どうする?これからの時代のキャリア設計

  

キャリア

キャリアって言葉、良く聞きますよね?

キャリアを積む、キャリアを磨く、キャリア、キャリア、キャリア、、、

なんとなく、知ったつもりで使ってる、キャリアと言う言葉。

あらためて、Wikipediaで調べると、こんな感覚。

キャリア形成

キャリア形成(きゃりあけいせい)とは、ある人が仕事を通じて職業能力を習得する活動である。

キャリア形成の目的

職業訓練などを通じて、事業における中枢を担う人材を育成することを目的とする。 一方、景気動向や時代によって求められる労働力が逐次変動するため、本質的な意味で職業能力の形成(キャリア形成)を することにどのような意味があるのか、賛否両論の議論がある。

以上、Wikipediaより、引用

職業能力を磨くって感覚かな?って感じの中、Wikipediaさんも、なんか、問題定義されてますね^^;

”景気動向や時代によって求められる労働力が逐次変動するため、本質的な意味で職業能力の形成(キャリア形成)を することにどのような意味があるのか、賛否両論の議論がある。”

そうですね、そんな気もしますね^^

みなさんも、今から、学生に戻れたり、社会人一年目、もしくは、就職活動をもう一度、行えることになったら、何を基準で、どんな仕事や、キャリアを磨きたいですか?

今回は、キャリアについて、改めて、考えてみたいと思います。

私のケース

私が、社長になるまで、磨いた、意識したキャリア、磨いた能力について、まずは、振り返って見たいと思います。

入社前

学生時代は、正直、キャリアや、どんな職業に就くか、真剣に考えてませんでした。

就職するって事が、あまりリアルに感じられず、人生に対しても本当、漠然としてました。

ただ、なんとなく、自分の特徴を生かして、活躍したい、出世したい、大きな仕事をしたいな~とは考えていました。

理系の大学(化学系)を出ているので、そんな理系の知識を活かしつつ、何か研究開発に関わる、そこで、なにか、面白い、新しい何かを作れたら良いな~

そんな感じです。業種とか、つくるものにこだわりは無かったですね。

そんな感じでしたが、なんと、運良く? 化学系のメーカーに、開発職として、採用してもらいました。

入社後

実際入社して感じたのですが

まず、学生時代、勉強をしっかりやってこられた方々と比べると、自分の学問的知識は、まったく、役に立たない。

あとは、研究開発職って言ってもやることが多岐にわたる、沢山あるんですね。

その中で、今振り返ると、感じるのは

① その会社の内部だけで、必要な知識や経験

② 業界だけで、必要となる知識や経験

③ どの会社でも必要となる、役立てる事ができる知識や経験

こんな感じで、業務が別れていたなと。

例をあげますと

① その会社の内部だけで、必要な知識や経験

  • その会社オリジナルの、実験方法、ルール(報告、作業方法など)
  • 特徴的な、就業規則。
  • 職場や、現場を含めたマナーや、ノリ、基本動作等。

② 業界や分野で、必要となる知識や経験

  •  業界用語や、業界で共通で使われる、知識。
  •  その業界で必須となる、情報、話題、ニュース等。
  •  業界で標準的に認識されてる、製品や、機械、会社の名前

③ どの会社でも必要となる、役立てる事ができる知識や経験

  •  自社だけでなく、顧客や協力会社の現場で、結果や利益を出すために必要な方法を見極める目
  •  同部署、他部署、社内、社外の、あらゆるコミュニケーション能力
  •  目の前の仕事の目的や、意義を見極めて、主体的に、行動したり、指示したり、廻りを、モティベートする能力。

こんな感じですかね。

で、大学で教わった、学んだレベルでは、①でも、②でも、あんまり、役に立たないケースが多いかなと。

結構、ローカライズされてるケースが多いのだと思います。

研究職なんかで、大学の専攻と、会社の研究が、一致してる方は、別かもしれませんが、そんなケースは結構、稀な印象ですね。

どんなキャリアを磨いていったか?

感覚的に振り返ると、私の場合は、まずは②ですね。

①は、まず、長く勤めてる、先輩方に敵うわけもなく。

更に言うと、極めてる方や、場合によっては、教えてくれる方、助けてくれる方もいっぱいいる。

もちろん、最低限のルールは、覚えますし、守りますが、それ以外は、知ってる人に、教えてもらったり助けてもらう感覚。

③は、当時は、意識していなかったというか、場面場面で、目の前の事に、必死になって向き合ってると、自然と発揮されたり、磨かれていたなと。

で、残るは②ですが、これは、会社が関わる仕事の中で、自分の部署が関わっている仕事だったり、自分が担当する仕事であれば、興味を持ってとことん、調べました。

それこそ、自分が、スペシャリスト、この業界のこの製品、部材については、誰にも負けない、知識がある。

そうなれるように、勉強しました。

私の場合、LCDのパネルに使われる部材でしたが、それを本当、社内で一番詳しくなるくらい勉強しました。

当時、15年くらい前ですかね? ちょうど、液晶がTVなどにも使われ始め、伸び始めた時期で、そんな最先端の業界に関われるのが面白かったんですね。

それこそ、先輩と勉強会を開いたり、お客さんや、メーカーに教わったり、一人で学ぶのでなくて、いろんな人を巻き込んで、学んで行きましたね。

そんなアクションが、自然と、③の学びにも、繋がっていたと思います。

何かのスペシャリストになると、他のスぺシャリストや、役職が上の方にも、目をかけてもらえるようになって、更に、知識や、人脈、働くコツなどを、教えてもらえる、そんな循環でしたね。

