自分の所属するコミュニティの数と、意味、その役割について意識してみる 後篇

  

前回、自分の所属するコミュニティの意図や目的、そして、それに対する、自分の役割や、在り方を感じる事を通じて、そもそものコミュニティの在り方であったり、自分の在り方について、感じてみる、投げかけをさせて頂きました。

後編は、そのあたりを踏まえつつ、コミュニティとの関わり方や、自分の在り方について、更に詳しく、考えてみたいと思います。

もし、小学校一年生に戻れたら?

みなさん、今までの、人生経験や、感覚をそのままに、小学校一年生に戻れたら、小学校に通いますか?

これは、小学校だけでなくても良いのですが、今まで参加したり、関わったコミュニティに又、参加したいか?

そして、参加できたら、何をしたいか? イメージ湧きますか?

恐らくですが、今の感覚で、今まで所属したコミュニティを振り返ってみると、当時感じていたというか、考えていた以上に、その場がなにを目的とした場所で、そして、自分は何が大事で、どんな価値感を持っていて、そして、今それが必要かどうか、はっきり感じる事が出来るのではないでしょうか?

例えば、一生懸命、勉強して良い学校に入りなおしたいと感じていたとしたら、学歴なども含めて、勉強や学力に価値を置いていて、そして、その能力を向上させることが、コミュニティの目的なのかもしれませんし。

好きなスポーツや、趣味に没頭するのであれば、学力よりも、大切ななにかが、今のあなたに存在しているのかもしれませんし。

今までのコミュニティの経験で得られこと

学校の役割、特に、小学校、中学校の意味や役割ってなんだったのかな~って振り返ると

これは、個人的な意見ではありますが、主に、社会の常識と言うか、平均値的な部分、モラル的な世界を感じる、学習する目的が大きかったかな?と感じますね

で、更に言うと、そんなモラルや、平均的な在り方が、自分に取って凄く、窮屈だったな~ってのも、小中学校を経験しての、自分の気付きでもあって。

そう、こんな感じで、今まで、いろんなコミュニティに属した結果、自分の心地よい感覚、心地悪い感覚と言うのも、明確になって来てますし。

それがあるから、振り返って、あらたな選択を感じれる自分も居て。

これ、一つ、コミュニティの目的というか、側面として

「自分が何者か、知る、感じることが出来る。」

これ、結構、大きな部分なのではないかと感じます。

これは、良い悪いではなくて、学校の仕組みや、目的に対して、そこで調和を保ったり、そこで良い成果や、結果を出すのが、楽しい、生まれ変わっても、またやりたいって人が居た場合。

多分それは、良い悪いで無くて、それも、その人の、資質であって。

これも、あくまで、個人的な感覚で、県や、市、地域、クラスの先生によっても違うとは思いますが

学校でコミュニティ、組織の目的や、意図は、時代も関係するかと思いますが、やっぱり、集団性というか、均一性というか、学力的な基準であったり、人間性としての基準であったり、そこから、はみ出ないというか、ある基準に対して、成果を上げる事にたいしての学びの場という、目的、意図が、垣間見える部分が有って。

それ自体が悪いというのではなくて

そんな目的を持った、コミュニティと、自分の在り方と言うか、自分自身の人生の目的と言うか、在り方ですね

ここにギャップがある。乖離がある。乖離が大きいと、そのコミュニティは、その人にとって、非常に居心地の悪い場所に、容易に成り得て。

そして、これも、平均値的な、基準的な部分に価値を置くと、そのコミュニティから、離脱すること、離れる事、関わらない事が、その基準から見ると、悪い事、正しくない事と感じれてしまう部分もあって。

この葛藤ですね。

自分の感じる感覚と、世間や、コミュニティの意図、目的から乖離してしまう感覚。
この葛藤が、混乱の正体でもあって。

学生時代を通じて、今も、なんか、しんどい方は

きっと、何かに混乱しているというか、やはり、今のコミュニティと、自分の感覚の中に、乖離や、ギャップを感じている方々で。

ここ、昔を振り返れば

比較しても意味が無い事

比較してもきりが無い事

は容易に想像できますよね。

そうなると、結局は

木を植えるのに一番良いのは20年前、その次に良いのは今

という、言葉にも象徴されますが、今を見直すことしか、出来なくて。

自分の人生の目的を、見直してみる

混乱したり、苦しくなったりするのは、コミュニティの目的と自分の目的が乖離しているのに、頑張らねばと自分を鼓舞しているときであることや

周りと自分を比較し続けても、きりが無い事は、なんとなく、見えてきたと思います。

だからと言って、今の自分が駄目だとか、今のコミュニティが駄目という話では無くて。

今回、分かち合いたい感覚と言うのは

  • コミュニティの目的が、絶対的な目的ではないこと
  • 自分の目的と、別の目的が、すり替えられてる事が良く有る事
  • 自分の目的を見失っている事が、一番の混乱の原因であること

この3点ですね。

周りや、組織の目的、価値観ばかりに、目が行ってしまうと、自分を見失う、混乱が加速する事にもなって。

ゆっくり感じる時間を、自分に与えてあげられればと思います。

自分の人生は、何が目的で、何が幸せなのか? 何をしてると嬉しいのか、楽しいのか?

そんなシンプルな感覚ですね。

正直な話、私も今でも、色々、混乱してる部分はあって^^;

あ~こんな価値感引きずっていたなとか、自分の目的では無い、だれか、他人の目的を生きてるなって気が付く事は多い日々で。(この辺で語っていた感覚ですね^^; 他人の夢の世界から目覚める 社会や会社の常識と向き合う、抜け出す方法

そんな中、こと、会社で働くという事については、色々、経験させて頂いているので^^;

一つ間違いなく言える部分として、会社で働く事や、今の会社が全てではないので^^;
(それは、皆さんも、小学生や、中学生の自分に言ってあげられる事だと思いますが^^)

自分の感じてる事に素直になって、本当にやりたい事を中心に、社会人生活を送っても大丈夫なので^^

コミュニティの在り方や、目的を感じつつも、是非、御自身の在り方や、目的なんかを、感じる時間を、作ってみてください^^

 

質問募集中

仕事の悩みや、相談、アドバイス等々

何でも聞いていただいて大丈夫なので、ご質問下さい^^

使い方や、質問投稿ページは

画像をクリック。

人気の記事

  1. 話のかみ合わない上司、部下とのコミュニケーションの取り方... 4,027ビュー
  2. 遅刻と残業の面白い相関性とその対策... 2,496ビュー
  3. 報告や相談が苦手な人の為の、ホウレンソウのコツ... 2,087ビュー
  4. 質問上手になるという事。質問力の磨き方。... 1,420ビュー
  5. 会社や上司の方針に疑問を感じた場合の対処法... 1,396ビュー
  6. コントロールや管理が厳しい上司、先輩との付き合い方... 1,267ビュー
  7. 職場の人間関係を改善する一番大切な考え方... 903ビュー
  8. 伸びる人材と、伸びない人材。これからの社会人の学び方について、考えてみ... 658ビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です