仕事の失敗が怖い、不安なメカニズムと、その対処法

  

仕事の失敗が怖い。そういったネガティヴな思いに飲み込まれた時の対処法や、相談、質問なんかも、良くいただきます。

そう、仕事で失敗したり、しかられたり。その後、それが怖くて動けなくなってしまったり、落ち込んでしまったり。次のチャレンジが怖くなる。

そんな経験、良くありますよね?

今回は、そんな状況における、心理的なメカニズムや、対処法なんかを、解説したいと思います。

失敗と恐怖のメカニズム

私も先日、大井町にある、人口の波でサーフィンが出来る施設

スポル品川に行って、そんな体験をしてきました。

一回、転んで、溺れかけまして(笑)

溺れると、怖くて、次、やりたくないんですね^^;

また溺れたらどうしよう、苦しい思い、大げさですが、臨死体験はもうしたくないといった感じで

次のチャレンジはもういいなと、早く帰りたいなと思いまして^^;

同時に、子供の頃の、体育の記憶なんかも、蘇って来て^^;

みんな出来てるのに、自分は出来ない恐怖であったり、取り残される恐怖であったり^^;

恐れの原点

他の人にとっては、普通の事なのに、自分にとっては恐怖の体験になったり。

どうしても、抵抗感が出る時は、こんな感じに、恐れの原点というか、その切っ掛け、それが危ない、危険だと、認識した、記憶があります。

良く、赤ちゃんとか、子供が、知らなくて、熱いモノを触って、やけどをしたり、熱くてびっくりして、泣き出してしまう。

これなんかも、典型的な例で。

恐れの一側面としては、防衛本能なんですね。

危険な目に合わないように、自分を守るための、働いてくれる、リミッターみたいなもので。

未知の体験に対する、本能的な恐怖。

この防衛反応や、恐怖は、本能的なモノでもあって。

そう、原始時代は、あらゆるものが、未知の体験で。

未知=死の可能性が付きまとうもの

既知=安心、安全なもの

という、感覚が、人類には、根強く残っているそうで。

なので、基本的に人は、恐怖を感じやすい生き物ですし。

恐怖を感じる事は、案外、普通の事でもあるんですね。

そう、恐怖や怖さは、あなたが臆病なのではなくて。

人の立派な、防衛的反応でもあって。

なので、まずは、恐怖を感じる事は、良くも悪くもなく、誰にでもある普通のこと。

こんな視線から、スタートしたいと思います。

失敗=死 という潜在的恐怖。

前述の通り、失敗=死 という本能とも結びついていて。

なので、失敗を恐れる、回避したくなる思いも、案外、人として、普通の事でもあって。

ただ、その思いがあると、前に進めなかったり、新しいチャレンジが出来なかったりすることもあるので。

そんな状況において、どうやって、恐れと折り合いをつけるか?

そんな事を、考えてみます。

恐怖が伴う行動と、喜びや楽しみが伴う行動。

これ、クライアントさんが、ヒントをくれたのですが。

そのクライアントさんも、不安な時。不安で行動出来なくなる時と。

不安なく、普通に行動できる時があるとの話で、その違いを聞いてみました。

好きなアイドルにかけるエネルギーと行動。

そのクライアントさん、某アイドルグループが大好きで。

先日もある地方のコンサートにいったそうで。

ただ、行ったのは良いのですが、下調べが不十分で、主要の駅から、コンサート会場までは、かなりの距離が有り、行き方含め、途方にくれたそうなのですが。

ただ、その時は、必ずコンサートには行く、行ってる自分しか、イメージできていなかったとの事で。

結果、いろんな人に聞いたり、調べまくって、なんとか、会場にたどり着けたそうで。

仕事にかけるエネルギーと行動。

仕事の場面では、そうではなくて

結構、失敗したらどうしよう、ミスして、怒られたらどうしよう、そんな事に思いが向いてしまって。

結果、実際失敗してしまったり、上手く行かない事を経験しているとの事で。

二つの行動の違い。

色々ヒアリングを重ねて行くと、それぞれの共通項というか、特徴が見えてきまして。

不安や、恐れなく行動しているとき。

  • 自信がある。
  • 確信がある。
  • 失敗しても誰にも責められない。
  • 目的や目標がしっかりしている。
  • 失敗する事を考えられないくらい、やりたい目的や、目標がある。

不安や、恐れで行動できないとき、失敗しやすい時

  • 自信がない。
  • どうなるか分からない不安がある。
  • 失敗したら、誰かに怒られる、叱責されると感じている。
  • 目的や目標が良くわからない、曖昧である。
  • 失敗する事にばかり意識が向いている。

こんな感じで、分かりやすい、動機や思いの違いがありました。

これをヒントに、仕事の失敗が怖い、不安なメカニズムと、その対処法を考えてみたいと思います。

仕事の失敗が怖い、不安なメカニズムと、その対処法

失敗を誰かに監視されている、失敗する事は罪である = 死である。

こんな怖さが、不安を誘発し、チャレンジすること、行動する事を、躊躇させるのだと思います。

要は失敗に対する、罪悪感を抱えている。

これが、失敗が怖い、大きなところだと思います。

失敗の恐れから、行動に移す方法。

自分の大好きな人が、実は、自分の事が大好きで有る事を友人から聞いて、告白すれば100%OKがもらえる状況で、告白しますか?しませんか?

