どちらかが、不安や恐れから抜け出さず、両方が、不安や、恐れの状態にあると、何時までたっても、コミュニケーションは成立しません。

冒頭の、上司も怖いんです! って話は、そんな不安や、恐れが、加速していく、拡がって行く、一例です。

上司とのコミュニケーションや、報連相が怖い人への傾向と対策。

では、いよいよ、本題

上司とのコミュニケーションや、報連相が怖い人への傾向と対策です。

上司とのコミュニケーションや、報連相が怖い人の傾向

下の表、こちらの記事でもお伝えしてますが。

仕事時間が半減する質問方法の技術。質問上手になるための裏ワザ 入門編

人のタイプをシンプルに分けると、こんな4タイプに分かれます。

  行動的 保守的
感情が軽い

明るく、行動的
前向きでポジティヴ
明るい話題が好き

楽観的、暖かい印象
つかみどころがなく
抜けている
あたりさわりの無い話が好き

感情が重い 冷たい、キツイ印象
管理や、チェックが厳しい
現実的、具体的な話が好き
暗い、静かな印象
気持ちや、感性を大切にする
心情や、気持ちに関する話が好き

 

で、傾向論として、皆さんが、苦手と言うか、コミュニケーション取るのが怖いのが、左下のタイプです。

ドラえもんでいうと、スネ夫とか、学校の先生とか、のびたのお母さんタイプで、得てして、嫌味だったり、説教が長かったりします。

サザエさんでいうと、波平さんですかね? 

これ、一応理由があるというか、会社とかの管理職のシステムって、チームを束ねたり、責任を負う感じが強いので、ある種、そういった能力というか、資質が必要になるんですね。

多分、昔の軍隊教育的な、管理体制を、引きずっているのだと思います。

学校教育にも、その、感覚は残っていて、だから、先生=厳しいってイメージが付きやすくて。

先の波平さんとか、結構、昭和というか、戦後的なお父さん像ですからね^^;

そのせいもあってか、どうも、規律を守れない、守らせられない=死 というと極端ですが

規律を守れない = とても罪深い事。という、傾向が、日本の社会には、色々な所に潜んで居て^^;

そんな恐れや、思い込みを引きづり続けてる人が、恐れに根差した関係、怖さを引きずった関係性を未だに、保持しています。

これ、結構、まじめな話で。今の、平成の、そして平成も終わるこの時代に、未だに、命令に背く=死

という文化や、思い込みで生きてる人たちが、沢山居ます。

これ、南の島とか、東南アジア行くと、違いが顕著ですからね。基本みんな、時間や決め事にルーズ(笑)

それが、良い悪いという話ではなくて、案外、私たちの思い込みですよという話で。

上司とのコミュニケーションや、報連相が怖い人への対策

価値感

だから、大前提、まずは、私たちから、争いを降りる必要。恐れを手放す必要。戦争が終わったことを証明する必要があるんですね。

さきの、タイムスリップオタガールの主人公も、争いの土俵で話さないから、争いが起らない。

なので、怖い上司や、先輩、口うるさい方々に対しては、極端に怖がるのを、まずは、辞めると、自分が決める事が、有効です。

ただ、これ、言うのは、簡単と言うか、多分、コミュニケーション取るのが苦手な方は、先の表における、右上の方で。

悪い意味ではないですが、この方々、具体的な方法とか、アイデアを考えるのが苦手な方なので、だから、より、左下の方々と、関係性を築くのが、難しいと感じてしまうのですが。

私も、正直、左下のタイプが苦手な中、ただ、自分も管理職として、そんなエネルギーを発して仕事をしていた時代もあるので、双方の意見や、感覚、思いが痛いほどわかります。

そんな経験の中で、結構、様々な修羅場というか、場面、場数を踏んでいるので、今回は、具体的な方法、対策を、メンタル面と、技術面に分けて、記して行きたいと思います。

コミュニケーション、報連相が怖い対策:メンタル面

メンタル面としては、相手を怖がらない事なのですが、そのやり方としては

① 相手を子供だと思う。もしくは、おじいちゃんだと思う。

これ、実際のところ、何かに執着していたり、感情的になりすぎてる時って、子供に帰ってる時なんですね。

なので、相手が、子供で、困ってるんだな~って感じで、感じられると、怖さが和らぎます。

そう、攻撃してるのでは実はなくて。怖くて、助けてって叫んでいる。もしくは、怖くて威嚇してるだけなんですね。

なので、その、表面的な所に影響されるのでなくて。本質の部分に寄り添う感じですね。

そうすると、不思議と、怖さが消えて行くんですね。

小学生で、誰かを馬鹿にしてたり、非難してる人って、そんな感じですよね?

