キャリアプランを考える時に、覚えておいてほしいシンプルな事

  

ジャガイモを植える感覚ですね

自分がジャガイモだと分かっていて、どう育ちたいかという話でもあって。

別に育って実を沢山つける事だけが、ジャガイモの一生?ではなくて

あえて、育ちそうにない所に、植えてみて、どんな育ち方をするか、観察、実験するのも、一興ではあって^^;

ここに、この時期に、こうやって植えると、実が沢山取れるよ!ってことを経験する、分かち合うのも幸せかもしれないし

ここに、この時期に、こうやって植えると、全く育たないし、実もとれないからよろしくね~って分かち合うのも、幸せかもしれない^^;

まあ、こんな感覚をベースに、キャリアをプランニングするにあたり、大切な感覚を、シンプルにまとめてみたいと思います。

キャリアプランの3つの基本

ジャガイモの話を例にすると、キャリアをプランニングするのに大切な事は、以下の3つかなって感じます。

  1. 自分が何ものか、自分の特徴や才能を明確にする
  2. 自分の目的や、やりたい事を明確にする
  3. それらを活かせる、達成できる、時期や環境を見極める

ジャガイモだと、コスパが良いというか、一つの種芋から、沢山の実をつけるので、沢山の人に分かち合いやすいとか、手間がそこまでかからないというか、育てやすい感覚は、ジャガイモの特徴ですよね^^

これは、もって生まれた資質というか、才能でもあって。これは、なかなか、変更できない。

ジャガイモに海で泳げとか、育てと言うと、なかなか、しんどいモノが有って。

けど、まさかって思いつつ、グーグル先生に聞いてみると、今の世の中凄いですね^^;
やっぱりそんな研究はされていて(笑)

海水でも育つジャガイモが食糧危機を救う革命的な一歩になる可能性

けど、これは、目的の良い例ですよね^^;

そう、冒頭の通り、新しい環境で育つ事をチャレンジする!ってことを目標に掲げていると、数々の失敗に見えるような事も、次の一歩につながる、偉大な成功への道にもなって^^

この目標、目的によって、同じジャガイモであっても、選ぶ環境や、タイミング等々は異なって来て。

ここ2回ほど、お話させていただいた事
自分の所属するコミュニティの数と、意味、その役割について意識してみる 前篇 
自分の所属するコミュニティの数と、意味、その役割について意識してみる 後篇

これも今回のヒントにはなりますが、世界や世の中、コミュニティって、ある種の実験場

自分が、じゃがいもなのか、ピーマンなのか、サンマなのか、アルマジロなのか?

そこを見極める実験場でもあって^^

こんな感覚も感じつつ、具体的に、どんな感じで、キャリアプランを考えるか、戦略を立てて行くか、見て行きましょう。

キャリア戦略を立てる基本

じゃがいもなのか、ピーマンなのか、サンマなのか、アルマジロなのか?

極端な例えではありますが^^;

人間の多様性って、案外、このくらいの違いは在るのかなって感じます^^

カブトムシの先生が、アルマジロや、ピーマンに人生を語る

そんな側面が、社会と言うコミュニティには、在るなって感じていて^^

なので、ある種の大前提というか

学校や、会社というコミュニティは、コミュニティのルールとか、目的を示す事は出来るのですが、それぞれの生物が、どのような、キャリアデザインをするかについて伝える事は、限界があるのも事実で。

他人の夢の世界から目覚める 社会や会社の常識と向き合う、抜け出す方法

ここでも述べてますが、他人の意見や、人生の目的、在り方は、参考にすることはできますが、それが自分に相応しいかどうかは、自分で感じてみる事が必要ですし、自分の感覚に委ねられていて

なので、まずは、今から積み上げようとしている、キャリア、今まで積み上げてきたキャリアが

自分に相応しいものなのか? 納得いくものなのか?

これを感じてみる事は、大切で合って。

サンマなのに、木にしがみついて樹液を舐めていたり。

カブトムシなのに、海を泳いでいたり。

それ自体は、別に、良い悪いではないですが、それを、自分が納得してるか?
本当に、そこに、居続けたいのか?を感じてみることは、必要な事でもあって。

キャリア戦略を立てる意味

これも、そもそも論というか、ここも多様性がもたらす一側面ではありますが

実際のところ、キャリアプランとか、戦略って立てる必要があるかというと

ある意味あっても無くても良いと、私は感じています^^;

これは、旅行に行く感覚でもありますよね^^;

なにも決めず、その日の気分で、行く場所を決めて、旅立つ旅行は、それはそれで楽しいですし

しっかりプランや、予定を立てて出かける旅行も楽しい。

その両方もありですよね^^

そう、これも、前提ですが、別にプランはあってもなくても、良くて^^

なので、キャリア戦略を立てる基本としては、前述含め、まず、この二つですね

  1. キャリアプランの選択は、自分に委ねられている。
  2. 立てても立てなくても、どちらでも良い

これを受け入れる感覚と、自由さですかね?

