社会人の時間の使い方、考え方

時間について

社会人の時間の使い方

私自身の経験として。社長になってからの時間の使い方と、新入社員時代の時
間の使い方は異なっていました。

みなさんも社会人になられて、学生時代の時間の使い方と、社会人の時間の使い方は異なると、気が付き始めている、実感しているのではないでしょうか?

そもそも時間とは?

社長になって、社会人としての在り方や、仕事における時間の使い方、そして、人生における時間の使い方など、色々な事を経験的に学んだ中、確信的に感じるのは

時間は道具である

と言う事。

そして道具ですので、使い道

なんの為に時間を使うのか?

と言う目的が大切ということです。

そう、これは、時間に限った話ではないですが、世の中のあらゆるモノは、常に目的とセットになっています。

例えば「包丁」という道具があって、その道具をどんな「目的」で使うかは、あなたが選択できます。

もちろん「料理に使うのに便利」「調理する時に便利」という、道具としての特徴はありますが、それをどう使うかは、あなた次第です。

時間の使い方は、人生を表す

life

その道具を、なんの為に使っているのかを意識してみると、あなたが何者なのかが見えてきます

包丁と言う道具を、料理に使う機会が多い方は、料理人、料理をするのが好きな人、料理で人を喜ばせるのが好きな人なのかもしれません。

時間は凄く便利な道具で、いかなる状況でも使う事が出来ます。

さて、あなたは今、時間を何の為に使っていますか?

何の為に使いたいですか?

役割を演じる時間と、自分を表現する時間

社会人生活を振り返ると

「自分を表現する目的の為に時間を使っていた」 

「役割を演じる、責任を果たす為に時間を使っていた」 

この二つの感覚に分類されます。

前者は、自分の才能を発揮して、関わる方々と意見や、アイデアを出し合って、楽しみながら、喜びを分かち合いながら、仕事をしていた感覚です。

後者は、自分の才能や、思い、感情に蓋をして、会社や、社員、お客さんの為に無理をしていた、その職務や、役割の責任を果たすため、組織の目的や期待に応える為、仕事をしていた感覚です。

社会人になって感じる、時間の感覚。

働く

新社会人の方や、若い方が感じる、学生時代の時間の使い方と、社会人の時間の使い方に関する感覚の違いは、恐らく「今まで慣れ親しんだ時間の使い方」「新しい環境における時間の使い方」のギャップから来ているでしょう。

また、ある程度会社や社会人経験を積まれた方か感じる、違和感や、感覚の違いは

「この使い方は果たして本当にあっているのだろうか?」「自分にふさわしい使い方なのだろうか?」

こういった、疑念や、疑いから来ていると思います。

ボーリングの球でサッカーをする。

極端な例えとして、あなたは、学生時代、ボーリングの球でボーリングを楽しんでいました。

けれど、会社に入ったら、周りはボーリングの球でサッカーをしていて。

その時感じる違和感が、会社で感じる時間についての違和感かもしれません。

逆も勿論、在ると思います。

学生時代、一生懸命、ボーリングの球でサッカーをしていたのに、会社で求められるのは、ボーリングの球で、ボーリングをしろという事で。

これは、どちらが正しいという話ではなく、別に、ボーリングの球でボーリングをするのも、ボーリングの球でサッカーをするのも、どちらも自由です。

ただ、意識してみてもらいたいのはその目的ですね。

何の為にそれをしているのか? そしてあなた自身は、本当は何をしたいのか? 

時間の使い方を自分で選択する。時間の使い方に責任を負う。

時間も一緒です。

時間の使い方の選択を周りに預ける事、周りに合わせる事も出来ます。

そして、その時間の使い方を自分で選ぶことも、新たに作り出す事、話し合うことも出来ます。

恐らく、この記事をここまで読まれた方は

「社会人としての、時間の使い方を知りたい」という意図や、目的で、読んでくださっているかと思います。

それは、恐らく、「ボーリングの球は、ボーリングをすると良い」といった、解りやすい、明確な答えを求める感覚に近いのかもしれません。

ただ、これも、数千社、数万人という、会社や人々と関わった結果ですが、世の中には

「ボーリングの球でサッカーをやることで、利益をあげている会社」
「ボーリングの球でサッカーをやることを好む人々」

が存在しています。

そう、それについての「良い悪い」「楽しそう」「つまらなそう」「やってみたい」「やりたくない」といった答えは、自分の中や、みなさんの中にしかなくて。

そう「時間の使い方」「時間を使う目的」について答えを出せる方、基準や目的を決めれるのは、自分自身でしかなくて。

時間についてお伝えしたい事

私が、このサイトや、社会人一年目の自分に伝えたい事、このカテゴリーでお伝えしたいことは、ここに集約されています。

「時間の使い方は自由です。あなたは何に時間を使いたいですか?」
「あなたは、何の目的で時間を使って、どんな思いを感じたいのですか?」

ということで。

そう、これは「自分の時間の使い方に、自分で責任を負うということ」

イコール 「自分の人生に、自分で責任を負うこと」

と一緒です。

この「社会人の時間の使い方」のカテゴリーでは、実際に自分で自分の時間の使い方を選ぶ方法や、ヒントをお伝えしています。

以下の記事の中で、気になった記事を読んでいただき。

気になる事、聞いてみたい事、納得いかない事などあれば、お気軽に、質問掲示板にて、ご質問ください。