小学生に、「お前生きてる価値無いよ!」「そんな事もできないの?」 って言われても、そんな傷つかないですよね^^;

「何言ってるか解らないよ! お前説明下手すぎ! 馬鹿なんじゃないの!」って子供に言われたら、何て答えます?

子供だったら、あ~こちらの説明が難しすぎて、理解できないんだな~、分からないんだな~って感じつつ。

「どこが分からなかったか教えてくれる?」とか

「どんな風に説明すると解りやすい?」とか

色々聞きながら、妥協点探れますよね。

これが、怖がってたりすると、なかなか、出来ないんですね。

なので、まずは、相手が小学生だと思う、相手が、分かりあえる、コミュニケーションを取れる相手とし信頼する、ここがポイントだと思います。

② シミュレーションを沢山する。

かといって、いきなり、怖い相手に、そのように関わるのは、難しいと感じるかもしれません。

その時は、頭の中で、沢山イメトレをしましょう。

そう、上手く行く、イメージトレニングや、どんな風に関われると、嬉しいかとか、心地よいかとか、そんな事を、しっかり感じてみましょう。

これ、実は、怖がってる時って、怖い結果のイメトレを沢山やってるようなもんなんですよね^^;

そう、だから、結果、イメージ通りの結果になって上手く行かないのです。

なので、上手く行く、イメージ、こうなったら良いなってイメージを、沢山シミュレートしてみましょう。

③ 別の人で練習する。

これも実は、かなり有効です^^

友達とか知り合いで良いので、似た人を相手に、練習しましょう^^

私のグループコンサルでも、このシミュレーション、結構やってもらいます。

犬がこわい時、いきなりドーベルマン相手は、厳しかったりするので。

まずは、子犬とか、チワワとか、かわいい犬から初めて慣れて行くんですね。

そうすると、だんだん、吠えられても怖くない。犬って案外かわいいかもってなっていきます。

そう、水泳とかとも、一緒ですよね。

最初は、足の着く、狭いプールから初めて。

段々、深い、長いプールに慣れて行く感じですね。

これ、実際、泳げてしまえば、幾ら深くても、そんなに変わりないんですよね。

前ニュースで、VRで、断頭台を体験できるイベントに参加した参加者が
実際、手がしびれたり、動けなくなったってニュースがありましたが。

VRで断頭台に……刃が落とされた瞬間ユーザーに起きた”異変” | Mogura VR

2017年2月よりサービスを開始したソーシャルVRプラットフォーム「VRChat」。好きなアバターになりきってオンライン空間に参加できるアプリです。VRChatは、好きな「ワールド」を作成して公開できることも魅力の1つであり、 アニメやゲームの世界を思わせるワールドや、 バーチャル美術館 など、様々なワールドが存在します。 …

こんな感じに、イメージの力ってすごいんですよね。

これの逆バージョン。成功する、上手く行くイメージが持てたら、結構、その後は、それが、出来るのが、普通になるんですね。

自転車乗れる感覚とか、外国語が話せる感覚、何かが上達していく感覚って、全部同じですよね。

こんな感じで、メンタル面は、練習を重ねて行きましょう。

コミュニケーション、報連相が怖い対策:テクニック面

テクニックは、それこそ、沢山ありますが、どれが効くかは、相手次第なんですね^^;
幾つかあげますが、効果ないって方は、質問掲示板で質問頂けたら、個別に回答します^^