両親がペンギンで、自分が鷲だった場合、両親が教えてくれた、ペンギンとしての生き方は、鷲としては、ちょっと生きづらいというか、しんどいかも知れませんが、鷲だけど、ペンギンらしく生きる!って目的においては、それも良い悪いは無いですし。

鷲だけどペンギンとして生きるための、学習プランや、成長プラン、戦略は、立てても立てなくても良くて。

ここでのキャリアプランの定義

以上を踏まえて、ここでのキャリアプランの定義

キャリアプランを立てるという事は、どういう事かを定義させていただきますと

自分らしい在り方と、目的で、それを実現するための計画を立てる事

となりますね^^

これを前提に、私なりのキャリアプランの立て方、ステップを、解説していきます^^

キャリアプランの立て方、ステップ

基本は、やっぱりここなんですね^^

  1. 自分が何ものか、自分の特徴や才能を明確にする
  2. 自分の目的や、やりたい事を明確にする
  3. それらを活かせる、達成できる、時期や環境を見極める

そして、これらが、どこまで明確になっているか? 確信があるか?

それを感じる、今の現在地を感じるのが、最初のステップで

野球のイチローとか、サッカーの本田とか、将棋の藤井さんとかある種顕著で

この3人は、1.2.が早い段階で明確だったので、3を上手く選択する事で、キャリアを積み上げて行った感じですよね^^

 

これ、卵か先か、鶏が先かで

才能や、情熱、資質が有ったから、目的が明確になったのか?

目的が明確だから、才能や、情熱、資質が、育まれたのか?

これは、案外、ノリの世界でもあって^^;

自分のノリを感じてみる

会社や、職場の人間関係をスムーズにする「ノリ」についての考察

ここでも語ってますが、人って、思考優位な方、感性優位な方、行動優位な方が居て

これ、1~3とある意味、リンクしますよね

1が思考と言うか、理屈よりで

2が感性と言うか、感覚より

3が行動とか、体験よりの感覚で

それも、含めて、自分のタイプ含めて、自分を良く知るって感覚ですね。

なんか、過去記事の紹介集みたいに、なってきましたが^^;

こことか

適職、天職と出会う、見つけるために意識したい、大切な事

ここで語ってる感覚ですね

複雑に見える人間関係をタイプ分けして客観視する方法 その②

自分は、ノリで言うと「理屈とか、思考タイプ」で

原型でいうと、「賢者」的な、人に色々、伝えるのが好きなタイプで

プロファイル的には、ディールメーカー的と言うか、必要なモノを必要な人に伝える運ぶのが好きなタイプで^^

だから、今回も、シンプルと言いながら、結構、理屈っぽく、複雑になってきてしまってますが^^;

シンプルに言うと、まずは

①.「ノリ」を感じる事だと思います。

理屈が好きなのか、感覚が好きなのか、行動が好きなのか

この3つを、感じてみるところが、シンプルで良いと思います^^

このノリを活かしつつ、1~3をクリアにしていくのが、スタートだと思います。

結局のところ、キャリアプランを組み立てて行くという事は、1~3を整えていく事でもあって。

この1~3を探るのには、自分の使いやすい、好きなノリの部分から、入るのが、解りやすいと、私は、経験的に感じています^^

ノリを感じつつ、現状を見極めて行く。

次のステップは、これですね

②ノリを感じつつ、現状を見極めて行く

現状を見極めるというのは

  1. 自分が何ものか、自分の特徴や才能を明確にする
  2. 自分の目的や、やりたい事を明確にする
  3. それらを活かせる、達成できる、時期や環境を見極める

この1~3の現状チェックみたいなもので

自分自身の特徴や、才能が明確になっているか?

目的や、やりたい事が、明確なのか?

環境や、タイミングが、適切なのか?