これが、好きかも知れなくて、確率が 50%くらい。

もしくは、全くの未知で、成功確率も不明の時、告白するか、しないか。人それぞれですが。

100%に近ければ、告白するという人が、多いのだと思います。

本当にやりたいのか、やりたくないのか?

これ、先の例えが、自分は、たいして好きではないのですが、相手は自分の事が好きで。

告白すれば100%OKがもらえるとき。告白しますか?しませんか?

ここ、結構大事で。

まずは、目の前の事、行動を起こそうとしている事に対して、それを本当に、自分はやりたいのか?やりたくないのか?

これを見極めるのが、まずは大切ですよね。

これ、本当はやりたくないのであれば、その事にNOという事がまずは大切で。

NOと言えない心理もあると思いますが、それは又、別の記事で解説するとして。ここから先は、やりたい事に対して、行動したい、けど出来ないと言うケースに対して、解説していきます。

やりたいのに動けない心理。

これは、私のサーフィン体験が良い例で。

友人のFBの投稿を見たら、凄く、楽しそうだったんですね^^
やりたくなってしまって。

で人生一度もやった事がなかったのに、やりたい気持ちが勝ったので、体験をしてきたというのが背景で。

失敗する怖さとの折り合い

私の体験の時は、参加者が多くて。

そして、結構、みんな波に乗れていて^^

そうすると、怖さが出てくるんですね

失敗したらどうしよう? 格好悪い姿を見せたくない。 自分だけできなくて恥をかきたくない、自分だけできなかったらどうしよう???みたいな。

そう、恐れと怖さの思考に、だんだん飲み込まれて行って^^;

ただ、反面、やっぱり、なんか、楽しそうなんですよね

乗れてる姿をみると、実際楽しそうですし、乗れてる感じが、気持ちよさそうで、格好良くて。

そんな感じに自分もなりたいな!

って思いも湧いてきて。

自分の在りたい姿、なりたい姿を感じてみる。

ポイントここですね。

やっぱり、不安な事、怖い事にフォーカスしていると、そちらばかりの意識が行ってしまい、他の可能性が見えなくなってしまう。

ただ、それでも、在りたい姿、こうなりたい、こうありたいって姿を感じられると、在りたい自分をイメージ出来ると、怖い思いは、消えて行って。

思いを整える大切さ

思いを整えるのが、大切なのだと思います。

そう、やりたい事、ありたい事にフォーカス出来ると、意識がそっちに向いて、それに伴った行動がとれるように、自然と、考えも整ってくるんですね。

これは、本当、仕事の現場と同じこと、同じ経験が、サーフィンという短時間の経験に集約されていましたが

何度不安になっても、何度怖くなっても、自分の在りたい姿をイメージ出来ると、そちらに向いた行動を取る事が出来て。

失敗を先取りする、怖さも体験として、取り込んでいく。

実際、一番怖かった、動けなくなりそうになったのは、溺れた後です^^;

そう、結構、慣れてないプールで波の飲まれてしまったので、溺れそうになった自分が居て。

こんな思いするなら、もう良いかな? ちょっと乗れたから、これで満足だなって。

そう、この時も、溺れる怖さ、死の不安に飲み込まれてしまって、在りたい姿をイメージ出来ない自分が居て。

これは、実は、溺れるイメージ、溺れる姿を想定していて。

ある意味、溺れる事を現実化、達成しようとしている、状況でもあって。

きっと、このままでは、又、溺れた事でしょう^^;

だから、回避する、中止、終了するという、選択も、死を回避するという意味では、間違いでは無くて。

それは、本当か? 自分にしっかり聞いてみる。

この時、どうしたかと言うと。

本当に溺れてしまうのか、溺れると怖いのか? 死んでしまうのか? しっかり感じてみました。

それを、しっかり感じてみると

  • そもそも、沢山の人が経験して、安全も確認されてるこのプールでは、溺れて死ぬって考え辛い(笑)
  • そもそも、泳ぎは苦手で無いし、そうそう、溺れるものでもない。
  • これ、今後続けるとした場合、せっかくのチャンスでもあるから、とことん溺れる練習、波に流される練習をするのもありだなと
  • 溺れる、波に飲まれる練習と、波に乗る練習、両方行えば、お得なのではないか?