①相手と自分のタイプを見極める。

仕事時間が半減する質問方法の技術。質問上手になるための裏ワザ 入門編

基本、記事の解説と、上であげた4タイプですね。

それを参考に、相手のタイプを見極める練習をしてください。

タイプが分かると、対策がしやすくなるので。

それと、自分のタイプをしる事も大事です。

案外、自分が、誰に対しても、同じやり方でコミュニケーションを取ろうとしているのが、関係性が上手く行かない、原因にもなり得ます。

そうやって、自分を固定化していると、必ず、苦手な相手も固定化されていくので。

まずは、自分の行動パターンをしっかり見極めましょう。

その上で、苦手な相手と、上手く関係性を築いている人を、観察してみてください。

そして、比べてみてください。

なぜ、その人は、上手く行っていて、自分は、上手く行っていないかを。

これ、卵か先か、鶏が先かな世界でもあって。

上手く行ってる人は、上手く行く方法をしってるから、恐れていないとも言えて。

反面、恐れていないから、上手く行く方法を見つけられている、確立できてるとも言えて。

まあ、どちらでも良いですが、上手く行ってる事を観察することは、メンタル面、イメージトレーニングにも、有効です。

まずは、成功事例をしっかり確認しましょう。

② 成功のパターンをフォーマット化する。

観察の結果から、作成するのも良いですが。

報連相なんかの場合は、直接相手に、聞いてしまうのも良いですね。

どんな形で、報連相すると、解りやすいか?

その事例というか、サンプルを相手に作ってもらうか、相手に示して、その了承を取るのも、一つのやり方です。

報告フォームを作る感じですかね?

あとは、上司が、その上司や、周りに報告している、資料や、報告書を見せてもらう。

これ、参考になります。

聞き方としては

「納得頂ける、報告書を私も作れるようになりたい、勉強したいので、恐縮ですが、〇〇さんの報告書を、参考にさせて頂いてもよろしいですか?」

といった感じですね。

左下の、感情が重くて、行動的な人は、こんな感じで、行動で歩み寄って来てくれたり、意志や、思い、感情を、表現してくれることを好みます。

そうすると、相手は、安心するんですね

ヤル気あるんだ!とか、報告したい意志はあるんだ!って。

これ、結構有効ですし、私やってもらえると嬉しいですね^^

まとめとして

一番のポイントは、本当、恐れない事です。

仕事の失敗が怖い、不安なメカニズムと、その対処法

ここでも述べてますが、実際、人が怖がるのは、普通の事でもあるので、まずは、怖いって気持ちに、素直になってしまって。

その気持ちを受け入れる、認めてしまえば、対策が取れます。

その対策が、今回提示してる、メンタル面や、テクニック面なので、まずは、それらの練習をしてみてください。

その他、報連相は、良く相談を受けるので。

報連相(報告 連絡 相談)が苦手な人、できない人の原因と処方箋

報告や相談が苦手な人の為の、ホウレンソウのコツ

この辺りも、参考にしてみてください。

報連相が出来ない事はある意味、普通の事

SNS

あと、最後に。

「報連相が出来ない」って事は、案外、普通の事でもあるなって感じます。

何故なら、今の時代って、SNSの普及とともに、凄くライブな時代になってきていると思います。

そう、若い人なんか、特に、わざわざ報告、相談、連絡を、形式的に行う事よりも

Lineやインスタ、twitter、FBなどなど、自分の状況をライブに配信する、伝える、分かち合う事が普通になっていて。

それが習慣になっている人たちが、会社社会、会社文化の、発信方法、連絡方法、相談方法を行う、身に着ける事は、ある意味、新しい体験、未知の体験と言えるかもしれません。

報連相の前提、根本は、お互いの状況を理解しあって、同じ目的に向かって活動する事だと思います。

そんな方法について、お互いにベストの方法を話し合う、相談し合う。そんな事を、スタートにしてみるのも、良いと思います。

質問募集中

仕事の悩みや、相談、アドバイス等々

何でも聞いていただいて大丈夫なので、ご質問下さい^^

使い方や、質問投稿ページは

画像をクリック。

質問掲示板

人気の記事

  1. 遅刻と残業の面白い相関性とその対策... 5,162ビュー
  2. 話のかみ合わない上司、部下とのコミュニケーションの取り方... 4,983ビュー
  3. 報告や相談が苦手な人の為の、ホウレンソウのコツ... 4,008ビュー
  4. 質問ができない心理。質問下手、質問が苦手な人に知っておいて欲しい事... 3,651ビュー
  5. 質問上手になるという事。質問力の磨き方。... 2,466ビュー
  6. 会社や上司の方針に疑問を感じた場合の対処法... 1,910ビュー
  7. コントロールや管理が厳しい上司、先輩との付き合い方... 1,767ビュー
  8. 報連相(報告 連絡 相談)が苦手な人、できない人の原因と処方箋... 1,711ビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です