この現状チェックですね^^

これ、目的が、明確で、自分の特徴や、才能が、明確でないと、色々な事を、自分でやってしまったり、苦手な事に時間を使っているケース。 その目的を、発揮するための、適切な場所で活躍できていないという事が起ったりします。

他にも、行動や、体験が好きな方が、動く事に集中しすぎていると、自分の目的や、才能を見失いがちになったり。

理屈や、理論が、先行するあまり、行動や、目的を見失いがちになったりするケースがあるので。

この1~3の現状がどうなっているか、見極めてみるというのが、大切だと思います。

適していない、明確になっていないものを、クリアにしていく

最後は、これですね

③適していない、明確になっていないものを、クリアにしていく。

自分がカブトムシで、子孫や仲間の繁栄を願うんだったら、カブトムシは、森や木で生活するのが一番ですよね^^

まあ、幼虫だったら、土の中に居る事が賢明ですが^^;

砂漠に居るペンギンが、魚を捕って、みんなを幸せにしたいって思ったら、やはり、海を目指したほうが、実現しやすいですし

ジャガイモも、沢山実を増やしたいなら、海で実験を繰り返すより、北海道で、生産したほうが、理にかなっていて^^

まとめると

まとめるとですね

これは、体験的感覚でもあり、理屈的な感覚でもあり、そして、理屈的な実践結果でもあるのですが

キャリアプランは、本当、旅みたいなものだと思います^^

旅=人生でもあって

人生を如何に、自分らしく、楽しみと、喜びを感じて生きて行くか?

そのプランと言えるかもしれません。

これは、私の場合でもあり、「楽しみと喜びを感じて生きる事」

これが、人生のシンプルな目的でもあるなって感じていて^^

この感覚が、人生の方位磁石というか、羅針盤みたいな感じで。

キャリアプランは、旅行のプランというか、地図みたいなもので。

いつでも、立ち止まって良いと思うんですよね

そして、方位磁石を確認してみる。

それが、喜びや、楽しみを向いているか?

自分の心がワクワクしているか感じてみる。

迷った時は、ここですね、一度立ち止まって、自分の方向や立ち位置をしっかり確認してみる。

楽しい旅行ってこんな感じですよね

みんなで旅行を楽しむって、目的があれば、プラン通りに行かなくても、その場、その場で、一番楽しい事を選択しなおす事は出来て。

一番シンプルなキャリアプランは、「人生の目的をどこに置くか?」

これを決める事だと思います。

決めるというか、感じるという感覚に近いと思うのですが^^

これは、今、自分が感じる感覚ですが

自分らしく自然体である時 = 幸せや喜び、感謝を感じる時

これは、全人類、全生物、共通の事では無いかなと感じていて

だからですね、キャリアプランの定義も

自分らしい在り方と、目的で、それを実現するための計画を立てる事

とさせて頂いて

これは、理屈的に言うと、量子力学的な世界にもなりますが

自分らしく在ると、キャリアが開いていく、道が拡がって行くし

キャリアのプランや、目的を明確にしていくと、自分らしく在る事ができる

という、両方の可能性が、同時に存在している世界になって^^
(理屈っぽいですね^^;)

理屈的なまとめとしては、本当、この3つですね

  1. 自分が何ものか、自分の特徴や才能を明確にする
  2. 自分の目的や、やりたい事を明確にする
  3. それらを活かせる、達成できる、時期や環境を見極める

これを、意識しつつ、都度都度、修正していく。

この辺は、自分のノリによって、それぞれ、取り入れやすい部分があると思うので

御自身の、感性や、羅針盤の感度を高めつつ、キャリアと向き合ってみてください^^

質問募集中

仕事の悩みや、相談、アドバイス等々

何でも聞いていただいて大丈夫なので、ご質問下さい^^

使い方や、質問投稿ページは

画像をクリック。

人気の記事

  1. 話のかみ合わない上司、部下とのコミュニケーションの取り方... 4,028ビュー
  2. 遅刻と残業の面白い相関性とその対策... 2,496ビュー
  3. 報告や相談が苦手な人の為の、ホウレンソウのコツ... 2,088ビュー
  4. 質問上手になるという事。質問力の磨き方。... 1,420ビュー
  5. 会社や上司の方針に疑問を感じた場合の対処法... 1,396ビュー
  6. コントロールや管理が厳しい上司、先輩との付き合い方... 1,267ビュー
  7. 職場の人間関係を改善する一番大切な考え方... 903ビュー
  8. 伸びる人材と、伸びない人材。これからの社会人の学び方について、考えてみ... 658ビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です