という感じで、溺れる事を、正当化というか、溺れる行為、波の飲まれる行為が失敗では無くて、それも、予想の範囲内、失敗も予定にいれてしまった瞬間。前向きな、考えが生まれ。

あらたな在りたい姿、目標として、溺れる練習と、波に乗る練習を同時にしたい!

という、好奇心に変わって。

その瞬間、溺れる恐怖からは、解放されました。

あとは、失敗も沢山することで、溺れる事も大分上達して(笑) 溺れるのが怖くなくなりましたし。

実際のサーフィンも、横移動に未だ、課題はありますが、そこそこ乗れる様になって、とても楽しい経験をすることが出来ました。

仕事の現場での活用方法、実践として。

では、仕事の現場ではどうするか? どのように実践できるか?

まとめてみますね。

1. 目の前の事と真剣に向き合う。

まずは、ここですね、ポイントは 本当にやりたいのか? やってみたいのか?

こことしっかり向き合う事。これが第一歩です。

2.向き合った結果、どう在りたいかイメージしてみる。

やりたいのであれば、実際、どんな状況になりたいのか、どんな自分になりたいのか、イメージしてみる事です。

これは、似た分野や、仕事で成功している、先輩や、他の方の、成功事例を調べてみたり、動画でも、サイトでも。イメージが膨らむのであれば、実際、上手く行っている、姿を可能な限り、想定してみると良いです。

3.不安や怖さも感じてみる。

同時に、怖い事、不安なこともしっかり、感じてみましょう。

それを行った場合、何が起ると怖いのか、何が起こると失敗するのか?

そんな自分の怖さとも、とことん、向き合って見ましょう。

4.それは本当か感じてみる、先取りの失敗を計画してみる。

不安や、恐れを感じた場合、そのほとんどは、過去の別の経験や、体験から、想像している可能性が高いです。

そう、未だ、現実には起こっていない事に、今までの経験や、事象を重ね合わせて、不安になっているのです。

なので、まずは、それは、今の自分の取って、本当なのか、事実なのか、感じてみましょう。

そして、2の在りたい姿、実現したい姿も思い起こしてみて。

どちらの気持ちが強いか、より、ワクワクするか、実現したいか?

しっかり感じてみましょう。

そして、それでも、やりたい、チァレンジしたいと、感じるのであれば

失敗や、不安は、先取りしてしまって、それも計画に入れてしまいましょう。

例えば、テレアポや、新規訪問であれば

100件中、80件は、見事に断られよう。

10秒で、電話を切られる事を目標にしてみよう!

とか、こんな感じですね。

10秒で電話を切られることを失敗として、捉えていると、ショックですが。

10秒できられても、普通の事と言うか、良くある事と認識しつつ、それが80回は起るだろうと想定していれば、電話を切られても、ショックではないです。

100件中、2件、アポを取って。80件は、断られようって決めていれば

アポが取れても、断られても、想定内の経験になって。

実際、仕事の経験を積むという意味では、どちらも、ある意味必要な事ですよね^^

こんな感じで、行動と失敗を過度に結び付けない。

中立に捉えられるようになると、行動に対する不安や、恐れは、次第に無くなっていきます。

まとめとして。

殆どの失敗の恐れは、過去の失敗の痛みや、経験から来ています。

なので、過去に引きずられている事を自覚しつつ

今の自分はどうなのか? 実際は、どうしたいのか?

ここと向き合う事が、大切だと思います。

そう、過去の自分を想定して、考えている行動指針を、今の感覚に、置き換える、書き換える感覚ですね。

案外、今の感覚で置き換えてみると、やれることや、成長している部分も、沢山あります。

恐れを感じる時は、自分の棚卸のチャンス、書き換えのチャンスとして捉えて。

是非、やりたいこと、やってみたい事に、チァレンジしてみてください^^

質問募集中

仕事の悩みや、相談、アドバイス等々

何でも聞いていただいて大丈夫なので、ご質問下さい^^

使い方や、質問投稿ページは

画像をクリック。

人気の記事

  1. 話のかみ合わない上司、部下とのコミュニケーションの取り方... 4,052ビュー
  2. 遅刻と残業の面白い相関性とその対策... 2,526ビュー
  3. 報告や相談が苦手な人の為の、ホウレンソウのコツ... 2,127ビュー
  4. 質問上手になるという事。質問力の磨き方。... 1,434ビュー
  5. 会社や上司の方針に疑問を感じた場合の対処法... 1,406ビュー
  6. コントロールや管理が厳しい上司、先輩との付き合い方... 1,287ビュー
  7. 職場の人間関係を改善する一番大切な考え方... 912ビュー
  8. 伸びる人材と、伸びない人材。これからの社会人の学び方について、考えてみ... 664ビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です