その結果

若くして、海外案件の責任者に抜擢してもらえて、海外に行くようになったので、色々、遊んだり、コミュニケーションするために、英語を勉強したり。

そして、海外の情報を求めて、また、色々な人が集まってきて、それを分かち合う事で、他の、新しい情報や、知識を教えてもらう。

そんなサイクルでしたね。

そして、そんな経験や、キャリアを欲しがる会社が現れ

ヘッドハンティングされて。

そこでも結果を出して、その外資で社長に抜擢される、そんな流れでした。

これからのキャリアの磨き方

そんな感じで、自分の、キャリアの流れを振り返ってですが

ポイントは、ズバリ! 興味のあることに集中した!

これに尽きるなって感じます。

そう、②の中でも、自分が、興味が持てて面白いと感じた、新しくて、拡がって行く分野に集中しました。

実際、良い悪いではないですが、こんな先輩方も居ました。

「大学出たのに、こんな事もしらないの?」

「化学系出身なら常識でしょう?」

「そんなのもできないで、覚えられないで大丈夫?」

「社会人として、それ、常識でしょ?」

こんな感じで、①に分類されるような、基本動作的なモノであったり、学問的な知識について、一々、細かい事を指摘してくれる、先輩方ですね。

けれど、正直、そんな先輩方の言うことには、興味無かったですね。

良い悪いとあえて言ったのは、これも興味の軸がどこにあるかの違いだけで、その先輩方は、そういった事に興味がある方々だった

それだけなのだと思います。

そういう事に、興味が有って、①の感覚の、その会社のスぺシャリストになりたいのであれば、それを行えば良いと思います。

ただ、個人的には、その場合、冒頭のWikipediaにも書かれていたような、感覚が、ついて回る様な気もしますが

これらは、本当、人それぞれ、自由な感覚で、委ねて良いと思います。

ただ、興味がないのに、義務感だけで、それをやっていると、もったいないなと思います。

私が、感じるキャリアとは、③に近い感覚、広く、汎用的で、どこででも活用できて、拡がって行く可能性のあるもの。

そして、それを学ぶのにも、実は、自分が興味のあることに、集中していると、イキイキとして来て、自然と③な感覚の人を引き寄せて、学びやすくなる。

義務感でやっていると、その逆の感覚ですね。

拡がるのを阻止したり、パターンに嵌っていく傾向がある。

①の感覚が、不要と言っているのではないのですね。

就業時間内は、会社からでない事!というルールがあって

地震や火事が、おきて、頑なにそれを守る必要があるか?

という感覚。

極端な例えではありますが、なにかを頑なに守ることに拘り過ぎると、臨機応変性、自由な拡がりを阻むことになる。

これは、長期的な目線でみると、その会社だけのルールに縛られることが、あなたにとって、本当に大切な事、興味のあることに、延いては、お客様の大切なこと、興味のあることに繋がっていますか?というお話。

これからのキャリア設計 まとめ

シンプルにまとめますと

興味が有って、面白そうな経験を増やしていく。

興味がなく、義務感的にやっていることを減らしていく。

ポイントは、この2点ですね。

これをやってると、③の能力が、磨かれて行きますし

②や、①も自然とついてくる。

世で言う、ブラック企業

これも人それぞれ、受け止め方は異なると感じていて。

③のキャリアを積み上げてる人は、ある意味、どんな環境でも自分の楽しみや、興味があることをみつけるスキルにも長けているので、そのスキルが磨かれていないと、結局、どんな会社でも、ブラックに見えてしまう傾向があるなと。

まあ、大体、会社自体の色や、社風、扱ってる製品でもわかりますよね。

①な感覚に近い、製品やサービスを扱っている会社は、なんとなく、義務感的な空気が、漂いやすい。

③な感覚に近い、世の中の為や、みんなの為に、おおきなビジョンのある、製品や、サービスを扱っている会社は、自由な、発展的な、空気が漂っている。

自分の感性に響いて、興味が涌く 業界、会社、人、もの、etc

そんな感覚を大切にすることが、これからのキャリア設計で大切な事ではないかなと感じます。

質問募集中

仕事の悩みや、相談、アドバイス等々質問掲示板

何でも聞いていただいて大丈夫なので、ご質問下さい^^

使い方や、質問投稿ページは

画像をクリック。

人気の記事

  1. 話のかみ合わない上司、部下とのコミュニケーションの取り方... 4,814ビュー
  2. 遅刻と残業の面白い相関性とその対策... 4,612ビュー
  3. 報告や相談が苦手な人の為の、ホウレンソウのコツ... 3,631ビュー
  4. 質問ができない心理。質問下手、質問が苦手な人に知っておいて欲しい事... 2,745ビュー
  5. 質問上手になるという事。質問力の磨き方。... 2,258ビュー
  6. 会社や上司の方針に疑問を感じた場合の対処法... 1,787ビュー
  7. コントロールや管理が厳しい上司、先輩との付き合い方... 1,650ビュー
  8. 報連相(報告 連絡 相談)が苦手な人、できない人の原因と処方箋... 1,179ビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です